NAVERやまとめサイトを検索結果から除外し、Googleに通報する公式ツール『Personal Blocklist』

2017年9月12日コンテンツ保護

調べ物をしたいのに、検索結果はいつもNAVERをはじめとする、悪質なまとめサイトに独占され、情報源のきちんとしたサイトや、個人の楽しいブログに辿り着けず、日々、ストレスをつのらせている皆さん。

Google Chromeの公式拡張機能『Personal Blocklist』を活用しましょう。

詳細はGigazineでも紹介されています。

[blogcard url=”http://gigazine.net/news/20161129-personal-blocklist-by-google/”]

Personal BlocklistでNAVERまとめを永久に削除する

Google Chrome 拡張機能のページからPersonal Blocklist (by Google)にアクセスします。

https://chrome.google.com/webstore/detail/personal-blocklist-by-goo/nolijncfnkgaikbjbdaogikpmpbdcdef/related?hl=ja

いつもの手順でChromeに追加します。

NAVERやまとめサイトを検索結果から除外

NAVERやまとめサイトを検索結果から除外

この状態で『映画 ゴッドファーザー』で検索してみます。

導入前。

例のごとく、NAVERまとめが上位に表示されます。でも、こんな記事、要りません。どうせ誰かのコンテンツの切り貼り、読むに値しませんから。

私は思い入れたっぷりの個人ブログや真っ当なシネマレビューが読みたいのです。

まともに作品を観たことがないのに、他人のレビューを切り貼りして、知った顔でまとめ記事を作成するやつはネットに必要ない。

NAVERやまとめサイトを検索結果から除外

Personal Blocklistをインストールすると、検索結果の下に、ドメインが青文字で表示されるようになります。

matome.naver.jp をクリックします。クリックと同時に、検索結果から除外され、Googleに「ブロックしました」と通報がいきます。難しい手続きは何も要りません。

NAVERやまとめサイトを検索結果から除外

もう一度、『映画 ゴッドファーザー』で検索してみます。

ハイ、きれいに消えました。

NAVERやまとめサイトを検索結果から除外

もう二度と出てきません。

試しに『映画 ゴッドファーザー NAVER』で再建策してみましょう。

一瞬、NAVERのまとめ記事が表示されますが、すぐに検索結果から消え去って、こんな感じ。NAVERの痕跡すらありません。

NAVERやまとめサイトを検索結果から除外

その他のキーワードで検索しても、matome.naver.jpが検索結果に表示されることは二度とございません。

レシピ、ファッション、書籍、辞書、何で検索しても、NAVERまとめ が検索結果に表示されることは永久にありません。

その他の悪質まとめサイトも、これで一瞬で消えます。

おかげさまで、すっきりクリーンな検索ライフ♪

従来のGoogle検索が十分に楽しめますよ♪

なぜに、まとめサイトに怒るのか

私もそれまで「無視する」程度だったのですが、最近、本気でマジぎれする出来事がありました。

ある映画がなかなか面白く、「他の人はどんな風に感じてるのかな」と検索したところ、上位から二番目になかなか興味深いタイトルのサイトが表示されました。

どれどれとクリックしたところ、まるで整合性のない、つぎはぎの文章、サイトのデザインなどから、一目でまとめサイトと分かりました。

本来、あるべき運営者情報もありません。

「また、やられた!!」と腹立たしく思いながら、いろんな個人レビューを辿っていたところ、30番目ぐらいに、ぽ~んと、ある方の個人ブログが出てきました。

相当な映画ファンなのでしょう。

その作品についても、様々な映画雑誌やDVDの付録、役者さんのインタビュー記事などを選り抜きして、熱心にレビューを書き綴っておられました。

その時、「この文章、さっきのまとめサイトに瓜二つ」と気付いたのです。

どっちがオリジナルか、いわずもがな。

だって、その個人ブログ主は、引用元となった雑誌やインタビュー記事のタイトルを明記され、自分の手持ちのDVDの写真も掲載しておられたからです。

そして、さっきのまとめサイトに戻ってみると、DVDのキャプチャ写真まで丸パクリ!

なんで、パクリサイトが2位表示で、オリジナルのブログが30位以下なんでしょう。むちゃくちゃですよね。

そして、そのパクリサイトが、オリジナル氏のコンテンツを流用して、広告代を丸儲けしているわけです。

同じ映画大好き人間として、これほど腹立たしい事はありませんでした。

それで、こうした悪質なまとめサイトのブロック方法について調べていたところ、Change.org の署名運動や、その発端となった事例の数々を知った次第です。

うちみたいに趣味でやっているサイトならともかく、プロの仕事として写真を撮影したり、イラストを描いたり、観光案内や新製品の情報を提供しておられる方にしてみたら、これほど人を馬鹿にした話もないですよね。

そんな訳で、私も、技術的にコンテンツを保護する方法を紹介したり、自分のクリーンな検索機能を取り戻すツールを紹介しているのですが、matome.naver.jp をブロックして、Googleに通報する件数が、何千、何万と増えれば、被害者に知らん顔を決め込んで、検索結果を不正に上位独占しているNAVERも、次第に価値が下がってくるのではないかと思います。

何にせよ、NAVERををはじめとする悪質なまとめサイトに辟易している皆さん。

Googleはちゃんとそれ専用のツールを用意して、悪質なコンテンツファームの除外に協力してくれていますので、「このサイト、気持ち悪い」と感じたら、ばんばんクリックして、通報しましょう。

そして、従来の検索機能を取り戻しましょう。

あの気持ち悪いまとめサイトが検索結果から、きれいに消えて、今までお世話になっていた優良サイトが上位に戻ってくるのは、本当に気分いいですよ。

ぜひお試しあれ♪