アメリカ人に「ホイットニー・ヒューストン」と言うと爆笑される理由

2012/02/12 追記

先ほど、インターネットのニュースでホイットニーの訃報を知りました。

私にとってはマイケル・ジャクソンの死より悲しみが深いです。

もう以前のような活躍は難しいとしても、どこかで歌い続けて欲しかった。

私には青春時代の思い出そのものだから。(TVやラジオや喫茶店でホイットニーの歌声を聞かない日なんて、あった? というぐらい)

これで、いよいよPOPSも終わった、80年代(20世紀といってもいいか)も終わった(心の中で)、

心の時間軸がスコーンと抜けた感じです。

周りの人間関係とか音楽業界の裏側とか、きっといろんな理由があるのだろうけど・・

ホイットニーを死に追いやった最大の理由は、やはり音楽スタイルの変化だと思います。

もう彼女が歌っていたような、メロディや歌詞が叙情的な曲は流行らなくなった。

それが一番大きいんじゃないかな、って。

かといって、レディ・ガガなダンスを踊りながら、ラップやクラブミュージックみたいなのを歌うホイットニーなんて想像できないし、やっぱり彼女には真っ赤のルージュの口をカパーっと開けて、空の彼方まで響くような艶のある声で「エンダァァアアア~~~ アイ・オールウェ~・らびゅ~~~」と熱唱するのが似合ってるから。

再起の機会を見つけられなかったのは、あまりに卓越した歌唱力と個性ゆえ……と思うと、いっそう悲しみが深まるのです。

冥福を・・なんて、私には言えません。

彼女には、ステージこそ、至福の場所だっただろうから。

今日はホイットニーのベストアルバムでも聞いて、世界中のファンと一緒に追悼します。

ほんとに・・悲しいです。

アメリカ人に「ホイットニー」と言うと笑われる訳

もしあなたがバブル世代のアメリカ人の友人を持って、マイケル・ジャクソンやビリー・ジョエル、MC・ハマーやカルチャー・クラブの話をしたら、きっと喜んで聞いてくれるだろう。

でも「ホイットニー・ヒューストン」と言った途端、

「誰、それ??」

と、首をかしげられるにちがいない。

「ホイットニー・ヒューストンだよ! 女性シンガーのホイットニー! 映画『ボディガード』に出てた人! 知らないの? 超有名じゃん!!」

と説明すれば、

「ああ、Whitney Houston!」

彼は笑いながら教えてくれるだろう。

あなたの発音が全く異なることを。

そう、このWhの音って、日本語にはないのね。

あえて表記するなら、「ウィトニー」が一番近いか。

少なくとも、「ほいっとにー」とは言わない。

にもかかわらず、なぜ日本では「ホイットニー」と言うのか。

それは、初めてWhitneyを紹介した関係者の苦肉の策と思うのね。あくまで憶測だけど。

「ウィトニー・ヒューストン」よりは「ホイットニー・ヒューストン」の方が、日本人には馴染みやすいもの。

ちなみにアメリカ人に「まくどなるど」と言っても、通じません。(これも有名な話)「マッドゥナル」か「マッドーナゥ」みたいな感じです。

まあ、ウィトニーでも、ホイットニーでも、どちらでもいいでしょうが。『世界が愛した』って事実には変わりないんだし。

そんなホイットニーの歌声。90年代後半に入ってからブームも下火になり、21世紀になってからは麻薬中毒やメンタル面での問題も取り沙汰されるようになり、すっかりメディアの前から消えてしまった感がある。全盛期を知っている私には「あり得ない」話だけども・・。

そんな私がホイットニー大好きになったキッカケが「Saving all my Love for You(邦題:すべてをあなたに)」。
歌詞の内容はいわゆる不倫ソング。友人にそんな恋はやめろと忠告されても、愛することを止められない。

You used to tell me we’d run away together
Love gives you the right to be free
You said be patient, just wait a little longer
But that’s just an old fantasy

あなたはよく「駆け落ちしよう」
「恋をすると自由になった気がする」と口にする
「もう少しだけ辛抱して」とも言ったわね
でも そんなのは夢物語だった

というような、絵に描いたような浮気男の言いぐさをされてなお、好きで好きでたまらない。

今夜こそ待ち望んだ夜 すべてが満ち足りる夜
だから あなたのために 私の愛をとっておくわ・・

という歌。

メロディだけ聴けばメランコリックなラブソングかと思うけど、よくよく歌詞に耳を傾ければ、まあそういう話ですか! と、ちょいビックリ。

でも、この伸びのある歌唱はホイットニーにしか出来ない。私もカラオケでよく歌ったものだが、「コ~ザ ナイッ! イザ ナイッ!(そう聞こえる)」の、「ナ」の母音は出そうで出ない。あの都はるみのようなコブシは天性だよね。(トは言わなくていいようだ)


映画「ボディーガード」の主題歌と言えば、「I will always love you」が圧倒的に有名なのですが、私は「I have nothing」の方が好きでした。このカラオケも好きだったんだけど、I don’t want ・・のくだりがかなり早口で、合わすの難しいんだよ、これが。


これも映画「ボディガード」の挿入歌。伸びのある歌唱やポップなサウンドもそうだけど、このビデオクリップを見ていると、80年代から90年代初頭まで、って、本当に「女の時代」だったな、とつくづく思う。とにかく元気で、仕事でも、恋愛でも、いろんなことを主張しだした時代。今となっては「楽しかった」という言葉しか思い浮かばない。


ホイットニー・ヒューストンのおすすめ

このCDのレビューに渋谷陽一のコメントとして「ポップミュージックなんて所詮ハッタリに過ぎない」という一文がある。
80年代~90年代初頭にかけて、私も何度もそう思った。
雑誌でチャラチャラ、TVでチャラチャラ、何かと言えば、ブランド、宣伝、イベント、恋愛、そういうものに引っかけて、「売れればいいじゃん」「これがナウだよ」「みんな好きでしょ」みたいなノリが、へそ曲がりの私にはハナについてね。

でも、Amazonのレビューにもあるように、「この10年ありとあらゆる音楽を聴いてきた経験、あるいは身の回りや世界で起こった事を含めて今の私の視点から見ると、結構嫌いじゃない」というのは私の実感でもある。

いざ過ぎ去ってみれば、そして遠く振り返ってみれば、マイケル・ジャクソンにしろ、カルチャー・クラブにしろ、メロディラインのしっかりした歌曲が大半で、面白いものに満ちあふれてたなぁ、と、つくづく。

最近でも、レディ・ガガとか流行ってるけど、いったい何について歌ってたか、まるで記憶がない。ホイットニーみたいに「アイ オールウェイズ ラブ ユゥ~~」とか「アイ ハブ ナッシーン、 ナッシーン、ナッシィ~~ン」とか、脳裏に焼き付くようなサビもなければ個性もないからだよ。

正直、洋楽も映画も90年代初頭で終わって、今は付け焼き刃の焼き回しというか、ほんと不毛だな、と感じることが多い。

「有名人」はいても、本当の意味で「スター」ってのが無くなったような気がする。

私がただ単に年を食って、今の流行りの良さが分からないだけかもしれないけど、でもね。やっぱ違う。なんか違う。底からして違う。そんな気がしてならない。

全世界で3000万枚以上、日本だけで250万枚!というメガ・セールスを記録。「オールウェイズ・ラヴ・ユー」は、全米チャート14週間連続1位を獲得し、今なお究極のラヴ・ソングとして結婚式の定番ソングでもある。1993年第36回グラミー賞においてAlbum Of The YearとRecord Of The Year(オールウェイズ・ラヴ・ユー)を獲得するという偉業も達成。

映画「ボディーガード」は「別冊コミック」の読み切り少女漫画みたいで、お世辞にも大作とは言えないけれど、ホイットニー・ヒューストンのミュージック・ビデオとして見れば非常に楽しめる。まさに全盛期の魅力が全開で、あの大きな口に吸い込まれそうになる。
このサントラも飛ぶように売れて、クリスマスの頃、あらゆるメディア、あらゆる店舗で、「I will always love you」がかかってた。
くだらないと言う人もあるけれど、いかにもあの頃らしい楽曲の作りと、パワフルなホイットニーの歌唱は忘れられない。
今でも、時々、無性に聴きたくなる一枚。
ちなみに映画は「ボディガード スペシャル・エディション [DVD]」。

先に紹介した「Saving all my love for you」から最新作まで、世界が熱狂したあのヒット曲がすべて収録されています。あれだけ世界を席巻して、たった4枚のアルバムしか発表してない、って、本当に意外。でも、どれも名曲ぞろい。何年たっても色あせないのはさすが。

映画「ボディガード」について

映画gooより

フランク・ファーマー(ケヴィン・コスナー)は、世界でも屈指の実力を持つボディガード。ある時、歌手兼女優のスーパースター、レイチェル・マロン(ホイットニー・ヒューストン)の護衛を依頼される。最近彼女の身辺で、不穏な事件が発生し、脅迫状まで送られて来たのだ。
レイチェルの邸宅を訪れたフランクは、ずさんな警備体制に驚き、彼女のボディガードとなる決心をする。

フランクの目をかすめてライヴハウスでコンサートを行ったレイチェルは、舞台に上がった男から客席につき落とされるが、駆けつけたフランクに助けられる。錯乱状態になった彼女を心から介護するフランクを見て、それまで彼をただの邪魔者としか考えていなかったレイチェルは、初めて心を開く・・。

*

「護衛の対象に私情を抱けば、任務に支障をきたす」という考えから、フランクはクールなプロフェッショナルに徹そうとするが、その態度がレイチェルの心を傷つけ、二人の関係がぎくしゃくする、というありがちな展開。
クライマックスは「公衆の面前でレイチェルを暗殺する」というアカデミー賞授賞式なのだけど、犯人がなぜレイチェルを殺そうとしたのか、彼はいったい何者なのか、映画の中ではいっさい説明がないことから「ご都合主義」とか呼ばれて、興行成績の割りに評価の低いこの映画。
それでもホイットニーを見る価値はあるし、同じくあの頃が全盛期だったケビン・コスナーも決して悪くはない。(おすぎが「あんなに自分のアップばかり撮らせるナルシストの俳優はキライ~とか言ってたけど)
「タレントの勢いだけでこういう映画が出来ちゃう」というのも、いかにもあの頃らしくていいじゃないか、的な、メモリアル作品です☆


初稿 2011年11月2日