女性と恋愛

別れる勇気 ~相手に執着しない~

2002年4月30日

前にも、恋愛に必要な「勇気」についてお話しましたが、今回はとりわけ重要な「別れる勇気」についてお話ししたいと思います。

皆さんは、勇気をもって好きな人と別れたことがありますか?

自分から別れを告げるのはもちろん、相手に振られた時、きっぱりと忘れる決意をすることも、立派な「別れる勇気」です。

どちらも大変な気力と体力を必要としますが、どんな「別れる勇気」にも共通していえるのは、これほど見事な勇気はないということ。私は、未練も愛着も振り切ってきっぱり別れを決意できるのは、人生最大の勇気ではないかと思います。

「別れ」の潮時を決めるきっかけは人それぞれ。

身体の奥深くで直観する時もあれば、人に指摘されて気付くときもあります。また相手が転勤したり、自分のポジションが変わったりと、物理的要因がきかっけになる時もありますね。

なんにせよ、その潮時に気付いて、決意を固めるのは大変なこと。付き合いが長ければ長いほど、深ければ深いほど、別れるのは本当に難しいと思います。

だからこそ、それをきっぱり実行できてしまう人は、最高に美しい。

「別れ=敗北」「別れ=不幸」なんて誤解もいいところ。

別れを決意して、すっぱり断ち切った直後の人は、見違えるほど輝いて見えるものです。

もちろん、それを実行に移すまでは、悩み、苦しみ、悲しみ、悶え、身も心もぼろぼろになって、みじめなくらい顔付きも変わるでしょう。だけど、その一番つらい時期を乗り越えた直後の人って、不思議なくらい美しく輝いて見えるんですよ。

やはり、全身全霊かけた決意というのは、生半可ではありませんからね。その気力が、鍛え抜かれた日本刀のように鋭く、清冽な光を放って見えるのは当たり前という気がします。

中には、その苦しさを知らず、「別れ=敗北」みたいに嘲る人もありますが、私はいつでも尊敬してしまう。よくぞ決意なさった、なんて勇気のある人だろう、って、心から「おめでとう!」を言いたくなります。

それに「別れ=終結」だなんて、いつの時代の迷い言?

別れは、新しい出会いの始まり。

次の恋はもう始まっている、なんて言葉もあるように、それは新しい日々、新しい幸せへの輝かしい第一歩です。

死ぬほどの思いをして決意した人間を、どうして神様が見捨てられるでしょう。

実は、大きな流れの中で、次の幸せはもう用意されているのです。

あなたは、カビの生えた古い荷物を捨てて、それを受け取る体制に入っただけ、ただそれだけの事です。決してそれが終わりとは思わないで下さい。

私は、この世にチャンスなんて腐るほどあると思うんです。

自分から出掛けていってそれを掴むか、我が身の不幸を嘆くだけで何もしないか、ただそれだけの話です。

そして、人間が一度に受け取れる幸せの量は決まっていて、空きを作らないことには入ってこないんですよね。

そしてまた、別れる勇気というのは、たとえ順調に行っている間柄にも必要だと思うのです。

言い換えれば、

「苦しくなったら、いつでもあなたは私の元から去っていいのよ」

というスタンスです。

「別れるなんて、絶対に駄目! 許さない!」

という執着心から相手をがんじがらめにしていたら、いつかは破綻します。表面上は上手くいっていても、本当の幸せを実感することは難しいでしょう。

その点、「別れる勇気」があれば、相手に対して余裕が生まれます。余裕があるということは、思う通りにならないことが生じても、一歩引いて冷静に考えることができ、賢く対処していけるということです。

「いつ別れが来てもいい、この人が別れたいなら、私はいつでも身を引けるのだ」

という覚悟でいれば、何か起きた時、慌てふためいて、自分も相手も傷つけるような言動に走ることもありません。

そして、不思議なことに、そういうスタンスがあるほどに、相手とは上手くゆくものなんですね。相手の出てゆく出口を作ったからといって、相手がすぐに逃げていくわけではない、むしろ、出口があるがゆえに、あなたの側にいやすくなるのだと思います。

もちろん、相手の愛が無くなったり、これ以上付き合い続けることが無駄だと分かった時は、本当に悲しいし、耐え難い苦しみを感じるかもしれません。

だけど、決してそこで終わりではありません。

「終わり」というのは、「ああ、もうこれで全て終わった」とあきらめきった時に訪れるもので、自分が終わらない限り、終わりも決して訪れはしないのです。

人間の一生なんて、ほんと、決意の連続だと思います。

一生のうちに、どれだけ大きな決意を重ねてきたかで、その人の強さや豊かさが分かるような気がします。

そして、私は「別れの決意」を何よりも美しい勇気と思って尊敬します。 「これで終わり」と思うことなく、また、人や物事に執着することなく、いつでも潔さを心掛けて生きていって欲しいなあと思います。

別れは、時に、愛する人に対する最高の贈り物。

You Might Also Like