自分の作品を「拙い(つたない)」なんて言うな

1998年、私がホームページを作り始めた頃、サイトの背景とか、アイコンとか、画像の大半は「素材屋さん」に頼らなければなりませんでした。

「ホームページの素材屋さん」というのは、ペイント系のソフトウェアを駆使して、可愛いクマさんとか、ドット絵とか、「New」「Click!」などのアイコンを配布するサイトです。

↓私が一番お世話になった「Chizukoさんの素材

半端なく可愛い・・

Chizuko Homepage

Chizuko Homepage

当時、FacebookやTwitterはもちろん、「はてな」「アメブロ」みたいなブログサービスもありませんでしたから、みな、『IBMのホームページビルダー』みたなのを使って、自分でHTMLタグを記述して、ウェブサイトを作成してたんですね。

しかし、文章やHTMLタグは書けても、素材のイラストを作れる人は少数。

だから、多くのウェブサイト制作者は、プロ・アマを問わず、「ホームページの素材屋さん」から素材を拝借するのが一般的だったのです。(PC雑誌の付録にもあったけど、しょぼい)

そして、自サイトのコンセプトに合った、お洒落で可愛い素材を探し回るだけで通信料金を食ってたこともある。

まだネットが従量課金制だった、とおい、とおい、昔の話でございます。

*

そんでもって、素材屋さんを運営しているのは、たいがい女性でした。

クマさんとか、お人形とか、キラキラストーンとか。

また素材の質、量とも様々で、ネット界隈なら誰でも知ってる素材屋さん(例:「1キロバイトの素材屋さん」)もあれば、素材ランキングの下の方に停滞している閑散とした素材屋さんもある。

本当にいろんな種類の素材配布サイトがありました。

で。

運営者が女性のせいか、謙遜する人が多いんですよね。

一番多いフレーズが、「拙い(つたない)素材ですが、お気に入りが見つかれば嬉しいです♪

それを見ながら、いつも思ってました。

「自分で一所懸命作ったなら、拙い なんて言うなよ」って。

気持ちは分かるんですよ。

PC雑誌にも掲載されるトップクラスの素材屋に比べたら、自作はしょぼいし、人気もないし、こんなにいっぱい配布してるのに、誰も使ってなさそう・・しょぼん。

いいの、どうせ私の素材は下手だから。

でも、誰かが気に入って使ってくれたなら、嬉しい。。。

その淋しさと、諦念と、かすかな期待が、「拙い素材ですが」という言葉になるのだろうと思います。

でもね。

私みたいに、いまだにペイント系ソフトが上手に使いこなせない、まして可愛いクマのイラストとか、カラフルな格子模様のパターンとか、きらきら光るダイヤモンドとか、絶対的に描けない人間からすれば、自分でソフトを立ち上げて、彩色したり、構図を変えたり、いろいろ工夫して、その上に、自身でウェブサイト構築して、FTPでアップロードして、利用規約なんかも見よう見まねでこしらえて、「私の素材屋」の看板を出してるだけでも偉いと思うんですよ。

普通はそこまでやらない。他人の作ったものにケチつけるだけでね。

一時間でも二時間でも、自分で「これがベスト」と信じて、心の中のクマさんのイメージを具象化するだけでも、すごく価値があるよ。

それを「拙い」なんて言うな、と、思うわけです。

自分がそれなりに時間をかけ、勉強し、手をかけて作ったものなら、堂々とウェブサイトにUPすればいい。

自分で自作を「拙い」なんて言ってたら、周りもそうみなします。

「ああ、こんなの大したことないんだ」って。

一度もペイント系ソフトを触ったこともない、FTPもHTMLタグも触ったことがない人なら、余計でそう思う。

私なんかは、ペイント系ソフトで二重円を描くだけで、けっこう四苦八苦するタイプだから、どんなクマでも「凄いな」と感心するけども。

謙遜とは相手を立てる為のもの

私の場合、日本社会の一番苦手な部分は「ケンソン」です。

だけども、多くの人が「謙遜」と称して口にしてるのは、自分が傷付くのがイヤ、もしくは相手を不快にさせない為に先回りしてへりくだってるケースが大半ではないですか。

自分が一所懸命に選んだ贈り物でも「つまらないものですが」と前置きし。

寝る間も惜しんで練習して、上手に弾いたピアノも「まぐれです」と遠慮する。

かけっこで一番になった我が子のことも「この子は大したことないから~」とママ友の間では一段落としてみたり。(それを子供の前で言うから、みな、おかしくなるのね)
我が子を「愚息」と言うのは、日本だけだと思います。

私の場合、一番最初にアメリカに行ったのだけども、そこでびっくりしたのは、クリスマス・パーティーで「私が選んだの。あなたにピッタリだと思うわ」と堂々とプレゼントを差し出され(間違っても「つまらないものですが」などと言わない)、「今からうちの娘がピアノを披露するから、さあ、皆さん、集まって! ブラボー、メアリー、パーフェクトな演奏よっ(間違っても、親も本人も「下手」とか言わない)」)なノリ。

周りに特技を聞かれたら、素直に「ホームページ作ってます」とか「オペラが好きです」とか答えていい。

間違っても陰で「私たちをバカにして~」とか言われない。(当時PC使えない人の方が大半だったから、PCが使えるというだけで自慢話と断罪する人が多かったんだよ、特に女はな)

私なんかさ、英語で「つまらないものですが」って、どう言うだろう・・って。

本気で例文を探してたぐらいだったから。

アメリカさまのノリには本当に驚かされたし、「ああ、ここではケンソンしなくていいんだ。自分の好きなことも、得意なことも、遠慮せずに話していいんだ」って。そりゃもう、天にも昇るような気持ちでした。

そして、日本の美徳とされる「ケンソン」が、いかに多くの偏見と悪意に満ちているか、こんなものは一歩海の外に出れば、何の役にも立たないどころか、理解もされない、足の引っ張り合いでしかないということが、よく分かったんですね。

実際、仲間内でケンソンを言い合って、幸福に感じてる人、いますか?

自尊心が満たされますか?

そうじゃない人の方が大半でしょう。

自分が相手にどう思われるか、そればかり意識して、言葉を選んで、先回りして、ひたすら疲れまくってるんじゃないですか?

*

思うにね。

本当の「謙遜」というのは、相手を立てる為にあるのです。

間違っても、先回りして自分を落として、相手の不興をかわす為じゃない。

たとえば、着ている服を褒められても「安物ですよぉ」とか言っておかないと、後で必ず陰口を叩かれるでしょう。「あの人、いちびって。自信過剰」とか。

贈り物にしても、自分では最大限、相手に気を遣って、上等なものを選んだつもりでも、なんで「つまらないものですが」と、いちいち下げないかんのか。

突き詰めれば、相手のためではなく、自分を守るためですよね。

そんなの、謙遜でも何でもないと思いませんか。

本当の謙遜は、相手に対する感謝や尊敬の気持ちの表れだと思います。

たとえば、仕事で先輩よりも評価される。

「あなた、凄いわね」と周りに言われても、仕事を手取り足取り教えてくれた先輩への感謝や尊敬の気持ちがあれば、「いや、私の実力だけじゃないです。先輩のおかげです」みたいな言葉がすっと出てくると思うんですよ。

周りに叩かれるのがイヤだから「たいしたことないです」と、へりくだるのではなくて。

*

もっと、お互いに自分のことを胸張って語ればいいし、素直に認め合えばいい。

「あなたも凄いけど、私も凄い」

それだけで人間社会はずいぶん生きやすいものになります。

お互いにへりくだり、警戒し、先回りで気遣っても消耗するだけ。

本当の謙遜は決して消耗しないし、もっと自信を与えてくれるものだと思います。

下手でも「ピアノが大好き。皆さん、私の演奏を聞いて下さい!」と、生き生きとピアノを弾く女の子みたいにね。

日本の精神土壌では難しいですけどね。

作品にはハッタリも必要

そのように、日本の人間社会で素直に自分を表現するのは難しいですが、せめてネットの中、仕事や創作活動においては、変にへりくだったりせず、堂々とやって欲しいと思います。

自分が本当に命を削るような思いで勉強したこと、手を掛けたこと、成し遂げたこと、「拙い」なんて言っては駄目。

自然に、そこに、存在して欲しい。

自分で「へっぽこ素材屋」と言ってたら、本当に周りもそうみなすよ。

もしかしたら、そんなあなたを「下手なくせに、自惚れて」とか言う人もあるかもしれない。

でも、そんな声は放っといたらいい。

自分で一度でもペイント系ソフトを触り、HTMLタグと格闘した人間なら、その苦労が必ず分かります。

それが分かる人に分かってもらえたら、上等じゃないですか。

「拙い」なんて言ったら、何時間もかけて作り上げたクマさんが可哀想ですよ。

時にはハッタリかますぐらいの強さがないと。

下手でも「オレは一流だ、文句あっか」のドヤ顔で振る舞ってれば、自然に周りもそうみなすようになります。大衆とはそういうものです。

素材屋さんに限らず、漫画でも、詩作でも、皆さん、ドヤ顔の意気を持って下さい。

ドヤ顔ができるだけの時間と手間をかけ、研鑽を重ねて下さい。

そうすれば、いつか「はったり」が本物になる日も来るかもしれません。

それが創作の面白さだと思います。

Site Footer