有吉京子の『SWAN』を観る(2) ~カルラ・フラッチの「ジゼル」~

国立バレエ学校の一期生となった聖真澄は、モスクワで公演される『眠りの森の美女』の主役・オーロラ姫を希望し、勝ち気なクラスメートの由加さんや、京極小夜子と競いますが、やはり実力の差で主役抜擢は叶いませんでした。
しかしながら、ロシアの名教師アレクセイ・ミハイロフの徹底した基礎訓練により、真澄の踊りは著しい進歩を遂げます。
一行は、公演の成功に夢を膨らませて、モスクワを目指します。
しかし、到着した彼らを待ち受けていたのは、天才少女と呼ばれるラリサ・マクシモーヴァの挑戦でした。
京極小夜子は、国立バレエ学校と日本人ダンサーの誇りを懸けて、ラリサの挑戦を受け入れます。

この時、ラリサが申し出た演目が、アダン作曲の『ジゼル』です。

『ジゼル』は、ロマンチック・バレエの極致とも言うべき古典バレエの名作です。

話的にはこのあたりだったと思います。今、本が手元に無いのでうろ覚えになります。ごめんなさい(m_m)

物語

可憐な村娘のジゼルは、ロイスと名乗る素敵な青年と恋に落ち、幸せに夢を膨らませます。
しかし、ロイスの正体は、シレジアの公爵アルブレヒトであり、マチルダという美しい婚約者まであったのでした。
その事実を、嫉妬に燃える幼馴染みのヒラリオンから知らされたジゼルは、哀しみの余り、狂気の中で息を引き取ります。
その頃、愛に破れ、乙女のまま死んだ娘はウィリ(精霊)となり、森に迷い込んだ者を死ぬまで踊らせて呪い殺すという言い伝えがありました。
そして、ジゼルもまた、ウィリの女王ミルタの支配する森で精霊となって現れます。
そうとは知らず、ジゼルの墓を訪れたヒラリオンは、ウィリたちに取り囲まれ、沼に突き落とされて息絶えます。
続いて、ウィリたちは、同じくジゼルの墓の前で嘆くアルブレヒトを取り囲み、死ぬまで踊るよう迫りますが、ジゼルの必死の懇願によって、アルブレヒトは命を取り留めます。
死んでもなお、愛は永遠であることを告げながら、ジゼルは朝日の中に消えてゆくのでした。

『ジゼル』は、第一幕を可憐な村娘、第二幕を慈愛に満ちた精霊と、踊り分けなくてはならない為、ダンサーにとって非常に難しい役柄の一つとされています。
(ダンサーによっては、第一幕は得意だけど第二幕がイマイチというように、バランス良く踊ることが難しい)
『SWAN』では、ラリサが第1幕を、小夜子が第2幕を踊ることになりますが、ラリサがジゼルのソロを踊って見せた時、周囲の人が口々に騒ぐ、

「彼女は、××ポワント(?)を完全にマスターしている(水鳥のような足さばき)」
「ジゼルを踊らせたら天下一品と言われたカルラ・フラッチ以来の舞だ」
「天才だ、やはり天才だ!!」

……の、カルラ・フラッチの『ジゼル』が、こちらです。

Carla Fracci as Giselle 第一幕ソロ(3分ぐらいから)

カルラ・フラッチについて

カルラ・フラッチは、ミラノ・スカラ座で活躍した、2世代ぐらい前の名プリマです。
(その次はアレッサンドラ・フェリが有名か。彼女も『ジゼル』を得意としています)
共演は、エリック・ブルーンとアメリカン・バレエ・シアターで、バレエのビデオにしては珍しく、劇画タッチの演出がなされています。話運びが非常に分かりやすいです。
上記の映像は葡萄の収穫を祝うパレードに続くソロのパートですが、『ジゼルの第一幕のバリエーション』と言えば、たいていこのソロ・パートを指します。
『SWAN』で「水鳥のような足さばきが……」と表現される動きがどのようなものか、これでお分かり頂けるのではないかと思います。
カルラ・フラッチも足さばきが非常に丁寧で可憐ですよね。
物語は、幸せの絶頂で、ヒラリオンがロイスの正体をばらし、悲劇へと突き進みます。

お次が第2幕。
結婚前に死んで精霊となった乙女たち(ウィリ)の登場です。
ここで重要な役割を果たすのが、ウィリの女王ミルタ。恐ろしい精霊でありながら、女王の気品と威厳をたたえた難しい役柄です。
第2幕の冒頭、ウィリたちが登場する場面はコールド・バレエの見せ所でもあり、このパートでバレエ団の実力が分かるといっても過言ではないでしょう。
ミルタに威厳がなく、コールドが乱れるとやはり白けますね。
ちなみに、ウィリたちが胸の前で両腕を組むポーズは、乙女たちの純潔(処女性)を表現しているそうです。
(これもSWANで語られていたはず)


ミルタを演じているのは、トニー・ランダーさん(確か)という方なのですが、私が観た中では、一番威厳のある女王でした。特に、ヒラリオンを沼に突き落とす場面は、迫力満点で、コワイです。(いまだこれを上回るミルタは見たことがない)


一方、カルラ・フラッチの第二幕はどうでしょうか。
明るい村娘から一転して、重量感の無い精霊を演じるわけですから、これは非常に難しいですよね。
カルラの精霊ジゼルは、安定感があり、情感あふれる演技だと思います。

『SWAN』では、京極小夜子が美しい第2幕を演じ、「日本にはこんな優れたダンサーもいるのか」と、ラリサはじめロシア側を納得させました。
しかし、旅の疲れも癒えないまま、足の筋肉を十分に伸ばすことなく無理に踊ったことが災いして、『眠り』の公演途中でアキレス腱を切ってしまいます。
この一件が、真澄に更なる試練を課して、好敵手ラリサ・マクシモーヴァ、そして真の天才少女リリアナ・マクシモーヴァとの『白鳥の湖』の主役争いへと発展します。

こちらは、己の過ちを悔い、一人秘かにジゼルの墓を訪れるアルブレヒト。
そんな彼の前に幻想となって現れるジゼル。
彼女が手に持っているのはローズマリーの枝で、花言葉は「私を忘れないで」です。
ローズマリーは魔法の象徴とも言われています。


こちらが感動のエンディング。
ジゼルの変わらぬ愛に救われて、今度こそ本当に魂から生まれ変わったアルブレヒト。

『SWAN』では、世界バレエ・コンクールにおいて、京極小夜子と天才リリアナ・マクシモーヴァが第2幕で競うのですが、まるで重力を感じさせない透明感のあるジゼルを演じるリリアナに対し、小夜子は人間的な情感を前面に打ち出して、まったく対照的な演技をして見せます。
真澄曰く、「ジゼルは死んでもアルブレヒトを愛し続ける。リリアナの演技にはアルブレヒトへの愛が見えないわ」。
しかし、第2幕の抜粋だけでは、小夜子の理想とするジゼルを表現しつくすことは困難であり、審査の結果はリリアナの勝利になります。

私もいろんなジゼルを観ましたが、確かに、完全に精霊になりきってしまうダンサーと、人間としての存在感を残しながら演じるダンサーと二通りあるなあ、というのは感じます。
私としては、後者のジゼルを評価したいのですが、プロの目で見ればどうなのでしょうね。


ジゼルに関するCD・DVD

私もビデオで買いましたが、時代を経ても色褪せない素晴らしい演技だと思います。画像の質も良好です。
ドラマ仕立ての演出も面白く、初心者にもバレエ通にもお薦めの一本です。
ちなみにコールド・バレエの中に、後のABTのスターとなるダンサーが踊っているらしいのですが、名前も忘れました。ファンなら気が付くかもしれません。
しかし、この名盤もついに廃盤になり、マーケットプレイスでしか入手できなくなりましたね。
本当に残念です・・。

これも何故か現役の全曲盤がありません。
私が持っているのはカラヤン盤。録音は古いですが、音質は良好です。
いかにもカラヤンらしい華やかなジゼルが楽しめますよ。
中古オンリーになってるみたいですが、おすすめです。

ジゼル あれこれ

その他のジゼルも観てみましょう。

こちらは、カルラの後輩とも言うべきアレッサンドラ・フェリのジゼルです。
彼女もまた、ミラノ・スカラ座で活躍し、ジゼルの名手と言われる世界的プリマです。
ウィリの呪いから愛するアルブレヒトを守るために、心を込めて踊るジゼルが感動的ですね。

Alessandra Ferri :Giselle

今が旬のアリーナ・コジョカルのジゼル。ロイヤル・バレエ団の花形プリマです。
手足が繊細で、ロイヤルらしい上品な踊りができるダンサーです。

Alina Cojocaru & Johan Kobborg in Giselle Act 2

こちらは、やはりジゼルの名手と言われたナタリア・マカロワ&ミハイル・バニシリコフの歴史的ビデオ。
卓越したテクニックに深い演技力が素晴らしいです。
バニシリコフの跳躍もお見事。


ジゼル狂乱の場面も感動的。


運が良ければ全編見られます。
「Giselle Natalia Bessmertnova Mikhail Lavrovsky Bolshoi Ballet 1975」で検索して下さい。

こちらは天才ダンサー、ミハイル・バリシニコフの第二幕ソロ。
高さのあるジャンプに、足先まで神経の行き届いた踊りは溜め息もの。
まさに完璧!です。

Mikhail Baryshnikov in Giselle

『ジゼル』のDVD その他

アリーナ・コジョカルが可憐なジゼルを熱演。画像も美しいブルーレイです。

ボリショイバレエのナタリア・ベスメルトノワ主演です。これも持ってましたが、かなり教科書的な演技です。
ちと退屈。
これを買うならフラッチかコジョカルをおすすめします。

LDの時代には、アメリカン・バレエシアターの名手だったナタリア・マカロワ&ミハイル・バニシリコフ、ガリーナ・メゼンツェワ(キーロフ・バレエ)など、濃厚で伝説的な録画が目白押しだったのですが、今は廃盤になって久しいですね。残念です。

Leave a reply: