映画『セブン』と「七つの大罪」 主演:ブラッド・ピット&モーガン・フリーマン

4週連続で全米興行成績1位に輝いた大ヒット映画であり、IMDBでは「第三の男」、「シャイニング」を上回る評価を得たデヴィッド・フィンチャー監督による『セブン』。

コマーシャルでは異様な殺人の場面ばかりがクローズアップされていたので、映画全編を見る迄は、猟奇殺人をテーマにした流血サスペンスの類だと思っていました。

しかし、容疑者のジョン・ドウが「最後の殺人現場に案内する」と刑事二人を連れ出し、車の中で説教する場面を見て、考えが180度変わったものです。

キリスト教における七つの大罪――「大食」「強欲」「怠惰」「色情」「高慢」「嫉妬」「憤怒」――に基づいて、次々に繰り広げられる連続殺人事件。

「お前はなぜそんなことをするのか?」というモーガン・フリーマンの問いかけに対し、

「私は、神を忘れた現代人に、神を思い起こさせる為にやった。私は選ばれた人間なのだ」

と答えるジョン・ドウ。

彼の動機は、小説『罪と罰』のラスコーリニコフの「天才はこの世の法則を超えて、無益な人間を殺すことさえ許される、特別な権利を持つ」という超利己主義を想起させ、それはまた、自己の世界に閉じこもった現代人の偏った正義感と根拠のない万能感を連想させます。

ジョン・ドウの理屈は一見、もっともらしく聞こえますが、そこには恐るべき自己中心性が秘められており、「彼の裁き」とは『神の愛』から程遠い、身勝手な思いつきに過ぎません。

にもかかわらず、それを「正義」と定めて、次々に人を殺めていく異常性。

周囲との関わりを断ち、孤立した中で自己肥大すると、他人に対する感覚が薄れ、ついにはその痛みも厭わなくなるという側面を『セブン』は描いているような気がします。

また、残虐な写真や拷問器具、社会への不満や怒りを綴ったノートに埋もれたジョン・ドウの部屋は、外界から完全に隔絶された「趣味の部屋」のようにも見えます。

庶民が平凡に暮らすアパートの一角にこのような不気味な部屋が存在し、またその中で恐るべき殺人計画を推し進める犯人が、これまた誰に意識されることなく暮らしていた――という点も、現代社会の無関心を象徴しているように感じます。

この作品は、モーガン・フリーマンという俳優を世に知らしめ、ブラッド・ピットとギネス・パルトローを結び合わせた話題作でもあります。
夫婦役を演じた二人は、現実生活でも婚約まで発展しましたが、ギネスが由緒あるお嬢様だったことと、そうした感覚にブラッドが付いて行けなかったとかで、結局、破談になってしまいました。
「あの天下のブラッドを振った」ということで、女優としても女としても、ギネスが名を挙げたのは言うまでもありません。
この後、あのジェームズ・キャメロンから「タイタニック」出演のオファーがあったそうですが、それも蹴ったということで、ますますお株が上がった……というエピソードもあります。

流血シーンが苦手な人にはすすめられませんが、私は示唆に富んだ非常に面白い映画だと思います。


メールマガジン『eclipse』より

三年前、スマッシュ・ヒットをはなったブラッド・ピット主演の映画『セブン』をご存知だろうか。

若き鬼才、デビッド・フィンチャーが監督したこの映画は、猟奇的な殺人の場面が話題となり、主演ブラッド・ピットの魅力とベテラン黒人俳優モーガン・フリーマンの深みのある演技力が相成って、高い興行成績をあげた。
もっとも観客の反応は好悪二つに分かれたが、評価はおおむね良好、私にとっても印象深い映画の一つとなった。

だが、『セブン』の特異性を決定付けたのは、やはり猟奇的殺人を通して説教する異常人格者、ジョン・ドウというキャラクターだろう。

ジョン・ドウは、大食いの肥満男や強欲な悪徳弁護士、性病もちの娼婦や高慢な美人モデルらを次々に殺害することで、キリスト教における『七つの大罪』──大食・強欲・怠惰・高慢・肉欲・憤怒・嫉妬── を戒める。

ジョンは、ブラッド・ピット演じる若い刑事に言う。

「人に物を教えるには、今の時代、ちょっと肩を叩いたぐらいではダメだ。ハンマーで殴りつけなきゃならない。そうすれば、人は本気で話を聞く」

全文を表示

関連記事

映画『ニューヨーク1997』リメイクに寄せて カート・ラッセル VS『300(スリーハンドレッド)』スパルタ王... 2009/06/15 wrote; 私のこっぱずかしい思い出『ニューヨーク1997』のディレクターズカット映像がパソコンの隅からひょっこり出てきたので、記事後方に貼っておきます。 そのうちジェラール・バトラー...
映画『ベン・ハー』 ~聖書とキリスト教の物語~ 『聖書』。 それは、地球上のほとんどの国で翻訳され、営々と読み継がれてきた世界一のベストセラー。 ・世界創世の歴史を堂々と綴った書物の一つ。← かなり強引な部分もあるが……。 ・欧米を主とするキリスト教国、およびキ...
映画『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』~中国の台頭と移民コミュニティ マイケル・チミノの予見 今ではほとんど話題に上ることがないマイケル・チミノ監督と『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』ですが、今に振り返ってみれば、じわじわと頭角を現し始めた中国の底力やそれに対する周辺国の動揺を描いた、意...
愛すべきキャラクター「リサベット」二大女優の個性が光る 『ドラゴン・タトゥーの女』... スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンの大ベストセラー『ドラゴン・タトゥーの女(スウェーデンの原題:Män som hatar kvinnor(女を憎む男)』が、2009年のスウェーデン版に続いて、2011年、ハリウッド...

Site Footer

Sliding Sidebar