映画『シンドラーのリスト』とアウシュビッツ収容所

久しぶりに映画『シンドラーのリスト』を見た。
こちらのTVP1というチャンネルで放送していたのだが、何度見ても言葉を失う映画だと思う。
ちなみにアメリカでは『シンドラーのリスト』だけが唯一、CMなしのノーカットでTV放送されるらしい。

我が家はクラクフにアクセスしやすいこともあって、人が訪れる度に「アウシュビッツに行きたい」とリクエストされる。
私は3度、夫は5度の訪問経験があり、いずれも回るコースはほとんど同じなのだが、一体これをどう人に説明すればいいのか、いや、もう、これに関しては、個々の感じたままに任せるしかない――というのが私の印象である。
「怖い」とか「可哀相」とか「許せない」とか、そういう単純な印象を超越した場所だからだ。

にもかかわらず、現実にあったことを想像するのは、あれだけの資料を見ても難しい。
山積みにされた囚人達の髪、メガネ、靴、旅行鞄。
犠牲者のポートレートや人体実験の写真。
今も当時のままに保存されているガス室や死体焼却炉。
話にはいくらでも聞けるし、「これでもか」というほど残虐な行為の証拠が目の前に残されているのだけれど、平和な時代に生まれて、人ひとり、殺される場面も見たことがないと、同じ人間がこういうことをするなど信じられないのである。

私が、アウシュビッツの本当の恐ろしさを理解したのは、子供が生まれてからだった。
見学コースには、犠牲となった子供の展示室もあるのだが、小さなガラスケースに収められた、子供用のベスト、上着、ベビー靴、頭だけの人形などを見た時、その残虐性が足元から這い上がってくるような感覚に襲われた。

どうしたら、生まれたばかりの赤ちゃんに毒ガスをかがせ、殺すことなど思いつくのだろう。
あの無垢な寝顔を見ても、良心のかけらさえ疼かないのだろうか。

もしその場に居たのが自分の子供だったら――そして、アウシュビッツに送られた全ての母親がそうだったように、有無を言わせず子供と引き裂かれ、無惨に殺されたとしたら――。
その時、やっと、この場で行われた事の残虐性が生々しく理解できたのだった。

アウシュビッツは「絶滅収容所」と呼ばれる。
「絶滅」とは、言葉通り、種を根絶やしにすることである。
ハエやゴキブリに対してそうするならともかく、同じ人間に対して、「絶滅」などあり得るのだろうか。
だが、一人の人間の思い付きと幾人かの賛同者、そして、それに付いていった大多数の人々によって、それは行われたのである。
ハエやゴキブリを駆除するかのごとく、拷問や毒ガスで死に至らしめ、次々に焼却炉に放り込み、灰にして、処分していったのである。

作家の曽野綾子さんも繰り返し書かれていることだが、真の恐ろしさは、その行為よりも、「それが同じ人間によってなされた」という点にある。
収容所で囚人をいたぶり、死に至らしめたナチス・ドイツの兵士たちは、特別に訓練された冷酷非道な殺人マシーンではなく、家に帰れば平凡な一市民であり、家族を愛するよき父親だった。
それが一体、いかなる作用によって、あの場では残酷になり得たのか、その二面性、そして不確実性こそ、私たちが最も心してかからねばならない人間の真実であり、歴史の一幕ではないかと思う。
こうしている今も、私たちは、無意識のうちに誰かを虐げ、搾取しながら生きているのかもしれないのだから。

日本からは遠い場所だが、もし機会があれば、実際にその目で見て頂きたいなと思う。

この動画はトレーラーだが、シンドラーの工場に行くはずだった列車が、誤ってアウシュビッツに送られ、女性達があわやガス室の犠牲になりかけた場面をダイジェストで編集している。
映画では、衣類を脱ぐ前に、髪を坊主のように切り落とされるシーンがある。

以下は、史実に忠実に描かれた映画「シンドラーのリスト」の抜粋。
私も初めて見た時は、「スピルバーグもやるなあ」って感じで、いくらかは誇張だろうと構えていたのだが、本当にこういう感じだったのだ……と、アウシュビッツに行ってから思うようになった。

こちらの動画は、「(設計上の問題から)このまま工事を続けては危険です」とナチスの上官に進言したユダヤ人女性のエンジニア。たったそれだけのことで射殺されてしまう。

こちらは労働力にならない子供を「処分」するために、ピクニックに連れて行くと称してトラックで運び出す場面。
真実を知らない子供達は楽しくはしゃぎまわり、事に気付いた母親らは狂ったように後を追いかける。
胸の引き裂かれるような史実である。

この動画は、それまでクラクフのゲットーに隔離していたユダヤ人を、本格的に虐殺する過程を描いている。
赤いドレスの少女は、それまで傍観的な立場を取っていたシンドラーの心が、一人でも多くの命を救うことに、深く静かに導かれてゆく象徴として描かれている。

§ 関連アイテム

スティーブン・スピルバーグ監督がナチの虐殺からユダヤ人の救済を決意したドイツ人事業家・シンドラーの姿を描き、アカデミー賞7部門を受賞した傑作人間ドラマ。収容所で親族を亡くしたスピルバーグ監督は、監督料を返上してもこの作品を作り上げたという。
Amazonのレビューの中には、一度、アウシュビッツという所を自分の目でご覧になっては……と言いたくなるような意見もあって、まあ「やらせ」だの「ユダヤ寄りのプロパガンダ」だのと、嫌悪感を感じる人も少なくないのだろうとは思う。
しかし、「ユダヤ寄りの映画」だとしても、600万人が殺された事実に変わりはないし、この映画に登場するシーンの幾つかは、実際に、アウシュビッツ博物館に展示されている写真や遺物などを参考に非常に忠実に作られているのは確かである。私も誇張のように感じたことがあるけれど、「本当にそうだった」という事は現場に行けばよく分かる。どなたかがレビューで書かれているが、「この映画の描写はまだ抑えた方」って、まったくその通り。囚人を立ち牢に閉じこめて、足をめった打ちにするシーンや、餓死刑でのたうち回る囚人の姿が出てこないだけでも、マシだと思う。

ユダヤ人の名手イツァーク・パールマンの奏でるバイオリンのソロが非常に哀しくも美しい。
まさに魂が乗り移ったような名演で、これはもうパールマンにしか弾けない曲だろう。
ジョン・ウィリアムズの音楽も、映画の根底を深く静かに流れるようで、画像との一体感が素晴らしい。
こういう映画にBGMを付けるのは非常に難しいと思うが、歴史の哀しさみたいなものを上手く表現していると思う。

テーマ曲だけを聞きたいなら、こちらのCDがおすすめ。
様々な映画に使われたクラシックの名曲をピックアップ。
「シンドラーのリスト」も収録されています。

§ その他の作品

1939年、ナチスドイツがポーランドに侵攻したとき、シュピルマンはワルシャワの放送局で演奏するピアニストだった。ワルシャワ陥落後、ユダヤ人はゲットーに移住させられ、飢えや無差別殺人に脅える日々を強いられる。やがて何十万ものユダヤ人が強制収容所へ移されるなか、シュピルマンは奇跡的に死を免れ、ワルシャワ蜂起を目撃する。必死に身を隠し、ただ、生き延びることだけを考えるシュピルマン。だが、ある晩彼は遂にひとりのドイツ人将校に見つかってしまう・・・。

アウシュビッツを描いた作品ではこちらも有名。ドイツ人将校とのやり取りが非常に印象的です。
全編に流れるショパンの旋律も美しい。

知名度では上記の二作にひけをとりますが、内容は非常にシリアスで、真に迫るものがある。
ナチスに贋札作りを命じられるユダヤの職人達。
命令通りにすれば祖国が経済的に壊滅し、逆らえば自分たちが殺される。
知恵に知恵を重ね、祖国を救い、生き延びようとする様が胸をうつ。
囚人同士の葛藤や争いも非常にリアルに描かれ、その他の「アウシュビッツもの」とは一線を画しています。

関連記事

映画『ベン・ハー』 ~聖書とキリスト教の物語~ 『聖書』。 それは、地球上のほとんどの国で翻訳され、営々と読み継がれてきた世界一のベストセラー。 ・世界創世の歴史を堂々と綴った書物の一つ。← かなり強引な部分もあるが……。 ・欧米を主とするキリスト教国、およびキ...
英国王室が分かる3部作「エリザベス」「ゴールデン・エイジ」「ブーリン家の姉妹」&「クイーン」... その昔、世界中のタブロイドがダイアナ妃の不倫&離婚報道で賑わっていた頃、お昼のワイドショーで映し出されたウィリアム王子のポートレートを見た時、それまで「夢の王子様」だったレオナルド・ディカプリオ(「タイタニック」に出てい...
現実と魂の居場所 映画『ルートヴィヒ』とワーグナー 芸術とはエゴ 芸術作品とは、突き詰めれば究極のエゴです。 芸術というと、なにやら高貴で、立派で、偉大で、善良なもの、というイメージがあるから、作った人も無条件に仰ぎ見られるけども、本質的には「オレさま」の世界...
目と目で見交わす名画の愛 カーク・ダグラスの映画『スパルタカス』 カーク・ダグラスって、見れば見るほどマイケル・ダグラスに似てる。 って、ちゃうちゃう。マイケル・ダグラスがカーク・ダグラスに似てるんだよ(←カーク・ダグラスの息子)。 そんなカーク・ダグラス主演の映画...

Site Footer

Sliding Sidebar

プロフィール

阿月まり

看護職を経て、旧共産圏に移住。
映画・音楽・本・漫画が大好きなオタク主婦です。
趣味は登山とドライブ。欧州の韋駄天を目指してます。
詳しくは<a href="/profile">プロフィール</a>を参照のこと。
お問い合わせは<a href="/mail">メールフォーム</a>からどうぞ。
<a href="/sitemap">サイト内の記事一覧</a>
Tumblrミニブログ「<a href="/sitemap">Poetry 言葉の倉庫</a>」