Poem of R.D.Laing

『愛されないもの』

私は純粋の孤独
私は虚ろな空気
私は漂っている雲

私には姿がない
私は無限
私には休息はない

私には家がない
私は場所を通り過ぎる
私は無関心な風

私は陸から飛び去る
白い鳥
私は地平線

私は決して岸に至らない
一つの波

私は砂の上に投げあげられた
空の貝

私は屋根のない小屋を照らす
月光

私は丘の上の円天井の砕けた墓所の中に
忘れられた死者
私は手桶で水を運ぶ
老人

私は空間を旅する

私は
宇宙から
またたくまに去って
小さくなってゆく星

R.D.レイン

Site Footer