原因と結果

現状も、未来も、顧みず、 客の方だけ向いて、 「あれもやります」「これも出来ます」と 安請け合い。 医療も、飲食業も、運輸業も、航空業も、 現場が破綻するのは当たり前。 こんなこと、30年以上前から、現場をよく知ってる係長クラスや専門家は訴えてた。 でも無視されてきたんだよね。 客と同様に、従業員も …

 

社員の気持ち

真面目に勤めているのに、上の不正のせいで「僕は○○社で働いています」と胸張って言えない人の気持ちなど考えたこともないのだろう。 海洋小説『曙光』 -Morgenrood-

 

人間とは想念のもの

人間というのは、突き詰めれば想念のものだ。 どれほど技能に優れても、淡泊な人間に大事は成せない。 海洋小説『曙光』 -Morgenrood-

 

願いと問題の狭間

この世のことは天上の影。 追えば逃げ、逃げれば追うのが必定です。 どうしても焦がれる気持ちが苦しい時は、少し心を他に向けてごらんなさい。 意識を問題から反らすのです。 そうすれば、心と問題の間に空白が出来ます。 その空白に神様の業が起こるのです。

 

一人で生きていると

「一人で生きていると、ワッフルを自分だけお腹いっぱい食べることができるけど、それが最上の味かといえば決してそうじゃない。 妹と分け合って自分の取り分が少なくなっても、『おいしい、おいしい』と楽しむ人もいる。 俺はそういう感性が羨ましい。 幸せというのは、きっとそういうところにあるんじゃないかと思う。 …

 

好きな人と、誘いやすい人は別

君は何か誤解してるみたいだけど、 好きな人と、誘いやすい人は別だよ。 海洋小説『曙光』 -Morgenrood- 誘われたら「好かれてる」と舞い上がる人へ…

 

時には立ち止まる

時には立ち止まって、心を休めるのもいいものよ。 それで物事の流れが変わることもあるわ。 上手く行かない時ってね、たいがい、きりきりに詰めてるの。 たとえは悪いけど、迷路の端っこに行き当たって、ひたすら壁を掻くネズミみたい。 海洋小説『曙光』 -Morgenrood- 海洋情報ネットワークが上手く運ば …

 

もう少し、心を開けば

何を言っても自分の気に入らなければ反発し、プライドを守ることに躍起になる。 だが一方で、素直に聞き入れる面もある。 もう少し心を開けば、もっと多くのものを吸収することができるだろう。

 

人間と想念

人間というのは、突き詰めれば想念のものだ。 どれほど技能に優れても、淡泊な人間に大事は成せない。

 

故郷の再建

「土はいつかは自然の力で再生するさ。 問題は、人が帰ってくるかどうかだ。 以前の住民が一人も戻ってこないのに、土地だけ整えてもどうしようもない。 臨海都市計画を後押しする側にも一理あるんだ。 町として復興するかどうか分らない無人の荒れ地を遊ばせておくより、地の利を生かした都市開発を進めた方が地区の活 …