人間の道など、どこに繋がっているか分からない。

もうここで行き止まりだろうと思っていたら、意外な所から開けていったりする。

そうして思いがけない出来事の連続が自分の人生かと思っていたら、すべて「予測された出来事」であったりする。

その場その場では、「ままならない」ように思うことも多々あったが、なんてことはない、私は私の望んだ通りに生きている。

思いがけない出来事など何一つない。

おすすめ詩集

金子みすゞ名詩集
平易だけども心に深く刺さる言葉の数々。93編を収録。

海潮音―上田敏訳詩集 (新潮文庫)
「わたしの耳は貝の殻。海の響きを懐かしむ」でおなじみの名訳が満載。