Notes of Life

恋の詩(2)~恋は、隠しきれるものではないから~

1998年11月19日

『恋とはひっきょう隠しきれるものではない』

想いは必ず心から言葉、心から瞳にあふれ出る
そして心から心へと伝わっていく

黙っていても眼差しは正直だ

眼差しの先にはいつでも恋する人がいて、
その姿を追いかけている

視界から消えても、まだ追い求めている

他人が二人の間を覗き見る時、
この世から二人以外のものはすべて
消え去ってしまえばいいと思う

誰もこの恋に気づかなければいいのに……と

今はただ秘めやかに
心を交わす

想いあふれるままに

’98 Autmun…

You Might Also Like