One Way Ticket

もう二度と
この道を帰ることはないと分かっていても

ふと 後ろを振り返りたくなる

遠い一人ぼっちの部屋が
懐かしくなる

あれは私だけの光

畳の上に差し込む
やわらかい春の陽ざし

涙のしみた押し入れの隅にも
あたたかな光を投げかける

心がすっかり癒えたとき
片道切符を手に旅立った

一人ぼっちの部屋を
後ろ手で閉ざして

もう二度と
戻ることはないとわかっていても

あの一人の日々が懐かしい

ひたむきだった頃が

満ち足りた心は
なんと多くの悲しみを
消し去ってしまうことか

人は幸せを求めながらも
悲しみにこそ魂の美を感じる

涙という宝石

あれこそが人生の本当の素晴らしさ

苦い恋の痛みも 振り返ってみれば
くちづけのように甘い

幸せへの切符

それはまた 
人生の最も美しい日々に
別れを告げる片道切符

もろく 透明な 魂だけで生き続けた日々よ

言葉の中に 永遠に 
その輝きをとどめて欲しい

いつでも会いに行けるように

そして 今こそ
あの日の私を
抱きしめられるように

Site Footer