海洋情報部

9-2 鮭の産卵と親の思い ~父の死から立ち直れなくても

2016年10月5日

海岸にサイクリングに出掛けたヴァルターとリズは、一緒に科学ビデオの『鮭の産卵』を鑑賞する。
その際、彼が人と話さない子供だったことや、「鼻づまり」「キャベツ頭」と苛められたこと、父親に似た容姿から鏡恐怖症になっていることを知り、いっそう理解を深める。

今も父の死から立ち直れないヴァルターは、「たとえ心の重荷になっても、父の思い出と一緒に居たい」と苦しい胸の内を語る。

PDFで読む

右上部のアイコン『ポップアップ』をクリックすると、ブラウザの全画面にPDFが表示されます。

サンプル版につき、保存や印刷はできません。よろしくご了承下さい。

PDFで読む

「フルスクリーン」をクリックすると、ブラウザの全画面にPDFが表示されます。
レスポンシブル・デザインなので、スマホやタブレットでも手軽に閲覧できます。(ズームイン、ズームアウトなど)
Google Drive で公開しているPDF一覧はコチラです。

フルスクリーンで見る


Product Notes

有名な『鮭の産卵』のビデオ。何百万という鮭が故郷の川に戻り、次々に産卵して、その生涯を終えます。
後には、おびただしい数の死体が川辺に打ち上げられるけども、いずれ生まれくる稚魚の養分となり、新たな生命のサイクルが始まります。

一方で、北上する鮭は、森の動物のご馳走でもあります。鮭とクマの戦いは有名ですね。

Photo : https://www.flickr.com/photos/alaskarainbowlodge/6686477995

You're here


Navigation