2-6 これが生だったのか、それならもう一度!

スピーチセラピーが功を奏し、ヴァルターも地元の小学校に通うことが叶ったが、今度は「鼻づまり」「キャベツ頭」とからかわれ、「一生、鼻づまりで生きていくぐらいなら、死んだ方がマシ」と自分自身に失望する。

どうしてやればいいのか、カールスルーエの母に相談すると、

「地上に生きることは、甲斐のあることだ。ツァラトゥストラと共にした一日、一つの祭りが、わたしに地を愛することを教えたのだ。『これが――生だったのか』わたしは死に向かって言おう。『よし! それならもう一度』と」

母はツァラトゥストラの一節を語って聞かせる。

「魂の幸せとは、自分自身を肯定し、生きることを悦ぶ気持ちだ」と。

それからグンター自身も『ツァラトゥストラ』を読み返し、ヴァルターに自己肯定を説いて聞かせるようになる。

「だから、ヴァルター。皆と違っていても、上手く出来ないことがあっても、君が心の底から『これが人生か。よし、もう一度!』と思えたら、それが本当の魂の幸福なんだよ」

だが、幼いヴァルターには何のことか分からない。

そこで『永劫回帰』を『永遠の環』になぞらえ、

「じゃあ、こう言おう。Der Ring der Ewigkeit――『永遠の環』だ。たとえば、太陽は海の向こうに沈んでも、また昇って輝きたいと思う。それは太陽である自分自身を悦んでいるからだ。永遠の環を廻るように、何度でも生きたいと願う。それと同じように、君もこの人生、この自分自身を何度でも生きたいと思えるほどに自分自身を愛せるようになれば、絶望や劣等感や抜け出して、苦悩からも自由になれる」

それはやがてヴァルターの中で『リング』のイメージになる――。

PDFで読む

右上部のアイコン『ポップアップ』をクリックすると、ブラウザの全画面にPDFが表示されます。

サンプル版につき、保存や印刷はできません。よろしくご了承下さい。

フルスクリーンで見る

Product Notes

文中での『ツァラトゥストラ』の引用はこちらです。

永劫回帰にもいろんな解釈がありますが、「これが生だったのか、それなら、よしもう一度」の一言に尽きると思います。
ツァラトゥストラも、最初は暗いトーンで始まって、最後に、この一言に辿り着く過程が素晴らしいんですよね。

ちなみに当該個所の文章は次の通りです。(手塚富雄・訳)

第四章 酔歌

そのとき、この長い驚くべき日のうちで最も驚くべきことが起こった。最も醜い人間が、もう一度、そしてこれを最後として、喉を鳴らし、鼻息をしはじめたのだ。そして、ついにかれがそれをことばにして言ったとき、見よ、かれの口からは一つの問いが、まろやかに、清くおどり出た。一つのよい、深い、明るく澄んだ問いであった。それは耳を傾けたすべての者の心を感動させた。
「わたしの友なるすべての人よ」と、最も醜い人は要った。「あなたがたはどう思うか。きょうこの一日に出会ったために──わたしははじめて満足した。今までの全生涯にたいして。

だが、それだけを証言したのでは、まだ十分ではない。地上に生きることは、かいのあることだ。ツァラトゥストラと共にした一日、一つの祭りが、わたしに地を愛することを教えたのだ。『これが──生だったのか』わたしは死に向かって言おう。『よし、それならもう一度!』と。

ダンボ

You're here

Navigation

Site Footer