ローエングリン

2-4 運河沿いの小さな家と息子の誕生

2016年9月3日

最愛の人、アンヌ=マリーと結ばれたグンターは、フェールダムという干拓地の運河沿いに小さな家を買う。
カールスルーエの父は「海岸線から近すぎる。ここ数年の異常気象を考慮しろ」と懸念するが、何の前触れもなく、一夜で町が水没するなど有り得ない。
まして堤防管理は自身の職務ではないか……という自負から、父の懸念を押し返す。

夢にまで見た温かい家庭を手に入れ、息子も生まれるが、その幸せも束の間だった――。

PDFで読む

「フルスクリーン」をクリックすると、ブラウザの全画面にPDFが表示されます。
レスポンシブル・デザインなので、スマホやタブレットでも手軽に閲覧できます。(ズームイン、ズームアウトなど)
Google Drive で公開しているPDF一覧はコチラです。

フルスクリーンで見る


Product Notes

オランダの家屋はどれも可愛いですね。
濃い緑色のようなユニークな色使いも、干拓地の田園では素晴らしく映えます。

オランダ 家

オランダ 家

ハーバート・ジェイムズ・ドレイパーの描いた『Water baby』というラファエル前派の代表作です。
真珠貝の中から赤ちゃんが生まれるアイデアと色使いがとても綺麗です。

waterbaby 真珠貝の坊や
Photo : https://goo.gl/ccYsd3

You're here


Navigation