接続

7-2 潜水艇がぶつかったら、どうなる?

2016年9月12日

揚鉱管の降下が順調に進む中、いよいよ潜水艇『プロテウス』が潜航を開始する。
ヴァルターとエイドリアンは手順通りセットアップし、海面に着水する。

だが、場慣れしたヴァルターと、不安を隠せないエイドリアンは、リズの差し入れの弁当をめぐって、早くも臨戦態勢だ。

一方、耐圧殻の二人を案じるリズは、「もし潜水艇が採鉱システムにぶつかったら、どうなるのか」とガーフィールドに尋ねる。

それはあまりに危険ではないかとリズは動揺するが、アルは「お前はパイロットを信用しないのかね」と言い聞かせる。

PDFで読む

「フルスクリーン」をクリックすると、ブラウザの全画面にPDFが表示されます。
レスポンシブル・デザインなので、スマホやタブレットでも手軽に閲覧できます。(ズームイン、ズームアウトなど)
Google Drive で公開しているPDF一覧はコチラです。


フルスクリーンで見る


Product Notes

潜水艇の構造や潜航に関しては、ウッズホール海洋研究所の『Alvin』のドキュメンタリーが参考になると思います。

こちらはフランスの潜水艇『Nautile』の潜航の模様。
このクロムイエローの船体が大好きなのです。
深海にも、至る所に、雲仙や別府地獄めぐりみたいな所があるのです。

ちなみに、本作ではJAMSTECの『しんかい』の手順を参考にしています。

こちらは無人機を使った深海調査です。
前半部に、無人機のオペレーションの様子が映っています。
本作では「ジム・レビンソンが泥酔して、後部甲板から海に落ちた」という設定ですが、採鉱プラットフォームもこんな感じで、柵のない場所がたくさんあります。特に重機や調査機器をランチャーするあたり。

Photo : https://www.wired.com/2009/07/nankai/

You're here


Navigation