ファルコン

8-6 生物冶金と採鉱システムの可能性を世界に知らしめる

2016年10月4日

リズはローレンシア島の製錬工場を見学し、海台クラストの採鉱事業が収益だけでなく、採掘や生物冶金の可能性を世界に知らしめる目的もあることを理解する。

一方、ヴァルターはローレンシア島に帰島し、アルに冷やかされながらも、リズとの距離を近付けていく。

PDFで読む

「フルスクリーン」をクリックすると、ブラウザの全画面にPDFが表示されます。
レスポンシブル・デザインなので、スマホやタブレットでも手軽に閲覧できます。(ズームイン、ズームアウトなど)
Google Drive で公開しているPDF一覧はコチラです。

フルスクリーンで見る


Product Notes

資料を集め始めた頃、一番に躓いたのが、「製錬」と「精錬」の違いです。

さらに「選鉱」と「採鉱」、「精練」と「精錬」(これもボーっとしてると間違う)、素人にとっては、言葉だけではイメージが掴みにくいです。英語のように、Dressing、Refining、Smeltingと、動詞に直結する言葉なら、イメージもしやすいのですが。

選鉱/製錬とは(Dressing/Refining)

神戸製鋼のページにも、原鉱の仕入れから金属製品の相場決定まで、いろんな雑学が掲載されています。

私は関西人なので、やはり神戸製鋼の工場群に親しんできた影響が大きいです。
化学式は理解できなくても、社会の基盤になっている流通や製造について、少しでも知見を広めると、面白いですよ。

昔は「鉄は国家なり」と言われていましたが、今でも凄まじいパワーを感じます。

You're here


Navigation