ファルコン

8-3 コミュニケーションのとり方が分からない

2016年10月3日

ヴァルターは海洋情報ネットワークの構築に向けて、草案づくりに没頭するが、リズには何の連絡もなく、不安は増すばかり。
自分から電話やメールをして相手の状況を確かめればいいのに、幼い頃からの習性でその勇気もない。
海岸で石のように立ち尽くすリズに、運転手のベルマンが言う。

一方、ヴァルターは、リズに何の連絡もとらず、「彼女も分かっているはず」と相手の気持ちなど何も考えようとしない。

PDFで読む

「フルスクリーン」をクリックすると、ブラウザの全画面にPDFが表示されます。
レスポンシブル・デザインなので、スマホやタブレットでも手軽に閲覧できます。(ズームイン、ズームアウトなど)
Google Drive で公開しているPDF一覧はコチラです。

フルスクリーンで見る


Product Notes

今も昔もコミュニケーションが難しいのは変わりません。
でも、単純に考えたら、「相手の立場になって思いやる」、ただそれだけの話なんですね。
それが出来ないということは、そもそも人間に対する想像力が欠けているか、自分の痛み苦しみしか分からない利己主義か、どっちかでしょう。
最大限に気を遣っても、予期せぬところで躓くのがコミュニケーションというもの。
それでも相手と繋がっていたい、一緒に生きていきたいと願うのは『愛』ではないでしょうか。

Photo : https://wall.alphacoders.com/big.php?i=417338

You're here


Navigation