Notes of Life

あえて意地の悪い姑のところに嫁ぐ

2014年11月5日

『ミッチー VS サッチー騒動』仕掛けたのは、野村阪神を潰そうとするY系列放送局らしい。サッチーを騒動の渦に巻き込んで、野村監督を動揺させるのが狙いだったとか。ホンマかいな。

今度、愛息カツノリが結婚するにあたって、「サッチーの所にお嫁に行くなんて、すげー度胸だ!」と私が言ったら、うちの姉が一言。

「あのお嫁さんは、頭いいよ。だって、なまじ評判の良い姑さんの所に嫁いだら、うかつに愚痴も言えないやろ。“あの姑さんに限って、そんな事はない”と言われて、かえって自分の評判を落とすだけや。でもサッチーなら、厳しくて難しいのは全国民が知ってる。何があっても、とにかく愚痴をこぼさず、“いつも良くして頂いています”と感謝感謝で答えていたら、あのお嫁さんは出来た人だ、って見てもらえるんよ」

さすが主婦歴6年。

* 2000年3月のメモ書き


知らない人は全然知らないけど、野村監督の沙知代夫人と浅香光代さんの悶着って、かなりしつこくやってたんですよね。

特に「読売」が。

我が家はトラキチで、私も「あぶさん」の大ファンで、その連なりで野村監督を応援していたので、「読売の陰謀説」はけっこう頷けるものがあったね。

というより、阪神の不調を読売のせいにしたい、というのが正直な気持ちです。

ちなみに私、掛布&ランディ・バース&岡田の世代です。

投手は、北別府と江夏の大ファンでした(そこだけカープ)

参考:Wiki ミッチー・サッチー騒動

You Might Also Like