音楽

草薙少佐みたいなブリトニー・スピアーズの『Break the Ice』演出≠押井守

2010年4月29日

ブリトニー・スピアーズの最新ヒット曲『Break the Ice』を初めて見た時、日本のアニメーターが演出に力を貸しているのかと思いました。

出だしはもろに草薙少佐(アニメ『攻殻機動隊』)だし、敵兵のモブシーンは宮崎アニメみたいだし(『天空の城 ラピュタ』に出てくるギガントみたい)。

となると、自然に「押井守」の名前が浮かんだりして(押井守さんについてはこちらを参照『映画『マトリックス』が本当に伝えたいこと ~君は心の囚人 / 攻殻機動隊 / イノセンス』)、まっさかな~と思いつつ、ビデオの演出家を調べたら、ロバート・キヨサキ……じゃなかった、Robert Halesという、イギリスの有名なグラフィック・デザイナーの方でした。

以下の情報によると、このビデオは、日本のアニメ手法を取り入れて、韓国で制作されたのこと。

Robertさん、きっと見てるよね。「Ghost in the shell」。

Directed by Robert Hales, the music video for “Break the Ice” is Spears’ first animated music video. Spears’s record company said the video was made in South Korea in Japanese anime style. It features an animated superheroine who fights with her enemies. The video ends with the words “to be continued”.

となると、このビデオにも、日本のアニメ・オタクを自称するウォシャウスキー監督の『Matrix』のオープニング(カタカナが画面の上から下に雨のように降り注ぐ演出)みたいに、「日本のアニメ」を連想させるアイテムを織り込んで欲しかったのだけど、残念ながら、確認できたのは、ヒロインのブリトニーがビルの屋上から見渡す夜景の中に、韓国のハングル文字のネオンサインがある――ということだけだった。

もっと注意深く見れば、他にもあるのかもしれないけど。

それにしても、Robertさん、日本のアニメ手法をよく研究されてると思います。

ブリトニーがガラスのアトリウムを突き破る場面の、画面三分割とか。

アクションシーンでスローモーションが入る演出とか(今や世界のスタンダードですわ)。

これを最初にやったのは、多分、押井さんだと思うのだけど。詳しい方、ご存知ないですか~。

でも、透過光の使い方は、「出崎統」っぽいですね。

まあ、いろいろ見ておられるのでしょう。


It’s been a while
I know I shouldn’t have kept you waiting
But I’m here now

I know it’s been a while
But I’m glad you came
And I’ve been thinking ‘bout
How you say my name
You got my body spinning
Like a hurricane
And it feels like
You got me going insane
And I can’t get enough
So let me get it up

Ooh, looks like we’re alone now
You ain’t gotta be scared
We’re grown now
I’m a hit defrost on you
Let’s get it blazin’
We can turn the heat up if you wanna
Turn the lights down low if you wanna
Just wanna move you
But you’re frozen
That’s what I’m saying

Let me break the ice
Allow me to get you right
Let you warm up to me
Baby I can make you feel
Let me break the ice
Allow me to get you right
Let you warm up to me
Baby I can make you feel

しばらくぶりね
あなたを待たせるべきではなかったわ
でも今 私はここに居る

ええ しばらくぶりだってことは分かってる
だけど あなたが来てくれて嬉しいわ

あなたが私のことを どんな風に噂しているか
ずっと考えていたわ

あなたは私の身体を 
ハリケーンのようにきりきり舞させて
私を狂わせたわ
でも もうたくさん
目を覚まさせて

今は 私たち二人きりのようね
こわがらないで
私たちは大人じゃないの
凍てついたあなたを解かしてあげるわ
そして 熱く燃やしてあげる

もし あながた望むなら 
私たちはもっと燃え上がれる

もし あなたが望むなら
明かりを暗くして
あなたをその気にさせたいわ

でも あなたは氷のように凍てついてる

今こそ言うわ

私にあなたの氷を割らせて
あなたの気に入るようにさせて
そして あなたにも 私を熱くさせてあげるわ
可愛い人 
あなたに感じさせてあげる

ビデオでは、ヒロインが自分の運命を翻弄する元・恋人(これもロボット?)に復讐する話だけれど、歌の内容は、感度の悪い彼氏を熱く挑発するストーリー。

ヒロインの口が『ガマ口』なのが、いかにも「イギリス人による演出」(日本のアニメーターならオチョボ口にする)を物語っています。

日頃、ブリトニーにまったく興味のない私も、このアニメMTVには魅せられました。(音楽もけっこうイイです)

日本のアニメ・ファンにも支持されることを願っています。

この曲はこちらのMP3アルバム<もしくはCD>に収録されています。
Amazonで一曲から購入できるので、興味のある方はぜひ。試聴もできますヨ。

ちなみに、このビデオを「アニメ化」した理由は、ブリトニーが妊娠・出産でちょっぴり太めになり、ダンスの撮影が難しかったからだとか。

そう、その手があったか・・と、産後太りのおばちゃん、納得。

私もアニメになって、人生をやり直したい……。

You Might Also Like