命を大切にできないのは、根底に自己の無価値感があるから

2017年9月15日子育てコラム

命の教育とは、命の大切さについて説くことではない。

君たち一人一人がかけがえのない存在だということを、子供に実感させることである。

元々に、自己の無価値感

私なんか居ても居なくても同じ、誰も悲しまない、気にも留めない、

があると、

他人の命にも実感がもてない。

自分の命が紙くずみたいに無意味で、無価値なものとすれば、

他人の命も似たようなものである。

そんな「絶対的な空疎」をもつ子供に、命の大切さを百万回説いても、理解できるわけがない。

だって、自分の命にも、存在にも、意味なんて無いんだから。

他人を思いやり、愛するという行為は、自分に対する愛情があって初めて出来ること。

自分で自分を愛せないものは、他人のことも愛せない。

こうした健全な自己愛や自尊心は、最初は、親との関係で育まれるものだ。

「あなたが好きよ、大切よ」

「あなたは、あなたのままで、かけがえのない存在よ」

そうした揺るぎなく、温かいメッセージを受け取りながら、

子供は「自分」というものを自然に肯定し、生きることに意味を見出し、

自分を大切と思うように、他人のことも大切と思えるようになる。

***

なんてことは、そこいらの育児書や指南書に、くさるほど書いてあるんだけど、

教え得る側の親自身、大人自身が、自己無価値感や自己喪失に苦しんでいると、

子供に手本を示せるわけがないんだよね。

ありきたりの理屈しか口にできない。

だから、子供にも伝わらない。

***

少子化になって、本当に深刻な問題は、「子供を知る大人」も減っていく、ということだ。

子育てしていれば、

子供が思いがけない場所でワーギャー泣くことも理解できる。

理屈で言い聞かせられるものでもないことも知っている。

だから、他人の子供を見ても、「子供って、そういうもんだからネ」と寛容になれる部分が大きい。

でも、子育てを体験しないと、

子供はギャーギャーとうるさいものでしかないし、

手間のかかる面倒なものにしか思えない。

目に入るだけで、うっとうしい。

黙れ。

消えろ。

周りの心象も殺伐としてくる。

少子化になれば、一人一人の子供はより大切にされるだろうか。

むしろ逆だ。

大人中心の社会で、子供の未熟さ、うっとうしさだけが目立ち、

多分、追いやられていくだろう。

そんな中で、子供は自分を大切な存在に思えるだろうか。

社会に愛されていることを実感するだろうか。

自分を無価値と思えば、周りの大人も、社会も無価値に思えてくる。

価値の無いものには、心も働かない。

帰属意識も、愛情も、へったくれもない。

だから「殺す」という言葉も簡単に出てくる。

自分がいつ死んでもいいように、他人もいつ死んでもいいから。

***

だからといって、社会全体が良い方向に変わるのは容易ではない。

大人が「命の大切さ」を説いたって、届かない子には、とことん届かないだろう。

長い時間をかけて蔑ろにされ、空っぽになった心を埋めるのは簡単じゃない。

そんな中でも、一つだけ、今日から誰でもできることがある。

親(大人)は、もう一度、「あなたが大事」のメッセージを伝えること。

言葉で言わなくても、一緒にお散歩したり、「王将」で美味いものを食ったり、リビングで映画を見ながら感想を語り合ったり。

ほんのちょっとの「変化」で、子供ってのは、案外、素直になってくれるものだ。

そして、子供は、親に与えられた精神的苦痛や葛藤を、理性で解決する努力をすることだ。

本を読んだり、好きなことに打ち込んだり、友情を育んだり。

愚痴ばかり並べて、ボケーと待ってても、天から救いの天使が降りてくるわけではないし、神のごとき隣人が助けてくれるわけでもない。

自己の尊厳と幸福は、自分で掴み取るしかない、ってこと。(残念ながら)

その姿を見て、神様なり、徳の高い人なり、幸運の女神が手を差し伸べてくれる。

それだけは本当です。

***

子育ても、生きることも、何でも「楽」なのが正しいと思ってる人が多いけど、

本来、楽じゃないし、楽になることなど、ないの。

にもかかわらず、「楽に生きられるようになった私は正しい」という論調があふれてる。

楽になるにこしたことはないけど、

生きることの厳しさや難しさと、ガッツリ向かい合う過程が必要なのもホントです。

***

凄惨な事件があっても、多くの親にとっては、他人事。

うちの子育てに問題はない、と思ってる。

それこそが問題。

まともに自分の心の問題と向き合う勇気がないから、

自分の子供にも問題がないと思いたい。

見たくない。

いつか子供に殴られ、見棄てられ、

淋しい老後を迎えた時に、

自分の子育ての善し悪しが分かると思います。