結婚の機運が高まる時

「結婚」というのは、どんなに仲の良いカップルであっても、ある日、突然決まるものではないし、出会いを待っているならなおさら「機運」というものが必要です。

機運という言葉には「時のまわりあわせ」「物事をなす時機」といった意味があり、「幸運」や「強運」とはまた異なります。

時の流れがその一点に向かう、とでも言うのでしょうか。

それまで仕事一筋だった人が、何となく仕事だけでは物足りなく感じたり。

今まで何とも思わなかった既婚の友達が急に羨ましく感じたり。

何か自分の内側で変わりつつある、と感じたら、一つの機運の始まりです。

それはその場限りの思いつきや気分転換とはまったく異なり、時には顔つきや雰囲気、生活パターンまで変えてしまうものです。

自分で「あれ?」と不思議に感じる瞬間があれば、その直感を大事にしてください。

また良い出会いが欲しい方は、運気を味方に付けて、結婚の機運を高めてくださいね。

§ 結婚の機運が高まる時 (出会いを求めている人の場合)

  • 町中の親子連れに対する印象が変わってきた
  • → 今まで「うるさい」としか思わなかった子供が「カワイイ」と感じたり、何かあっても許せるようになったり、受け止め方が変わってきたら、自分自身の心の体勢が変わってきたサイン。

  • ペットを飼ったり、花を育てたり、生き物に触れたくなってきた
  • → 「おひとりさま」の閾値が下がってくると、自分以外のものを必要とするようになります。

  • 服装の趣味やインテリアが変わる、変えたいと思う
  • → たいていの場合、キラキラ、フワフワ、明るく、フェミニンな印象に変わってきます。

  • お洒落やグルメやお稽古事に興味がなくなってくる
  • → 外見を飾ったり、自分の楽しみを追究するより、「心が安らぐ」「落ち着く」ことを考えるようになる。

  • 楽しそうな独身女性より、落ち着いた既婚女性の方が魅力的に見えてくる
  • → 「毎日大変そう」と思っていたのが実は充実していて、「自由で楽しいことの価値」が薄らいでくる。

  • 周りから「結婚は?」「誰か紹介しようか」と言われるようになる
  • → 以前は「そういう話題をしにくい」と思われていたのが、イメージが変わってきたサイン。

  • 「いい人がいたら紹介してください」というようなセリフが自然に口に出る
  • → 自分でオープンに出来るようになれば、周りの機運も高まってきます。

  • クリスマスや年末に人混みに出るのが憂鬱
  • → 放っておくと重症化します。一見普通に見えて、心のどこかで悲鳴をあげている状態かも。

  • 価値観を変えるような決定的な出来事が起きる
  • → それは「親の死」であったり「大親友の結婚」であったり「リストラ」であったり、様々です。良いにつけ、悪いにつけ、心にガーンとショックを受けて、今までの自分の行いに目が醒める瞬間があれば、それが大きな機運に繋がることがあります。

  • 意外と「いい男」はいっぱいいることに気付く
  • → これも大事です。周りの見方が変わる時、自分の内部もかなり変わってます。

  • 仕事でもプライベートでも新しい出会いが増えた
  • → 結婚は、ある意味、社会関係の再構築ですから、新しい流れがそれをもたらすこともあります。

  • 興味の無かった会合にふっと顔を出してみたくなる
  • → 何事も出会わないことには始まりません。その日、その場所で、どうしてもその人に会わねばならない必要が生じると、磁石で引かれたみたいに出かけたくなるものです。

  • 長年使っていた電化製品・愛用品が次々に壊れる
  • → ひとつの迷信ですが、けっこう当たってるかも、です。

  • ふと目にした看板やCMコピーなどがやけに胸に残る
  • → 普段何気なく目にしている宣伝や看板のキャッチフレーズで、妙に気になるものがあれば、案外そこに鍵があったりします。
    旅行会社の「出かけませんか、沖縄」みたいなのとか、占いコーナーの「今年の幸運モチーフ」みたいなのとか、いろいろ。

    § 機運を高める秘訣

  • 整理整頓、要らないモノは捨てる、部屋の模様替えをする
  • → 幸運を入れるにはスペースが必要。要らないモノは潔く捨てて、幸運の入る場所を作ってあげましょう。部屋の模様替えも心理的な効果があります。明るく、爽やかな、気持ちのよい空間で生活することが基本です。一に掃除、二に掃除、特にトイレと水回り、しっかりやっとくと自信に繋がりますよ。

  • 行動して風を起こす
  • → これも基本中の基本。何かを変えたければ、とにかく行動すること。行動すれば風が起きます。風が起きれば、周囲も動くし、どんどんものの廻りが良くなるものです。大きな事じゃなく、掃除とか、家族サービスとか、本屋めぐりとか、他の社員さんを積極的に手伝うとか、身の回りの小さな事でいいんです。座ってボーっと落ち込んでるヒマがあったら、さっさと動きましょう。

  • 毎日、やりたくない事を1つは続ける
  • → よそで聞いた話ですが、毎日、嫌いなことや面倒なことを7つは行うようにすれば魂が磨かれるそうです。でも7つはやっぱシンドイし、その代わり、1つでも続けたら自信になりますよ。腹筋とか、玄関の水拭きとか、洗濯物はその日のうちに取り込むとか、「メンドーだ」と感じることを「エイヤ」とやるようにすればいいのね。

    Site Footer