Do D.N.A ~ポーランドの歌姫Kayahの一押し!

ポーランドの誇る歌姫Kayah(本名 Katarzyna Rooijens(カタジーナ・ルーイエンス、旧姓Szczot(シュチョット)は、1967年11月5日、ポーランドに生まれました。
1985年、Anny Narkiewicz(アンネ・ナルキエヴィツ)のピアノ科で学位を取得し、Rastar、ZgodaならびにTiltemといったグループと共に歌手としての活動を開始しました。
1988年、 Karlshamで開催された、国民バルト海沿岸音楽フェスティバル(直訳すれば)で特別賞を受賞。
同年、ポーランド・レコードより、『Kayah』の名前で、ヴォーカリストとしてアルバム・デビューを果たしました。
その後、次々にヒットを飛ばし、今や国民的歌手とも言える不動の地位と人気を誇っています。

こちらは、『Stereo Type』に収録されている、私の一番大好きな『DO D.N.A』。

シンプルながら、セクシーな歌詞とメロディで、大人の恋を軽やかに歌っています。


Coś stało się mi, dla twoich ust dziś nie chcę być kobietą już.
Zmieniam się w kryształu szkło, unieś mnie lecz nie kołysz mną.

Ref. Jestem pełna aż po brzeg, każda kropla jest bezcenna,
Dziś jestem pełna, Nim ulotnię się w dłonie dwie ujmij mnie,
Szybko wypij mnie do dna!

Zanurzasz się miły, a ja perłę na dnie dla ciebie mam
I ciała kwiat rozchylam by trzmiel twoich warg mógł nektar pić.

Ref. Jestem…

どうしたのかしら
あなたの唇(口づけ)のせいで
今日はもう女でいたいとは思わないの

クリスタル・グラスの中で
私は生まれ変わる
心を揺さぶりはしないけれど
私をときめかせるの

身体の隅々まで 私は満ち足りているわ
一滴 一滴が この上なくいとおしいの

今日私は満ち足りているわ
私を包む両の手から
それらが蒸発してなくなる前に
早く飲み干してね 底の底までも

恋に溺れるあなた
今日 私は あなたの為に
真珠を持っているの

そして 花びらがほころびるわ
あなたの唇が 
ミツバチのように 甘い蜜を飲むために

(自家製フィーリング訳です)

朝に目覚めたような透明感がいいですよね。恋にはずむ気持ちを上品に表現していると思います。

Kayahへの想い

正直、私は、ポーランドに「胸ときめかすもの」なんて何一つ期待してませんでした。

住むところが僻地というのもあったし、結婚相手がポーランド人でなければ興味すらありませんでした。

移住したのが冬の真っ直中、積雪何十センチの頃だったせいもあるでしょうね。

部屋は寒いし、毎日曇り空だし、「うどん」もない、「おでん」もない、電飾がキラキラ輝く遊び場もない。

まあ、覚悟はしていたけど、大阪の華やかな暮らしとは比べものにならないほど地味で、質素で、味気なくて、「やってけない」みたいな気持ちになることも多かったんです。

そんな時、カー・ラジオから流れてきたのがこの曲でした。

まるで天まで突き抜けるような伸びやかな歌声と、ロマンティックな旋律。

繰り返される鐘の音がとても印象的で、その時は歌詞はまるで分からなかったけれど、恋の悦びを歌った曲なんだろうなあ、ということは何となく察しがついたものでした。

後々になって、それがポーランドの誇る歌姫Kayahのヒット曲『D.N.A』だと分かり、「ポーランドにもこんな綺麗な音楽を作る人がいるんだな」と思ったら、零下20度の世界にも希望が見えたのでした。

『D.N.A』は今でも私が一番好きなポーランドの歌だし、Kayahが日本でも有名になってくれたらな……と願ってやみません。

関連商品

2004年発売のCD。
『DO D.N.A』をはじめ 『Teststeron』『Jeszcze ta noc』など、聴き応えのある最近のヒット曲が収録されています。
日本では輸入盤のみになります。

こちらもシャープで都会的なKayahの1997年代のヒット曲が楽しめる一枚。
TVコマーシャルにも使われた「Supermenka」、AORな雰囲気を醸し出す「Na jezykach」など、ポーランド人なら誰でも一度は聞いたことのある人気のナンバーが収録されています。

Photo : http://allaboutmusic.pl/kayah-swietuje-20-lecie-wydania-plyty-kamien-i-szykuje-niespodzianki/

Site Footer