映画『復活の日』 ジャニス・イアンのYou are Love / 草刈正雄に萌えた日

個人的には、発症者を抱えたソビエトの潜水艦が着港を拒否された上、撃沈される場面が痛ましいです・・。

あと、出産可能な女性がたった8人しか残されていないために、個人の感情を超えて複数の男性と性交渉を持ち、子孫を残すことを最優先にする・・という設定も、いたたまれないですよね……。

現代のウイルスの恐怖を予見するかのような小松左京先生の着想は本当に鋭いとしかいいようがない。

§ 『You are Love』と『復活の日』への想い

いつか誰かがきっとアップしてくれると信じていた・・・。

ジャニス・イアンの名曲『You are Love』。

といっても、普通一般の人には何のこっちゃか分からないし、『復活の日』と言っても、覚えてない人の方が大半だろう。

しかし、しかし。

この映画が公開された当時、日本では稀に見るハーフの美男俳優で、身長180センチ以上のスリムな身体にアルマーニだかヴェルサーチだかの一流のスーツを着こなし、「華麗なる刑事」というTVシリーズでマグナム44をぶっ放しておられた草刈正雄さんに萌え萌えしていた女の子なら、きっと見たはずだ。

世界中がHIVウイルスで騒然とするずっと以前に、ウイルス兵器(あるいは未知のウイルス菌)による人類滅亡を示唆し、壮大なスケールで物語をお書きになった小松左京原作の『復活の日』。

『人間の証明』『野性の証明』といった文庫本の映画化で立て続けに大成功を収め、調子づいていた角川映画が破格の予算を積み、ハリウッド俳優はもちろん外国海軍の協力まで得て、「世界に通用する」とか何とかを謳い文句に総力あげて制作した作品である。

しかしながら、興行成績は今ひとつで、私の姉の話では、あの強気な角川春樹に「もう二度とこんな映画は作らない」とまで言わしめた一種の失敗作でもある。

それでも、草刈正雄が好きで、相手役のヒロインと務めたオリヴィア・ハッセーの神秘的な美しさにうっとりとし(たしかこの仕事が縁で布施明と結婚したんじゃなかったけな)、「いかにも」な角川の作りに多少なりと心動かされた人なら、決して忘れえぬ作品ではある。

なぜなら、例によって作品と同時に大々的にプロモートされた主題歌『You are Love』は、英語の歌にもかかわらず大ヒットし(『汚れた英雄』のローズマリー・バトラーみたい)、毎日のようにラジオやTVから流されていたからである。

冒頭の切ないフルートの旋律といい、英語の中に突如出現する「トゥージュルゲ・モンシェ~ル」とかいうフランス語といい、『You are Love』は映画の主題歌でなくてもヒットしたのではないかと思うほど美しい曲だ。

とりわけ、さびの部分の、

It’s not too late to start again

は、その頃、英語の授業で「Too~to」構文(~するには、あまりに~である)を習っていたこともあり、「やり直すのに遅すぎることはない」という意味やな……と、自然にリスニングできたことが妙に嬉しかったものだ。

時が経つにつれ、『復活の日』も『草刈正雄』のことも、遠い記憶の彼方に追いやられてしまったけれど、『You are Love』は「命あるうちにもう一度聴いてみたい曲」の一つであり、どこかに音源がないかなーとずーっと探していたのである。

で、先日、やっとYou tubeで見つけて、ホクホクの私。

なにせ、この『You are Love』だけは、日本で唯一残されているCD『角川映画メモリアル』にも、オーケストラパートしか収録されていなくて、それがダメなら、『アルティメイト・ベスト~ベスト・オブ・ジャニス・イアン・フォー・ジャパン~』を買うしかない幻の曲だったからである。

でも、ここにありました(^^)

この映画には、アメリカ何曲基地の提督として、ジョージ・ケネディが出演してるんですよね。
でも印象に残っているのは、草刈ちゃんと一緒にウイルスで死滅したワシントンのホワイトハウスに赴き、核ミサイルの発射を止めようとして、機械の暴発で亡くなったカーター少佐=ボー・スベンソンです。

アメリカが壊滅状態になる前、テンパーになった軍の司令官は世界戦争の妄想を抱き、大統領の死後に勝手に核ミサイルの発射装置をONにしてしまいます。

生き残った人々は、ウイルスの毒力が及ばない南極を唯一の聖地として、平和に暮らしてゆけるはずだったのに、ミサイルの標的にされてしまったことから、草刈ちゃんとカーター少佐がウイルスの渦巻くワシントンに決死の侵入を試みるのです。

しかし、二人の力は及ばず、ミサイルは発射されてしまい、南極基地も壊滅します。

生き残ったのは、ミサイルが発射される前に船で脱出したすべての女性と子供、そして選ばれた二人の男性(この中に草刈ちゃんの恋人オリヴィアが含まれる)だけでした。

彼らは南アメリカの山岳地帯に移り住み、細々と生き長らえていました。

すると、そこに死んだと思っていた草刈ちゃんが、ボロボロの姿で現れるわけです。

愛の力で、ワシントンから南アメリカの端まで歩いて帰ってきたんですよね。。。

『You are Love』は、そんな恋人たちの心情を歌い上げたもの。

深い愛の詩です。

What’s the time?
Where’s the place?
Why the line?
Where’s the race?
just in time, I see you face
Toujours gai, mon cher

You are the star
that greets the sun
Shine across my distant sky
when night is done
You’ll be the moon to light my way
Toujours gai, mon cher

It’s not too late to start again
It’s not too late
though when you go away
the skies will grey again
In the time that remains,
I will stay
Toujours gai mon cher

No regret
for the light that will not shine
No regret,
but don’t forget, the flame was mine
and in another place, in another time
Toujours gai,mon cher

It’s not too late to start again
It’s not too late
though when you go away
the skies will grey again
In the time that remains,
I will stay
Toujours gai,mon cher

Halfway measures go unsung
Take your pleasures while you’re young
Just remember, when they’re done,
Toujours gai, on cher

§ 関連商品

やはり出ましたか、それもスペシャル版で。(後にブルーレイも登場(泣)
キャスティングを見て、「おお、そう言えば、千葉真一も出てたなぁ。。でも何の役だったっけ?」と、草刈ちゃんしか記憶に残っていない私。
でも、草刈ちゃんの元恋人の看護婦を演じた多岐川裕美は良かったですね。
伝染病も末期的状態になり、助からないと悟った祐子が、病気の子供を連れて(草刈ちゃんの友達の子供)「お父さんに会いに行こう」と当てもなくボートを走らせるシーンが今でも印象に残っています。
多岐川さんは、こういう悲劇のヒロインを演じさせたら抜群に上手いですよね。
公開当時は興行的にはあまり成功しなかった作品ですが、今、こうしてAmazonのレビューで絶賛されるということは、やはり良作なのですよ。
私は泣けましたよ。

多岐川裕美の看護婦さん。ああ、古き佳き時代の、日本のナース・・という感じ。
復活の日

こちらが原作となったSF小説。執筆されたのは1964年というから驚き。
もちろん、映画とは微妙に異なっていて、小説の立場から言えば、映画「復活の日」は角川テイストに味付けされた亜流品。
でも、映画は映画として楽しませてくれるから、それで良しとしましょう(角川にアカデミックなものを求めてはいけない)。
私が原作を読んだのは中学生の時だったので、中身はほとんど覚えていません。
でもレビューの評価は高いですね。
機会があれば、もう一度、手に取ってみたいです。

タイトルだけ見たら美味しそうなんですが、ここに収録されている「復活の日のテーマ」はオケだけなんです(泣)
それでも、「野獣死すべし」や「悪魔が来たりて」は懐かしいですね。

1. 愛のバラード(犬神家の一族)
2. 人間の証明のテーマ
3. 悪魔が来りて笛を吹く
4. 復活の日のテーマ
5. 野獣死すべしのテーマ
6. 守ってあげたい(ねらわれた学園)/原田知世
7. 化石の荒野/しばたはつみ
8. 恋人も濡れる街角(蒲田行進曲)/中村雅俊
9. 少年ケニヤ/渡辺典子
10. 晴れ,ときどき殺人/同

こちらのCDもお薦めです♪
角川映画の名曲がずらりと並んでいます。
タイトルを見るだけで、あの場面、当時のことが思い出されますね。

1. 人間の証明のテーマ/ジョー山中
2. 戦士の休息/町田義人
3. 蘇える金狼のテーマ/前野曜子
4. 戦国自衛隊のテーマ/松村とおる
5. セーラー服と機関銃/薬師丸ひろ子
6. 汚れた英雄/ローズマリー・バトラー
7. 探偵物語/薬師丸ひろ子
8. 時をかける少女/原田知世
9. 里見八犬伝/ジョン・オバニオン
10. メイン・テーマ/薬師丸ひろ子
11. 愛情物語/原田知世
12. Woman ~Wの悲劇より/薬師丸ひろ子

Leave a reply: