命が大切なんじゃない、君自身が大事なんだ

君が周りの人に「死にたい」と言えば

たぶん みんな 口を揃えて言うだろう

命を粗末にするな 人生を大切に生きろ と

*

でも 

同級生にはいじめられるし やることなすことツイてない

好きな人には裏切られ 仕事もクビになった

努力すればいい、って言うけれど

今さら どこを どう直せばいいのか 分からない

そんな気力すら湧いてこない

こんなんで頑張っても知れてるし

オレみたいな人間は生きていても仕方ない

だから死のう

どうせオレが死んだって 周りのヤツは気付きさえしない

ほらやっぱり負け犬だって 笑われて終わり

だったらヤツらの笑い声が聞こえない所に行ってしまおう

こんなクソみたいな世の中も 自分とも お別れだ

etc

*

でもな 「死にたい」って気持ちは 一番人間らしい感情なんだ

犬や猫は自分から死にたいなんて思わない

人間だけが自分から死ぬことを考える

いわば 君は 今一番人間らしい感情の中で生きていて

言い換えれば それは 生きた♥を持っているという証なんだ

血の通った♥がある限り 人間として終わるはずがない

君が君自身を見限るには まだ早すぎる

*

そうして目を閉じると
 
誰かが優しく君の肩に手を置き 温かな眼差しで見つめていることに気がつかないだろうか

それは神様とか天使とかじゃない

10年後 20年後の君自身だ

死ぬな 

あと5年もすれば こんなスゴイ事があるんだぜ?

10年もすれば 今日の日を思い出して大笑いしてるぜ

そんな声が聞こえてこないか?

世界中の誰が見放しても 未来の君は絶対に君を見放さない

誰よりも強く 温かく 今の君を見守っている

そして 応援している

がんばれ くじけるな

お前はきっと やれるはずだ

つらいのは今だけだ 

あともうちょっとの辛抱だから

元気を出すんだ

*

そう励ます声が聞こえないか?

*

この世には 命より 人生より もっと大事なものがある

それは 君自身 

君という心の存在

人ひとりの心は 一つの宇宙にも匹敵する

愛 幸福 可能性 さまざまな光に満ちた ひとつの宇宙だ

そんな君の宇宙が消えるということは

この世から一つの可能性が消えることでもある

もしかしたら君は何かを作り出すかもしれないし

誰かを幸せにするかもしれない

君がコンビニで買うペットボトル1本

それを利益にご飯を食べている人だってある

君は必ずどこかで役に立っている

特別必要とされなくても 君なしの世界はあり得ない

それと同じように

君もいつか世界から素晴らしい贈り物を受け取る日が来る

君が世界との関わりを永遠に断ちさえしなければ

*

君を誰よりも深く見つめているのは 君自身だ

親とか友達とか恋人とかじゃない

だから 死にたくなったら 君自身とようく相談してごらん

そして 10年後の君に話しかけてごらん

今日 死んじゃっていいか?

お前 ほんとに 困らないか? って

もし どこかで 10年後の君が引き止める声が聞こえたら

死ぬのはもうちょっとだけ待ってみよう

そして 明日ももう一度 同じことを聞いてみるといいよ

Site Footer