女性と恋愛

クリスマスを大事にしてくれない男とは別れなさい

2011年12月22日

クリスマス、クリスマス!

中にはうんざりしている人もいるでしょう。

キリスト教徒でもないのに無節操な!

そう思っている人も少なくないでしょうね。

が。

世間がどう批判しようと、ミーハーと言われようと、恋人がいれば『一緒にロマンチックな夜を過ごしたい』と思うのが自然じゃないですか。

そうじゃない人もいるかもしれないけども、しんしんと雪の降り積もる夜、街いっぱいにきらめくイルミネーション、あたたかなキャンドルの明かり、優しいクリスマス・キャロルの響き──これらを見て、なーんにも感じない人の方が多分、少数派でしょう。

この季節は、老若男女問わず、ロマンティックな気持ちにさせる何かがあるのは確かです。

それは国境を越えても同じ事(南半球は別かもしれないけども)。

だから、きらきら輝くクリスマスツリーに「ロマンティックなひと時」を夢見ても、ちっともおかしくないし、そういう気分に水を差す人、なんにも感じない人、まるで関心の無い人は、もう最初から価値観が合わないのだと割り切って、自分の感じる気持ちを大事にしたらいいのだと思います。

それは男性だって同じ事。

さすがに、女性のように、クリスマス・キャンドルうるうる……とはなりませんが、このハッピー・ムードの中で、相手が我が子であれ、親であれ、「んー、ケーキでも買っていくか」という気分になるのが、大多数だと思います。

ということは、お付き合いしている女性に対して、「何かして喜ばせよう」という気持ちがないのは、「愛情がない」とまでは言いませんけど、大したことないんですよ。

たとえ思っているにしても、「クリスマスはロマンティックに」と考えているあなたと波長が合わないなら、根本的にミスマッチだし、クリスマスに限らず、プロポーズや結婚記念日、子供の誕生日、母の日、入学式、親族の集い、etc、人生のさまざまな場面で失望させられる可能性は大だと思います。

それはイベント至上主義ではありません。

本当に相手が大事なら「幸せなサプライズをしたい」と願うのが自然です。

たとえば、大好きなお父さんが定年退職を迎えたら、最後の出社日にはお母さんと豪華な夕飯を作って「ごくろうさま。今までありがとう」とねぎらったり、リタイアしたら本腰いれてやりたいと言っていた釣りの道具一式をプレゼントするとか、自然に思いつくでしょう?

初めてのボーナスをもらったら、親に何かプレゼントして返そうとか考えませんか?

クリスマスもそれと一緒。

商業主義うんぬんの問題ではなく、ハッピー・ムードのCMを見れば「何かプレゼントしたいなぁ」と思うし、雑誌でお洒落な店を見かけたら「こういう所に連れて行ったら喜ぶかも」とか自然に考えますよ、普通は。

そりゃもう交際が3年目、5年目にもなれば、「今年は家でレンタル映画でも見ようや」という話になり、お互いそれで納得するかもしれませんが、「人生で初めて巡り会った運命の彼女」と思えば、何か『特別なサプライズ』や『幸せな思い出作り』を考えるのが自然だし、そういう少女漫画みたいなのが苦手な男性は、他のやり方で『特別なもの』を伝えてくれると思う。

「仕事が忙しい」が口癖の彼氏も同じ。クリスマスがダメでも5月の連休には沖縄に行こうとか、正月明けのこの日にゆっくりデートしようとか、あなたが納得する形で埋め合わせをしてくれるでしょう。

にもかかわらず、何かおかしい、特別扱いされてない、と感じるなら、それはやはりその通りなのです。

「彼は俗っぽいのが嫌いでお祭り騒ぎが苦手」とか「土日(クリスマス)ぐらいゆっくり寝ていたいという彼の気持ちが分かる」とか、都合の良いようにストーリーを作り上げて、自分の不安や淋しさを誤魔化してはいけません。

そもそも、自分が「素敵だな、ロマンティックだな」と感じるイルミネーションやクリスマスツリーに、同じように心を動かされない男性と一緒に居て楽しいですか?(価値観や感性が違い過ぎる)

恋人らしく特別な一時を……と願うあなたを思いやりもしない人を、心の底から信頼できるのでしょうか。

『クリスマス(その他のイベントも含む)』というのは、相手の誠意を推し量るのはもちろん、感性や価値観を知る一つのキッカケでもあると思います。

そこではブランドのネックレスとか、三つ星レストランとか、「プレゼントの内容」は意味を持ちません。

肝心なのは、あなたに何か特別なものをプレゼントする気持ちがあるかどうかです。

そして、あなたが本当に欲しいのは、ネックレスでも豪華ディナーでもなく、あなたが特別な存在であるという愛の表現ではないでしょうか。

一方、高級アクセサリーでなくても、予約をとりそこなって大衆居酒屋に行くハメになっても、「彼女に何かプレゼントしようとした」彼の思いやりが理解できないなら、それはあなたの過ちなのです。

クリスマスに大事にしてくれない男とは別れなさい。

今年は理屈で乗り切れても、十年先、二十年先には、憎しみに変わっていると思います。

こちらも併せてご覧下さい。彼氏がクリスマスにプレゼントをくれない理由

P.S

重複になりますが・・愛情うんぬんはともかく、感性のツボが合わない相手と、自分に言い聞かせるようにして無理にくっついていても、幸せな気持ちにはなれませんよ、という意味もあります。

You Might Also Like