宮沢賢治『銀河鉄道の夜』と蠍の火 ~まことのみんなの幸のために

アニメ『銀河鉄道の夜』が話題になっていた時、まったく興味がなかったが(ますむらひろし先生の絵が、少女の感性にチョット受け付けなかった理由もある)、大人になって見返して、初めて物語や音楽、演出の美しさに気付いた。

宮沢賢治の原作がキリスト教的な慈愛と崇高の物語だということも。

特に『蠍の火』のエピソードが素晴らしい。

「どうしてわたしはわたしのからだを、だまっていたちにくれてやらなかったろう。そしたらいたちも一日生きのびたろうに。どうか神さま。私の心をごらんください、こんなにむなしく命をすてず、どうかこの次には、まことのみんなの幸のために私のからだをおつかいください。って言ったというの。

そうしたらいつか蠍はじぶんのからだが、まっ赤なうつうくしい火になって、よるのやみを照らしているのを見たって」

Wikiによると、アニメ化にあたって、ジョバンニやカンパネルラといった主要なキャラを「ネコ」として描くことに、宮沢賢治の実弟、宮澤清六氏は強く反対されたそう。

私も予告編で見た時は少なからず違和感を覚えたし、原作至上主義者なら作品を冒涜しているように感じたかもしれない。

だが、時を経て、じっくり見返せば、アニメに関しては「ネコ」でよかったのではないかと思う。

人間の子供だと、あまりにも生々しい。

ザネリの「お父さんがラッコの上着をもってくるよ」という苛めのセリフも、子供の顔であれば、いっそう、いやらしさが増しただろう。

ネコだから、幼い子供が見れば、ザネリも「いじわるネコ」というフィルターを通して受け止めることができるし、「死」という現実も、ファンタジーの中で消化することができる。

どのみち、人間死んだらどうなるのか、何処へ、どんな風に、魂が運ばれていくのかなど明言できる者はないわけで(言い切れるのは丹波哲郎ぐらい)、ジョバンニとカムパネルラの旅路も、「ネコと銀河鉄道」の夢物語でちょうどいいくらいなのではないか。

私も初めて見た時は、やたらと「ラッコの上着」が耳につき(堀絢子さんの声の演技も秀逸)、「ハレルヤ」のあたりで寝ちゃったりしたのだけども(スミマセン)、アニメはよく考えて作られた上作と思う。

とりわけ、客船の沈没で命を落とした女の子が語る『蠍の火』のエピソードが素晴らしい。声優さんは「中原香織」という方なのだけど、情報がない。でも、「ああ、わたしは今までいくつのものの命を取ったかしれない」「そしたら、蠍はじぶんのからだが、真っ赤なうつくしい火になって燃えて、よるのやみを照らしているのを見たって」の部分が素晴らしい。一部、演出でエコーがかかってるのが残念なほど。

細野晴臣の音楽も綺麗です。

どっかのツワモノがYouTubeに全編アップしているので、興味のある方は今のうちに。

宮沢賢治のいう『さいわい』は、世間一般に語られる「幸福」とは大きく異なり、宗教的、とりわけキリスト教的な意味合いが強いけれども、結局のところ、人が何をやっても虚しいのは、仕事も趣味も独り相撲で、誰の役にも立ってないという部分が大きいのではなかろうか。

自分の為に儲け、自分の為に生き甲斐を追究し、自分の為に栄達を目指し。

得たものが自分だけに帰しても、いずれ手応えをなくし、不安になっていく。

だからといって、命も捧げるほどの犠牲を払うことはないけれど、どこか他者のため、社会のため、という部分を取り置きしていると、何もかもが違ってくる。

「自分さがし」や「自己実現」が、いずれ頭打ちになり、次に進むべき道を見失うのはそういうこと。

そしてまた、『善なるもの』に、この世を離れた別世界に、常しえの幸せが用意されている、というファンタジーは、名もなき無力な善人の、最後に残された救いともいえる。(悪人がこの世にはびこるのは、現世の方が得だから)

実際、銀河鉄道なるものが存在して、カムパネルラも、沈没船で命を落とした子供たちも、星の彼方の楽園に運ばれたのかどうかは、丹波哲郎に聞いてみないと分らないが、「行ける」と信じる、その気持ちこそが、この修羅の世を生き抜く支えの一つであるのは間違いない。

ある人はそれを宗教と呼び、その象徴を神と仰ぐ。

*

「わたくしといふ現象は 假定された有機交流電燈の ひとつの青い照明です」

常田富士夫の詩の朗読が素晴らしい。

朗読って「読むだけじゃん」と思うかもしれないけど、「声に出して読む」って、予想以上に難しいですよ。
私も、外国人作家に頼まれて、日本語に翻訳された童話を朗読したことがあるけど、もう、情けないほどメタメタ。息は途切れるわ、声の強弱はばらばらだわ、やっぱトレーニングを受けたプロは違うなとしみじみ思ったものです。

アイテム

とりあえず、宮沢賢治の原作がどんなだったか、読み返したい方はKindleの無料版をどうぞ。

田中真弓、坂本千夏、納谷悟朗、大塚周夫、名優の演技が楽しめます。
作業用のBGMとしてもおすすめです。

細野さんって、こんな綺麗な音楽を作る方だったんですね。
YMOの頃のヤンチャなイメージが強くて、関心外でしたが、今、やっと良さが分りました^^;

オマケ

関連記事

永遠の命(機械の身体)を求める人は案外幸せなのかも『銀河鉄道999』より 『永遠の命』といえば、真っ先に思い浮かべるのが松本零士の『銀河鉄道999』の機械化人間。 女王プロメシュームを筆頭に、永遠の命を手に入れた機械化人間が宇宙を支配し、貧乏で機械の身体が買えない生身の身体の人間を襲っては「...
『北斗の拳』名言集 / 80年代カルチャーを振り返る 2006年、『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』なる新作映画が公開されたようですね。 また最近では「ラオウの追悼式」が催されるなど、いまだに熱烈な支持を得ているようで、リアルタイム読者としては本当に嬉しい限り...
梶原一騎の名作漫画 『愛と誠』 今は知っている人の方が少ないのではないかと思う、梶原一騎&ながやす巧の名作漫画です。 少年マガジンに連載されていた当時は大変な人気で、西条秀樹主演のTVドラマも制作されたし、懐かしのアイドル麻丘めぐみが、ヒロイン早乙女...
現代の『罪と罰』 ~ドストエフスキーの名作より~ ドストエフスキーの不朽の名作 『罪と罰』。 私がこの作品を本当の意味で“読める”ようになったのは、ニーチェや聖書を解せるようになってからだ。この作品を味わうには、まずキリスト教精神を知らねばならないし、《神無き時...

Site Footer

Sliding Sidebar

プロフィール

阿月まり

看護職を経て、旧共産圏に移住。
映画・音楽・本・漫画が大好きなオタク主婦です。
趣味は登山とドライブ。欧州の韋駄天を目指してます。
詳しくは<a href="/profile">プロフィール</a>を参照のこと。
お問い合わせは<a href="/mail">メールフォーム</a>からどうぞ。
<a href="/sitemap">サイト内の記事一覧</a>
Tumblrミニブログ「<a href="/sitemap">Poetry 言葉の倉庫</a>」