二人目出産は現実問題

先週末から子供が発熱して、ちょっと大変な数日を過ごしました。

幸い、土日が絡んで、夫がいろいろ手伝ってくれたので、何とか乗り切ることができましたけど、妊婦の身にはなかなか辛かったです(・_・、)

具合が悪くなると、どうしても、「抱っこ、抱っこ」の嵐ですからねー。

平素なら、私も根性で頑張るけど、今は、数分も抱いていたら、下腹部がずしーんと重くなって、ひどい時にはコチコチに張ってくるので、どうしても長くは抱っこできないんですよね。

二人、三人と産んでおられる方は、妊娠後期の時、上の子の「抱っこ」をどうされていたのでしょう。

これって、けっこう切実な問題です。

私もどんどん身体の動きが鈍くなって、大きなお腹が動作の邪魔になりつつあります。

にもかかわらず、「抱っこ」はもちろん、オムツ替え、お風呂、着替え、時には癇癪の相手と、上の子のお世話は、ほんとに待ったなし。

これからますますお腹が大きくなってくることを思うと、恐怖です。

一人目の時は、子供の誕生にあれこれ楽しい思いをめぐらせて、ウキウキ、ソワソワだったのですけどね。

二人目からは、ひたすら現実問題という感じです。。

今はまだ、第二子出産の時、上の子を誰に見てもらうかもはっきりしていないし、
最悪、夜中にお産が始まったらどうなるんだろう、って。

もちろん、誰かは来て下さるのだろうけど、みんな、仕事仕事で忙しいし。

つらいですよね、ホントに。。。

「子供は、お母さんの気持ちを察して、お母さんの産みたい時に、産まれてきてくれる」とも言うそうですが。

二人目には申し訳ないですけど、

「産まれるなら、休日のある5月の第一週、早朝陣痛開始→昼過ぎ出産コースにしようね」

と、お腹の子にお願いしているところです。

だって、そうじゃないと、もう回らないんだもの・・。

ああ、二人目って、いろんなところで犠牲になるのね(泣)

もっと明るい気持ちで、第二子誕生を喜べたらいいのだけど。

今のところは、現実問題に追い回されて、慈しむ余裕がないような。。

でも、しっかり胎動があるのは、嬉しいですけどね。

ともあれ、もう数ヶ月、頑張りましょう。

Site Footer