女性と恋愛

不倫でセックスするならお金をもらいなさいー独身女性・編ー

2014年8月24日

不倫といっても、いろんなケースがあるので、ここでは「独身女性」と「既婚男性」に限定して一説を述べることにします。

『妻』とは「社会的存在」である

独身女性が逆立ちしても理解できない、また想像すらできないこと。

それは「妻とは社会的存在である」という事実です。

愛人の独身女性にとって、愛する既婚男性の妻は「私より先に出会っただけのラッキーな女」「とっくに愛情が冷めてるのに、妻という名で彼を縛り付ける邪魔な女」「彼の人生の害悪」ぐらいにしか思えないでしょう。

でも、それは、あなたが「妻」というものを現実社会において経験したことがない──相手の男性と朝から晩まで、一年365日、共に過ごし、子供の入園・入学、職場の上司の葬儀、義母の入院、新年の挨拶回り、マンションの購入、市役所での手続き、等々、社会の真ん中で行動を共にしたことがないから解らないだけで、『妻』というのは、愛情があろうが、なかろうが、社会的に認められ、法律にも守られた『社会的存在』であり、それは実生活において、愛よりロマンスよりはるかに協力で確かな立ち位置なのです。

正直、「妻」というのは、愛だの恋だのをはるかに超越した存在といっても過言ではありません。

だから、夫に複数の愛人がいようが、何回も浮気しようが、平気な妻は全然平気。

愛人が「私の方が何倍も綺麗」「私の方が百万倍も愛されている」とキーキーわめきたてようと、屁とも思わない。

男は簡単に妻とは別れない、子供がいれば尚のこと、そんな単純に割り切れるものではない。

ということを、長年の積み重ねから、あるいは妻としての社会経験から、よーく知ってるからです。

その点、愛人は、社会においても、男にとっても、何ものでもない。

男の妻でもなければ、子供たちの母親でもない、友人でもなければ、同僚でもない。

仕事仲間に紹介できる存在でもなければ、家や車を購入する時、書類に連名することもない。

養う義務もなければ、守る義理もない。

隠れて、こそこそ逢うだけの存在。

それが愛人です。

彼にどれだけ愛されようが、「妻のことは何とも思ってない。君こそ最高の女だ」と言われようが、この社会において確かなものなど何もない。

あなたが病気や失業で生活の危機に瀕しても、彼には「社会的な配偶者」としてあなたを養う必要も無いのです。

「へー、大変だね」

それで終わりです。

たとえ愛情がなくても、妻であり、夫である以上、共に生活を支え、子供を養育し、法で課せられた義務を果たし、形だけでもペアとして生きて行く「夫婦」とは全く違う。

それを理解せずに、「愛があれば、それでいい」「悪いのは、奥さん」「勝っているのは私」で、ずるずると男の求めに応じてセックスして、期待して、幸せな振りして、愛されていると自分に言い聞かせて、若さと時間を完全に無駄にしてる。

多分、陰で友達や周りの信用も無くしてるであろう。

それが愛人です。

気付いた時には30の盛りも過ぎて、もうお嫁のもらい手もない。

この厳しい世の中で、女一人で生きて行くのも、安定した収入と健康な身体がなければ、相当に難しいですよ。

その現実に気付いてから、「しまった」と後悔しても、過ぎた若さや時間は元には戻りません。

だから、世間を知っている女性は、みな口を揃えて言います。

「不倫でセックスするなら、お金をもらえ」と。

そんなの売春婦みたい?

いえいえ、違います。

既婚男性が、あなたの人生を夫として守ることができないなら、それ相応のものを差し出すのが誠実というもの。

まとまったお金なり、住まいなりを提供し、面倒みるのが男の器というものですよ。

「いいえ、お金なんて関係ないわ。私たちはそんな損得の間柄じゃない。愛があれば幸せ」と思います?

では、その愛を、彼は何で証明してくれますか?

「好きだよ」「大切だよ」という言葉だけ?

時々、逢って、夕食を奢ってもらって、ラブホテルに行って、セックスするだけ?

それを一生続けてくれる?

そんなわけないですよね。

私が男ならね、若い独身女性の愛人をもったら、ちゃんとお金を渡しますよ。

妻と別れて、あなたと結婚する気がない(もしくは、出来ない)なら、後々のことまできちんとするのが誠意というものでしょう。

なぜか。

愛しているにもかかわらず、

あなたは正月やクリスマスを独りぼっちで過ごし、誰にも紹介できず、誰にも胸を張って自分の愛を語ることができない。

20代、30代の美しい時を、実りのない恋に捧げたにも関わらず、自分は男として彼女の人生も社会的立場も守ってやることができない。

彼女が自分のような既婚男性と付き合ったが為に、普通に結婚する機会も逸し、子供を産み育てる幸せも逃し、一生独りで過ごすことになったら、やっぱり申し訳ないでしょ?

それなら、せめてもの償いというか、誠意としてね、最低限、生活に困らないよう、まとまったおお金を渡すなり、ちょっとした財産になるような物を与えたり、何かの形で彼女の力になろうとしますよ。

それが「愛する女性」に対する、男としてのケジメの付け方です。

まともな男ならね。

10億よこせ、という話じゃないですよ。気持ちの問題です。

そんな先々の思いやりさえなくて、口先だけ、やりたいだけの男に無賃乗車させて、あなた、本当に幸せですか?

この世の誰よりも愛されていると思ってます?

はっきり言って、この手の話を一度もしない男は、あなたがこの先、どうなろうと知ったことじゃない。

愛人として関係を始めたものは、愛人として切り捨てられます。

それこそ手の平返したように冷たくなりますよ。

みな、それでオカシクなって、仕事も交友関係もダメになったり、ノイローゼになったり、最悪自殺したりしてるんですから。

「お金なんて問題じゃない。そんなものはもらわなくても、私は幸せにしてもらってる!」というなら、それでもいいでしょう。

でも、いつか、自分が愛人として切り捨てられた時、よくよく自分の姿を見つめてみれば、30過ぎて、若い男性に見向きもされず、大事な友達は失い、肉体的にも衰え、時間と若さだけ無駄に費やして、手元には何も残ってないことに愕然とするでしょう。

でも、男は何も失ってない。

仕事も今まで通り。奥さんと子供の家で普通に暮らしてる。

あなたのように、痛みもせず、苦しみもせず、平然とこれまでの日常を続けている姿を見た時、「男のずるさ」というのを身に染みて知ると思います。

そんな結末でも、何かしら、目に見える形で誠意なり謝意なり示してもらっていたら、納得できるんですよ。

実社会における男の愛というのは、一言で言うなら、誠意であり、責任感です。

それこそ、あなたの人生の先々までも思いやり、社会的にも守ってくれる。

情念の世界では法律も権利も、この世の法則とは無関係ですがね。

現実、男も女も日銭を稼ぎ、食べてゆかなければならない。

その重みと厳しさを知ればこそ、男子たるもの、女の人生を支え、守ろうとする。

それは男女同権、家事平等、とは、まったく別次元の話。

妻への愛は醒めても、責任は取ろうとするのがまともな男の感性です。

したがって、妻とは簡単に別れないし、まして子供があれば情念だけで離婚を決断したりしない。

一方で、あなたへの愛が本物なら、同じように責任を果たそうとする。

それを形として示すなら、現実社会においては「お金」が一番わかりやすく、実際的でしょう。

そういう意味で「お金」が大事だし、愛人にお金を使わない男は信用するな、ということ。

この意味が理解できる女性なら、簡単に既婚男性に身体を許したりしないのです。

既婚男性の恋は本物か?

恋をするのは自由ですよ。

真面目な既婚男性にも「憧れ」みたいなものはある。

こんな素敵な女性と、一度、食事ぐらいしてみたいなあ、って。

いつも職場で頑張ってる健気な女性に高級なフレンチでもご馳走して、ねぎらってやりたい、また、そういう自分の男っぷりを見せたいという願望もあるでしょう。

永遠の夢ですよね。

あるいは、若い女性に甘えられ、頼られて、むくむくと男らしさを取り戻す人もあるでしょう。

それは自然な感情だからしょうがないです。

女性だって、めちゃくちゃ格好いい男性がいたら、年甲斐もなくときめいたり、ちょっと不埒な妄想ぐらいするでしょう。

心の中で思うことまで責められないですよ。

しかし。

実際に行動するとなれば、話は別です。

とりわけ、妻子のある男性が独り者の女性に声をかけるとなれば、笑って済まされないことの方が多いです。

最初は誰でも「食事ぐらい」で始めるんですよ。

でも男女のことですから。

「ちょっとイケナイことをしちゃった」という共有の秘密でいっそう気持ちが盛り上がってしまう。

酒が入れば、ストレスがたまれば、簡単に肉体関係まで発展しますよ。

むしろ女の方が淋しさからウェルカムになりやすい。

独り者の女がいったん相手の男の身体を知ったら、そう簡単には離れられなくなる。

男はうしろめたさから距離を取りたがりますが、女性はいつまでも根に持ち、ぐだぐだ思い続ける傾向があります。

そのうち「ずるい」→「奥さんが悪い」という思考に走り、なんとか男の気を繋ぎ止めようとあの手この手で関係を続けようとする。

自分が遊ばれ、利用されたとは、意地でも認めたくないから。

好意だけで留めておけばいいものを、その場のノリで簡単に身体を許して、その後、火だるまみたいに悶え出すのは、たいがい女性が自分を買いかぶってるケースです。

自分は出来る女のつもり、愛されてるつもり、みたいなね。

その点、男の保守的な思考というのは、女が想像するよりはるかに計算高く、慎重、かつ冷酷。

男にとって最大に大切なのは「仕事」。その次が「家庭」。

それは妻を愛しているからではなく、仕事と社会的信用というのは家庭とワンセットになっているからです。

本当に性格の不一致で離婚するならともかく、若い女と遊んで、バレて、女房に三行半をつきつけられて・・なんてバレたらね。職種や立場によっては社会的に致命傷になるでしょう。

その辺り、男はとことん冷酷になれる。

愛人として始まったものは、愛人としてスッパリ切り捨てることができる。

だって、愛人には縁も義理もない、この社会において何ものでもないのですから。

いったん保守の体勢に入った男の心や考えを動かすなど、石地蔵に「遊ぼうよ」と言い聞かせているようなものですよ。

そこを理解せずに、愛だの恋だの、説得したって、相手の男にしてみたら「愚かな女。自業自得だろ」と思われるだけです。

もちろん、相手の女性を「素敵だな」と感じたのは本当だし、好ましく思う気持ちも本物でしょう。

でも、男にとって、それは「日常の一部」でしかない。

本気だけれども、自分の立ち位置に広がる世界の、ちょっとした木漏れ日に過ぎないわけです。

それが解っているから、まともな感性の男性は、下手に独身女性の期待をもたせるようなことはしないし、まして相手の女性の人生や将来を傷つけることはしたくないと考える。

自分みたいな男が手を出してはいけない、と。そこでブレーキがかかるわけです。

だから、「一緒に食事ぐらいしてみたなぁ」という願望があったとしても、

「君を食事に誘ったりしたら、きっと困惑するんだろうね」

という感じの会話になる。

もちろん保身の意味もあるけれど、本当に相手を思いやり、尊敬し、一人の女性として尊重するならば、安易に「ホテル行こう」にはならないのです。

どれほど相手の女性が好きで、年甲斐もなく恋してしまったとしても。

その思いやりが解るから、女性の方も、相手の男性の度量の広さや責任感を実感することができるし、たとえ二人でイチャイチャすることはなくても、いつまでもその愛と思いやりに感謝することができる。

男の愛の深さが心に染みるようになるんですね。

残念な考え方というのは、食事に誘われたり、「綺麗だね」と褒められたり、身体を求められたり、それが「愛の証」だと思い込んでるお目出たさです。

『男の愛がどこにあるか』ということを一度でも真剣に考えれば、デートしたり、プレゼントされたり、というのは、あくまで表層に過ぎないことが解ってくると思います。

『人間が本当に誰かを愛したら、どういう行動に出るか』ということを、一度、じっくり考えてみたらいい。

ただもう口先だけの言葉や優しい態度にすがり、「愛してるわよね」なんて100回確認しても、無責任な男は無責任に頷くだけ、あなたの為に真実の愛の行動など取りやしません。

それすら考えない、相手の本音を見ようともしないで、いつか男が自分を幸せにしてくれる、などと期待して待っていたら、気付いた時には「売れ残りのオバサン」ですよ。

妻の悪口を言う男は、あなたの悪口も言う

「僕の奥さんはだらしない」「落ち込んでいる時も知らん振り」「その点、君は何でもよく気が付いて優しいね」「どうして君みたいな女性に先に出会わなかったのだろう」「あんな女と結婚したのは間違いだった」etc。

だったら、離婚しろよ。

さっさと夫婦関係を清算して、新しい女とやり直せばいいだけの話。

でも、本気で離婚する気などないでしょ?

外で愚痴を並べてるだけ。

他の女とデートして、ストレス発散して、家に帰ってきたら何食わぬ顔で飯を食い、風呂に入り、奥さんが洗濯したパジャマを着て寝る。

それが男ですよ。

妻も愛人も面倒くさい。

だから平気で妻の悪口が言えるし、いざとなればネズミみたいに逃げ回り、あなたに全部、責任転嫁する。

器の小さい男です。

でも、そんな愚痴にウットリして、「奥さんはヒドイ。私なら何倍も彼を幸せにできる!」なんて盛り上がったら、相手の思うツボですよ。

次はあなたの悪口も言うでしょう。

酔っ払いの寝言を愛のささやきと勘違いするあなたは相当にお目出度い。

本当に妻に愛想が尽きて、あなたという女性と人生をやり直したいと思ってるなら、一も二もなく離婚して、あなたと婚姻届を出してくれるはず。

そうしないのは・・

離婚にまつわる手続きだの、説得だの、引っ越しだの、が煩わしいから。

あなたに対して、そこまでの情熱も思い入れもないから。

妻に愛情はなくなっても、ご飯があり、洗濯も掃除もできて、今までと変わらぬ生活がある暮らしに、そこそこ満足してるから。

新しい女と再婚したところで次の暮らしも目に見えてるし、あなたが素晴らしい女房になるとも思ってないから。

子供が可哀想だから。

はっきり言って邪魔くさいし、男にとっても失うものが大きい。

これらのハードルを乗り越える価値もない──というのが、あなたの存在でしょう。

片手間にセックスして、若さと男らしさを取り戻した気分になって、なおかつ元金ゼロ、相手は金をやらなくても黙ってやらせる、となれば、そりゃ都合良いですよ。

切る時も、「君だって承知の上だろ」で済みますしね。

また、上手い具合に離婚→再婚にこぎ着けて、愛する彼が手に入ったとしても、それが本当に理想の旦那かといえば、????????? 

彼の為にご飯を作ったり、住まいを快適に整えたり・・とか、外から眺めている時は幸せな事に思えても、結婚して日常になれば不満の種でしかないですからね。

にもかかわらず、お互いに幸せになれたとしたら、それは万に一つのラッキーケースでしょう。

でも、誰かを傷つけて幸せを手に入れたという後ろめたさは一生残るし、相手に子供があれば、彼が「子供たちの父親」であることは生涯変わりません。

恨まれるかもしれない。軽蔑されるかもしれない。

子供が成人するまで毎月の養育費を送り続ける人もあるでしょうし、あなたの大事な記念日より子供の誕生日を優先する人もあるかもしれません。

それでも今まで通り「素敵な男性」と思えるか、どうか。

『出会う順番が不運だった』

『好きになった人に、たまたま妻子があっただけ』

確かにそうかもしれません。

でも、多くの場合──相手の男性が本当に器の大きい、経験もフトコロも豊かで、女性を幸せにするに足る知恵や能力をもった人でない場合──女性の方が損するものです。

好きな気持ちは本物。

それだけでいいじゃないですか。

出会うのが遅すぎたと嘆いているうちに、また新しいのが現れますよ。

今度こそ本当にフリーで、実りのある恋愛ができる相手。

あなたが若さと時間を無駄にせず、取り返しのつかないところまで落ちない限りは。

馬鹿な風潮にのって、自分を見失わないようにしましょう。

それでも、その男と付き合いたい、セックスしたいと思うなら、もらうものは、きっちり、もらうのが賢明かと思います。

後々、何が起きても、納得できるように。

既婚者の不倫は「好きにすれば」

既婚者同士の不倫、既婚女性の不倫は、お好きにすればいいと思いますよ。

配偶者にバレて、人生も暮らしもめちゃくちゃになろうが、子供に死ぬまで馬鹿にされて、小遣いをせびる時だけ「ママ」と擦り寄られる間柄になっても、自分の責任ですから。

その点、若い独身女性は世間を知らない。

既婚男性の保守性も、狡猾さも想像が及ばない。

男にやさしい事を言われたら、素直に頷き、本気にする甘さがある。

ちょっと見方を変えて、一時の淋しさを堪えるだけで、いくらでも普通の幸せを掴むチャンスがあるのに、勿体ない事だと思います。

また、そういう弱さや淋しさに付け込んで、自分勝手する既婚男もおりますからね。

余計で先行きを心配しちゃうだけ。

自分が「いい」と思っているのであれば、それも好き好きでしょうけど、チラとでも『このままではダメになる』と思う気持ちがあるなら、今日からでも考えを改めて、生き直すことですよ。

チャンスと老いは待ってはくれません。

男性はみなエッチが好きで、遊び願望がある?

興味があるなら、周りの男性に真剣に尋ねてみて下さい。

もし奥さんや恋人のOKが出れば、他の女性と付き合ったり、風俗やプロのお店で遊んでみたいと思うか、って。

あなたの周りにいる男性がまともなら、かなりの確率で「No」と返ってきますよ。

格好つけて否定してるんじゃない。

「遊びとか風俗とか、男でもイヤ」という人、案外多いんです。

女性とお付き合いするなら、ちゃんと筋を通して、世間にも紹介できる間柄でいたい。

お金で女性を買おうと思わない。

見ず知らずの女性と1回ポッキリで愛のないセックスして楽しいとも思わない。

「そりゃまー、めっちゃ自分の好みのタイプとか、相手の女性にベタ惚れされて・・とか、状況によってはコロリといくかもしれんけど、基本、遊びたいとか、二股かけたいとか、思わんね」って。

男性のみながみな、女を見れば目の色を変えて「させろ、やらせろ」で遊ぶわけじゃないんですよ。

めっちゃ男前のモテモテ君でも、真面目な人はとことん真面目。

「そんなわけない」と思うなら、身も心も地位も仕事も一級品の男性に出会ったことがないだけの話です。

女性でも、そうでしょう。

みながみな、ホストクラブで遊びたいわけじゃないし、月々100万の小遣いをもらえるからといって、なりふり構わずセックスするわけじゃない。

恋愛するなら、心の底から愛し合って、いつかは夫婦として結ばれて・・という人の方が多数ではないでしょうかね。

確かに、男と女では、考えの違いや性的な違い、いろいろありますけども。

真面目で、堅実で、賢い人も、まだまだたくさんいます。

嘘だと思うなら、周りの男性に聞いてみて下さい。

そういう話もサラリとできるようになれば、口先だけの男に騙されることもないと思います。

You Might Also Like