育児と家庭

子育てが辛い時

2005年9月8日

子育てしていて、「つらいなあ」と思うのは、自分の時間が思うように取れないことだ。

趣味やお付き合いの時間はもちろん、一人でゆっくり昼食を取ることも、おトイレに行くことも、ほんと、一杯のお茶さえ飲む余裕もなくて、泣きそうになることがしょっちゅうだ。

特に、私みたいに、独身時代、自分の好きなことに時間とお金を存分に注ぎ込んで、リラックスしたり、ステップアップをはかったりしていた者にとっては、気力、体力、時間、すべてを、子供に底なしに捧げなければならない状態って、ほんと、拷問に近い状態だったりする。

「あ、やっぱ、私は子育てなんか向いてないのかも」

って、落ち込んだり、自分を責めたりすることもしばしばで、そういう時、独身時代の、一人の部屋が、無性に懐かしくなったりするのだ。

            →人間って、勝手ですよねー(; ;)

こんな時、心に思うのが、歌手の加藤登紀子さんの言葉。

『元気を出前!』というメルマガで紹介されていたものです。

  「鳥はなぜ飛んでいるの?

   飛ぶように生まれてきたから。

   人間はなぜ生きているの?

   生きるようにできているから。

   理由なんていらない。

   おなかがすいたら食べる。

   けがをすれば癒す。

   生きることに目的も理由もいらない。

   生きることの中に答えがある。

   それが命だから」

   加藤登紀子(毎日新聞「この人、この時」のインタビューで)

=============================

 昨年、デビュー40年目を迎えた加藤登紀子。

 今年の歌のターゲットは「男性と若者」に決めている。

 彼女の目に、団塊世代を中心に男性は元気がないと映る。

 そして、若者も悩んでいると。

 生きる意味を考えすぎ、歩き出せなくなる人もいる。

 「でも、気づいてほしい」と、

 彼女は上記のメッセージを投げかけるのだ。

 同じインタビューで、子育てについて語っているところも、感動的だ。

 彼女は3人の娘を育てた。

 育児の間は自分の時間が思うように取れず、イライラもした。

 しかし、3人の娘が育った今、こう思うのだ、、、。

「夕暮れの市場を歩いていて、ふと子育ての時代を思い出し、

 懐かしくて嗚咽してしまうこともあるの。

 もう、あの暮らしは戻ってこないって」

「子供と歩いた道、一緒にお風呂に入った日々、

 子供がいるだけでほかのすべてのことが消えてしまう、

 そういうひたむきな時間がこんなにも懐かしい」

 そして、「私は子供を産んだことで自分の命の出発点が見えた」と、語る。

【発行者】ちょっとg-news 矢吹ふみお

【ホームページ】 http://www.g-news.net

—————————————————–

なんか、とてもとても・・心にしみる、いい言葉でしょう。

「今だけ」なんですよね~。

それはもう、分かりすぎるほどに分かってるけど、それだけでは収まりつかない、今日のわたくしでした(`´)ノ☆

記:05年09月08日

You Might Also Like