びっくりテロリスト 親にびっくりすることを強要する子ども(駄)

子どもは、親にびっくりされるのが好きです。

「びっくりさせる」のではなく、「びっくりされる」。

だから、子どもが何かしたら、大げさなくらいびっくりして見せなければなりません。

「あ~あ~あ~、めちゃくちゃビックリした」「スゴすぎて、心臓が止まりそうになった」「スゴイ、スゴイ、スゴ~~イ」

それも口先だけでなく、心の底から驚かなければなりません。

びっくりが足らないと、見破られて、子どもの気持ちを傷つけます。

いつ、いかなる時も、最高のびっくりを感じて示すことが親の務めなのです。

そのうち、子どもは親にびっくりすることを強要するようになります。

私はこれを「びっくりテロリスト」と呼んでいます。

本来、自然な反応であるべき「びっくり」を相手に要求し、何が何でもびっくりさせようとする。

そして、びっくりの仕方が足りないと、「もっと、びっくりして!」と言われるし。

これをテロと呼ばずに何と言いましょう(笑)

毎日、びっくりさせられて、母のびっくりメーターはもう臨界点でございます。

まあ、でも、びっくりすることは毎日のようにあるね。

突然、文字が上手に書けるようになったり。

お片付けが上手にできたり。

私の用事を手伝ってくれたり。

「子どもの一日は大人の一週間」とか言われるけども、本当にそう。

あっという間に何かを身につけて、びっくりさせてくれる。

親孝行なやっちゃ、とつくづく思う。

なのに、これ以上、何を望むことがある?

愛は等身大。等身大とは、プラスアルファを望まないこと。

そのまんまの子どもをいとしいと思えることが、母にとっては一番幸せ。

その幸せに気付かないと、子育ては「辛い」だけで終わってしまうんだろな。

関連記事

そのプレ虐待は、きっと止められる! 年子育児が一番つらかった「3歳&1歳」の頃、繰り返し読んでいた本に、 『どうしても感じてしまう 子育てストレス みんなどうしているんだろう?』 (主婦の友編集部・編 / 主婦の友社・発行) というものが...
子育てが辛い時 子育てしていて、「つらいなあ」と思うのは、自分の時間が思うように取れないことだ。 趣味やお付き合いの時間はもちろん、一人でゆっくり昼食を取ることも、おトイレに行くことも、ほんと、一杯のお茶さえ飲む余裕もなくて、泣き...
さらば、子供用補助椅子 ~サバイバル食生活~ ついにネジも抜け、カバーもめくれ上がってボロボロ……涙のゴミ捨て場行き。 ※画像紛失 ここまで使い込まれたら本望であろう子供用補助椅子。 上の子が9ヶ月になって、離乳食の回数も増えた頃、抱っこして食べさ...
子供を産んでよかったと思うこと 「子供を産んでよかったことは何ですか」と聞かれたら、「それですべてのことに納得が行くから」と答える。 10代、20代の青写真から比べたら、私も本当に思いがけないところに流れてきたな、という気持ちが拭えない。 ...

Site Footer

Sliding Sidebar

プロフィール

阿月まり

看護職を経て、旧共産圏に移住。
映画・音楽・本・漫画が大好きなオタク主婦です。
趣味は登山とドライブ。欧州の韋駄天を目指してます。
詳しくは<a href="/profile">プロフィール</a>を参照のこと。
お問い合わせは<a href="/mail">メールフォーム</a>からどうぞ。
<a href="/sitemap">サイト内の記事一覧</a>
Tumblrミニブログ「<a href="/sitemap">Poetry 言葉の倉庫</a>」