「嫌われる」は「愛される」 個性とは著しい反応なり

1980年代、アイドル全盛期の話である。

若い女性を対象にアンケートをとったら、「好きな女性タレント」に1位も松田聖子なら、「嫌いな女性タレント」の1位も松田聖子だった。

この結果に、聖子サイドは慌てるどころか、ほくそ笑んだという。

松田聖子はそれだけ存在感がある、という証だからだ。

実際、松田聖子ほど、バブル世代の女性に影響を与えたタレントもないと思う。

「恋も、仕事も、ガッツで手に入れる! 欲しいものを『欲しい』と言って、何が悪いの?!」という生き方を身をもって宣言したのが聖子だった。

それまで、山口百恵のように、

「愛する男性に嫁ぎます。これからは一人の妻、一人の母として、家族に尽くして生きていきます」

というのが女性の模範像のように思われていたので、聖子のように、恋も仕事も真正面から取りに行く大胆かつポジティブな生き方は、ある人にとっては鮮烈だったが、一方では嫌悪を掻き立てた。

当時の女性誌も、「あなたは百恵的生き方? それとも聖子的生き方?」という特集を組むぐらい、聖子の芸能人として生き方は、世の女性のみならず、男性までも立ち止まらせずにいないような、強烈なインパクトを放っていたのである。

しかし『個性』というのは、そういうものなのだ。

それは「百恵ちゃんが個性的でない」という意味ではない。

百恵ちゃんも、「昔ながらの女性の幸せを体現した良妻賢母」というキャラクターにおいては、一つの個性を生きたタレントに違いない。

そして、聖子の場合は、「嫌いな女性タレント1位」という、芸能人にとっては命取りのようなアンケート結果さえ逆手にとって、自分を売り込むだけのエネルギーと図太さがあった。

いわば、「個性」というのは「万人受けする美点」ではなく、人が反応せずにいない「強烈な一面」を差すのだ。

言い換えれば、「人に嫌われる」という要素は、「愛されること」と表裏一体と言える。

もちろん、生活がだらしないとか、ウソをつくとか、思いやりがない、とか、誰もが嫌がるような欠点をそのまま放置して「これが個性だから」と開き直っているのは愛の対象になりにくいが、「うっとうしいほど几帳面」とか「やたらガンダムに詳しい」とか「すぐ感動して泣く」とか、どうにも変えようのない性質というのは、ある人にとっては非常に理解しやすいからだ。

何かで激しく嫌われたら、別のところで深く愛されるチャンスがあると思えばいい。

一人に否定されたからといって、項垂れる必要は決してない。

人に限らず、モノでも、何でもそう。

「否定」の背中に、「チャンス有り」である。

Site Footer