メルマガ書庫

政治家 たんに就職しただけ

2000年7月23日

文:中野 翠
満月雑記帳より
サンデー毎日00/07/23号

政治家、特に自民党の政治家の言動を見るたびに、私の頭にはある一つの言葉が浮かぶのだった。「就職」という言葉である。
あの人たちはべつだん政治家になったわけではないんだな。たんに政界という特殊業界の中の、自民党という特殊会社に就職しただけの人たちなんだな。だから一般サラリーマン同様、自分の会社のことしか考えないんだな。内側(業界内競争と社内人事)にしか目が行かないんだな──と。
政治家というのは国の運命を左右する空おそろしい職業だなんて、政治家自身も一般国民も、もはや全然考えていない。

…(中略)…

社民党公認、比例区で最年少当選した女性銀(25歳)が初登院した時に、
「いい就職しました」「政治家は楽しい仕事です」「25歳になったらみんなどんどん立候補しましょう」
うんぬんとコメントしていたのだ。
こういうコメント、他の人はなんとも思わないのかなあ。若い子らしくてほほえましいなんて思ってしまうのかなあ。私は凄く不愉快だったんですけど。
何が不愉快かというと、政治家になるということを「私の人生」の中でしか語っていないところだ。個人的サクセスストーリーとしてしかとらえていないところだ。
「国」だの「社会」だのより、「自己実現」だの「私探し」だののほうがたいせつと思っている種類の人という感じが匂ってくるからだ(そういう人はいてもいいけれど、政治家にはなるべきではない)。

与党おやじ議員は権勢欲や金銭欲を求めて政界に就職した。野党議員の女の子議員は「自己実現」を求めて政界に就職した──もしもそうなら、どっちもどっちじゃないか。
「俺」だの「私」だのだけがあって、「公」という意識が希薄なのは同じじゃないか。

ところで、つい先日、『もろびとこぞりて──思いの場を歩く』(与那原恵 著 、柏書房)という本を読んだ。
ドクター・キリコ事件や不妊治療問題や「ひきこもり」問題などが投げかける謎を鋭敏な感覚で探ったノンフィクション。快著である。
その中の一章に、政治家志望の若者たちに関するリポートがある。
著者は政治家志望の若者たち数名に会った感想をこう記している。
「彼らの政治家への動機は、つきつめれば彼ら“個人の物語”にあるのかもしれない。価値観が溶解した現在、自分の在処を求める選択のひとつとして政治家への道があるのではないか」
「それはたとえればこんな話に似てないか。文芸雑誌がまったく売れないのに、新人賞の応募には販売部数異常の人が作品を送ってくる。プロの作家の作品をパラパラと読み、“この作品ぐらいなら私にも書ける”と思うらしい」
「現在の日本の政治も、若者たちにとっては“これなら私も政治家になれる”と思う程度のものなのだ」
同感。まったくその通だと思う。

…(中略)…

「見て見て、私を見て」タイプの女の子の中には俄然、政界に注目した子も多いのではないかと思う。芸能界より政界のほうが目立ちそう、比例区なら案外ラクそうじゃない?──なんて。
書いていて、我ながら厭な性格だと思った。こと政治に関しては、私は「女」にあんまりファンタジーは持てないのだ。

みんな、結局、「ワタシが一番」なのよ。
誰かのために、国のために、なんて発想はもう一昔前。
自分さえ良ければいい、それが現代の顕著な風潮なのさ。

政治もとっくに私物化されて、今じゃまるで隣町のサークルのよう。
坂本竜馬に西郷隆盛、勝海舟に高杉晋作……本当に彼らを輩出したのと同じ国なのかと思う。
あれは一体、いつの時代の話?
凋落するのがあまりに早過ぎないか。

だけど、政治家が悪くても、そこそこに食えるからね、今の日本は。口では「反省を」「改革を」と言いながら、その実、本当の改革なんて少しも望んではいないのだ。そこまで切羽詰まっていないから。

それにしても新しい発想だなあ。
自己実現のために政治家になる。
ワタシ主義もとうとうここまで来たかという感じ。

そりゃ、誰だって、滅私奉公などしたくないわな。

行き着くところ、自分が大事。
世の中、それで成り立っている。
だけど、そうまで固執する自分にどれほどの価値があるというのか。

みな、自分を過大評価しすぎ。

You are here

エッセー > メルマガ書庫 > 政治家 たんに就職しただけ