Notes of Life

三高も結婚願望ももう古い?! 女の事情

2000年7月21日

三高も結婚願望ももう古い?!
斎藤美奈子の誤読日記
週刊朝日00/07/21

このタイトルを見て誤解した人もいると思う。「フォーウーマン」を謳うアエラ特別編集『わたしの結婚』。高学歴・高キャリア女性に支持者が多いといわれるあの「アエラ」がこんな別冊出しちゃっていいのォ、とか。
いやいや、みなさん、この表紙に騙されてはいけません。流行のウエディングも、豪華な結婚式場案内も、夢のハネムーン情報も、この本の中にはない。巷の結婚情報誌が掲げる結婚が「ウェディング」「ブライダル」の別名なら、『私の結婚』が言う結婚はズバリ「マリッジ・ライフ」。
〈働く女性にとって、仕事と結婚生活の両立は今なお難しい課題。「ありのままの私」を理解してくれ、互いに支えあって生きていける『魂の片割れ』は、必ずどこかにいるはず〉
おわかりでしょうか。そう、本書は、社会の第一線で働く女性が、仕事も自分も犠牲にせずに幸せな結婚生活を手に入れるにはどうするか、を教えてる未曾有のガイドブックなのだ。
こう言う本を「フォーウーマン」と限定しちゃいけませんね。問題の元凶は男、結婚に甘い夢をみているのも男なんだから、現実を直視して愕然としていただくためにも、既婚男性&独身男性にこそ読ませなくっちゃ。
気合入ってるよぉ、どの記事も。

▼ 理想の結婚を手に入れるには、まず相手の質が肝心だというわけで、(彼の結婚力をチェックする)
▼ 結婚退職した人のその後をレポートしつつ、退職は損だよーとやんわり示唆する(わたし、結婚退職しました)
▼ 夫婦別姓を貫くには、事実婚と通称使用のどちらが得かを検証する。(事実婚の仕方、教えます)
▼ 日本の男は話にならん。ならばということで(国際結婚を選んだ女性たち)

痒いところに手が届く編集。届きすぎて怖いほど。高偏差値な女性にとって、結婚は狙って取りにいくものなんだね。情報を集め、周到な準備をして臨む。このノリは、大学受験や就職戦線を勝ち抜いてきた人ならではのものだ。「結婚願望はもう古い。これからは計画結婚だ!」って感じかな……。
しかし、もしも私が男だったら……。
こんなに面倒くさい女と結婚なんかしたかねーや、と思っちゃうね。さらに私がパート主婦だったら、シラーっとした気分になりそうな気がする。
ここが問題。よく考えてみると、この本の情熱は「三高の男をゲットして専業主婦になってやる」と考えるお嬢さんたちとあまり変わらないのだ。
方向性が「リベラルな男をゲットして家庭と仕事を両立させてやる」というだけで、理想の結婚を求める真剣さ、ひたむきさ、本気さ、前向きさは同じ。
そこがおもしろいが怖い。

あはははっ て感じ(笑)
早い話が、どんな女も楽して生きたいってことね。
自分のタカラは目減りさせずに。
それにつけても、女はいつからこんなに貪欲になったのだろう。
いや、「いつから」というより、「元々」貪欲だったのだ。
それが得体の知れないリベラルな空気と価値観の変容によって、奥ゆかしい女性の美徳やらが崩壊し、女本来の業突く張りが露になった──というのが、正直なところだろう。

女って、何でも際限なしに食い尽くす生きものなのさ。

「あれもこれも捨てがたい」「誰よりも幸せになって他人を見下したい」etc
現代の女は欲望の塊。
自分の欲望さえ満たされれば、それで良い。
誰よりも華麗に贅沢に結婚生活を謳歌し、他の女どもの羨望の的になりたい、というのが本音だろう。
だから夫君の親が寝たきりになろうが、独居老人になろうが、ワタシの人生には関係ない。
尿瓶片手に、くさいジジイの下の世話なんかやってられっか!
というノリで、一生楽させてくれる男を探しているのが、現代、晩婚化の真っ只中にいるシングル・ウーマンの実像かもしれない。
結婚って、妻と夫二人だけのセレモニーではないのだけどね。

だけど、ヒカルに言わせれば、男も女も、楽したいだけの話じゃないかと思う。
自分可愛さゆえに、
「恋愛できない」「結婚なんて重荷を背負いたくない」「いつまでも楽したい」「この気楽な独身生活が失われるのはイヤ」etc
と、結婚への望みは高まるばかり。
今じゃ、三十代シングルも当たり前の時代だもの。
あれやこれやとシガラミを抱え、お金のやりくりにヒーヒー言いながら、日々の生活を立てるなんて面倒くさいことより、世の中にはもっと楽しいことがあるからね。
パートナーへの三高主義は退化しても、結婚生活への三高主義はますます強まる一方だろう。

そのくせ、自分に構ってくれる心優しいパートナーは欲しい。
一生、独り者のレッテルは貼られたくない。
一人で生きていくなんて耐えられない。

カモがネギしょって歩いてくるように、「一生ワタシを愛し、食わせてくれる金持ちの彼」が現れれば、言うこと無いのだろう。
孤独も胃袋も一気に埋めてくれるような、何でもアリの男がね。

結局、無いものねだりなのだ。
ワタシは与えられて当然の人間だと思っている「くれくれ坊主」が大半で、何かを成り立てるために、何かを犠牲にするなど考えもしない。
こんな贅沢な望みを抱えてたら、一生待っても結婚なんてできないだろう。
男だって、逃げて行く。
世の中、お姫様ばかりじゃないからね。

計画結婚だろうが、突発結婚だろうが、二十年、三十年経てば、どこの夫婦もさして変わりない。
バラ色の結婚生活もいつか色褪せる。
ハンサムな夫も、ニ十年たてばただのオヤジだ。
三十年後にはリストラされて、無職Aになっているかもしれない。
それより、旦那が病気になろうが、無職になろうが、一生添い遂げたいと思うような相手を選ぶべきだろう。自分の何かを犠牲にしても一緒に暮らしたいと思うような相手を。

この世に、「結婚しない人」なんていない。
「結婚できない」が大半と思う。
そしてその最大の原因は、「あれも欲しい、これも欲しい」という己の貪欲なのだ。

どこかで腹をくくった女がウェディング・ベルを鳴らす。

*

女性のためにならない年金の専業主婦“優遇”
ペイオフ時代のマネー・クリニック
文:中村芳子
(ファイナンシャル・プランナー)
週刊朝日 00/07/21 号

怖いほど少子化が進んでいます。一人の女性が生涯に産む子供の数(合計特殊出生率)が、1999年は1.34人と最低記録を更新しました。
「女性の晩婚化」と「女性の非婚化」が原因というコメントを多く目にしましたが、これはちょっと変。男性も同じ傾向のはずなのに、すべて「女性の問題」としてとらえている点からして、問題解決の糸口さえもつかんでないなあと情けなくなります。

…(中略)…

同じ専業主婦なのに、夫が自営業者なら妻は国民年金の保険料を自分で払う義務があること。
収入のない学生は国民年金保険料を払う義務があるのに、パート収入がある第三号妻(サラリーマンや公務員などの妻)には義務がないこと。
夫がリストラや独立などでサラリーマンでなくなると、第三号の特権も同時に消失すること、の三つです。
さらに、年収130万円の壁が、もっと働きたい妻のチャンスを減らし、労働時間を抑制し、資金(時給)も頭打ちにする弊害を生んでいます。
そして、最大の難点は、
「女は専業主婦しているのが一番得なんだよ」
というメッセージを国が送り続けていることです。

…(中略)…

一見、女性優遇と見える対策が、専業主婦と働く女性の双方に、子供を産みにくくさせている現実があります。
少子化によって年金や健康保険制度が財政危機に陥っている今こそ根本にかえり、女性がどの生き方を選んでも、安心して子供を生み育てられる社会をつくらないと、出生率が今後も下がり続けることは目に見えています。
これまでのように、男ばっかりで考えていてもラチはあかないので、当事者である女性を多く交えて対策を練って欲しいものです。

皆さん、あまり切実に感じてないようだが、少子化問題はかなり深刻だ。その重さに気づく頃には、重税と高額保険料でヒイヒイ泣き叫んでいるだろう。
日本の産業も右下がりで、どうなっているか分からない。

だからといって、女性にばかりその原因を求めるな、というのは良い意見だな。
女一人で子供が作れるわけじゃないのだからね。

「自分可愛い」は何も女に限ったことじゃない。
女房子供を養うなんてとんでもない、いつまでもお母様の息子でいたい、という男は非常に多い。
お前、いつまで母親にパンツ洗わす気やねん、て感じ。
現代男性を去勢したのは、その母親に間違いない。

ま、こうして結婚する人も、子供の数もどんどん減少して、日本がいよいよ本格的に落日を迎えれば、またそのどん底から綺羅星のような人材が多数輩出されることだろう。

ニたび、最悪の時代を経験するのも良いかもしれない、今の能天気な日本人には。

おそらく、二十一世紀後半には、賢い日本に戻ってるんじゃないかしらね、ウン。

You Might Also Like