世界最強の美尻ミュージックVIDEO『Alex Gaudino * Destination Calabria』

日本でも人気があるのでしょうか、アレックス・ガウディーノ。

こちらの記事にもありますが、2007年にリリースされた、比較的古い楽曲ながら、YouTubeでもぶっちぎりの再生回数を誇っています(いまだに)。

アレックス・ガウディーノ、世界中の男性陣を釘付け?

そりゃもう、この曲が東欧でもヒットして、大手家電のTV売り場で毎日のように流されていた頃、男性客がモニターの前に釘付けになり、陶然と見入ってましたからね。

それこそ、売り場に何十台と並ぶモニターに一斉に「美尻」が映し出されるの。

今もあれを上回る衝撃のボルテージは見たことがございません。

そんでもって、音楽もノリノリ。

メロディもリズムも単調だけど、サックスが効果的に使われて、一度聞いたら忘れられません。

ここまでヘルシー、かつ明るくお尻ダンスされたら、「いやらしい」を通り越して爽快ですらあります。


同性として、ここまでプロポーションが素晴らしいと、生きていても、さぞかし楽しいだろうなあと羨ましい限りですよね。

女は顔じゃない、とか。

これからはキャリアアップとか。

仕事がどうとか。

そんなものは、「ああ、悔しい」を言い換えた負け犬の遠吠え。

やっぱり、女は顔。

ぷりぷりのお肌に、綺麗なお尻、見惚れるほどの豊かな美乳がいいに決まってますやん。。。

私も一度、こういう完璧なボディに生まれついて、毎朝、鏡を見る度に、「私って、なんて綺麗なのかしら」と溜息ついてみたいですよ。

毎朝、魔法の鏡の首を締め上げて、「綺麗と言え、コノヤロー!」なんて凄む必要もないですしね。

でも、ホントに、どーやったら、こんな綺麗な身体になるのかしら。

多少はPhotoshopみたいなエフェクトが入ってると思うけど、そんでも、あのむっちりした足の細さや、ぷりんと切れ上がったお尻の丸み、雪のように白い肌は、天の恵みでしょうね。

私もこんな綺麗な身体に生まれてたら、んー、とりあえず、歌って踊れるグラビアのモデルでも目指すかな。

堂々とビキニも着るし、ぴちぴちのミニスカートも履く。

肩出だしのサマードレスや、腰のくびれたマーメイド・ドレスなんかも、ぴたりと似合うんでしょうね。

ああ、羨ましい♪

*

女性にとって、美しさというのは、立派な才能の一つですよ。

顔立ちが整ってても、周囲に「美しい」と感じさせる人なんて、一握りですもん。

そういうと、蔑視だの、セクハラだの、目くじら立てる人もあるけれど、学力に差があるように、女性の美しさにも差はあって当然、地頭のいい人がそれを活かして身を立てるように、美しい女性も、自分の美しさを糧に、豊かな人生を生きればいいんです。それは媚びとも、蔑視とも違います。

Destination Calabriaが男性に異様に受けているのを見て、「これだから男はいやらしい」なんて思わないで下さいね。

私には、このお尻ダンスを見て、「ほ~~~っ」と心を奪われる殿方の気持ちが分かります。

元気で、可愛くて、セクシーで。

世の女性に本音を漏らそうものなら肘鉄を食らう男たちの、心のオアシスですよ。

YooTubeのコメントも面白い。

これだけ殿方のハートを熱く悦ばせることができるのも、女性の一つの才能です。

私がこんな格好して踊っても、だーれも悦ばんからね(・_・、)

*

ちなみに、フィーチャーで歌ってるCrystal Watersもチャーミングですよね。(一瞬、ちらっと顔を見せて、いたずらっぽく笑う表情が好きだわ)

日本ではコンピレーションアルバムの中に収録されてるみたいです。