ドビュッシー 『組み合わされたアルペジオ』『小組曲』『水に映る影』

ドビュッシーの音に色はない。

風や光に色が無いように、ドビュッシーの音楽にも色は見えない。

なぜだろうと思って音の底を覗いてみると、そこに形がないからだ。

「天国」や「妖精」がそうであるように、ドビュッシーの音楽も観念の世界として心に響いてくる。

人が「月」を思えばそれは月になり、「海」を思えば海になる。

色も形もない透き通った音楽に、どんな印象でも反映することができる。

ドビュッシーの音楽を心地よく感じるのは、そこに自由な羽ばたきを感じるからだ。まるで自分の心の音を聞くような陶酔感。

どんな風にでも音と戯れることができる。

そのあたりが、ベートーヴェンやブラームスを聴いていると、時々、疲れてしまう所以だったりする。

こういう音楽を一枚の絵に描き、白い回廊に一列に並べて、朝の光の中で眺めることができたなら、それはきっと天国と呼ぶにふさわしい清々しさだろう。

光を紡ぎ、音のように跳ねる。

ドビュッシーのアルペジオ。

§ 特にお気に入り

ドビュッシーと言えば、たいがい『月の光』が入り口で、私も例にもれず、子どもの頃から憑かれたように聞いていたのだけども(ちなみに当サイトの最初のホームページ名は『Clair de Lune』)、その次に惹かれたのがこの曲。それも「アレクシス・ワイセンベルク様の演奏に限る」というのが前提。

なんかもう、手の平から光の粒がポロポロこぼれ落ちるような透明感で、この世のものとは思えない。

組み合わされたアルペジオ(≪練習曲集≫第2巻から)

他にも、ホロヴィッツ、エミール・ギレリス、ポリーニなど、名手による演奏がUPされていますので、興味のある方はぜひ。

*

こちらはフランス版『ちいさい秋みつけた』。

ピアノ4手連弾のための組曲、一般に『小組曲』で知られている四部作の中の一つです。

「小舟にて」「行列」「メヌエット」「バレエ」と、いずれも単独でも素晴らしく魅力的な曲がセットになっており、連弾としても、オーケストラでも楽しめるドビュッシーの傑作。

中でも私が好きなのが第3楽章の「メヌエット」。

最初に落ち葉が舞い、街路を埋め尽くした黄色い枯れ葉の上を、長いおさげの少女が跳ねるようにして歩いて行く。
ふと立ち止まると、まだ陽の光を名残るような緑の葉っぱが落ちていて、少女はそれを木の枝に戻そうとするけれど、突然、冷たい風が吹きつけて、葉っぱはみるみる遠くに運ばれて行く。
少女は黄色い木漏れ日を見上げると、再びステップを踏み始める。
足元に深まる秋の気配を感じながら──。

という印象かな。

特に指定はないけれど、この四つの小曲は「春夏秋冬」を表しているような気がしてなりません。

「小舟にて」は、やわらかい春の陽ざしの中でボート遊びを楽しむ恋人たちの情景を描き、「行進」は、水着や遊び道具を片手に湖に急ぐ子ども達の列を思わせる。「バレエ」の華やかさは、白い粉雪の舞う中をクリスマスの妖精たちが踊ってるみたい。色鮮やかでしょう?

]

あともう一点が、『映像』に収められている『水に映る影(水の反映)』。
まるでモネの水彩画を思わせるような豊かな音の広がりと透明感のある響きが素晴らしい。
音をのぞき込んだら、あなたの姿が見えるでしょう?
水に映っているのは、他ならぬ自分自身──
私たちはドビュッシーの音楽を聴きながら、その実、自分の心にはねかえる音を感じているのです。

あともう一点は、いわずもがな、前奏曲集『沈める寺』。これは下記のリンクからどうぞ。
実は、ドビュッシーは、一度も生で聞いたことがない。
なんだかんだで機会がなかったなぁ、と。
この『沈める寺』だけは、深い、深い、森の奥の、古いカトリックの寺院で聞いてみたいものです。

§ おすすめアイテム

ドビュッシーの演奏も人によって好みが大きく分かれるところ。

私の一押しは言うまでもなくアレクシス・ワイセンベルクの名曲集で、クリスタルな響きに魅せられること幾星霜。
いかにもドビュッシー、いかにも印象派! としていない、独自の世界観に惹かれます。

お家芸のようなフランス的演奏を堪能するなら、ミシェル・ベロフがおすすめ。
この方の演奏も知的で、洗練されていますよね。

『水に映る影』『沈める寺』を堪能するなら、今や世界のマスターピース、ミケランジェリ版がおすすめ。
すでにあの世にいってます。

『小組曲』に関しては、「メヌエット」に対する私のこだわりが強いせいか、なかなかどれも納得できない部分があります。
私が持っているハースという方の演奏が、有名ではないけれど、一番心に響いて、その思い出をずっと引きずっているからかもしれません。
ちなみに、このCD、すでに廃盤です。
あえて挙げるなら、コレかな。
「メヌエット」は、あまりペダルを使わない、ちょっと乾いた感じの演奏が好きです。
他の収録曲もいいですよ。ぜひ試聴してくださいね。

・梨の形をした3つの小品(サティ)
・3つのロマンティックなワルツ(シャブリエ)
・組曲「ドリー」op.56(フォーレ)

関連記事

『沈める寺』ドビュッシー名曲集 & アントニオ・ガウディ ドビュッシーの音楽はまさに『絵画』だ。 実際、そのようなタイトルの曲もあるくらい映像美にあふれている。 目を閉じた時、これほどまでに鮮明に絵になって現れる音楽があるだろうか。 初めて『月の光』を聞いた時は、あまりの...
アレクシス・ワイセンベルクの魅力 もし、ピアノ・メーカーのSteinway & Sonsが厳密な規定の下にピアノを製作しているとしたら、誰が弾いても似たような音色で、聴いている方も飽き飽きしてくると思う。 世界で『巨匠』と呼ばれるピアニスト...
有吉京子の『SWAN』を観る(9) ~真澄とレオンの『牧神の午後』 言わずと知れたバレエ漫画の金字塔。地方のバレエ教室の一生徒に過ぎなかった聖真澄が、ロシアの名教師アレクセイ・ミハイロフをはじめ、数多くの強敵や天才との出会いを通して、世界を代表するバレリーナへと成長していく物語。単なるス...
映画『Shine』とラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番 ロシアの偉大な作曲家、セルゲイ・ラフマニノフ Sergei Rachmaninovは1873年ロシアに生まれました(1943年没)。 希代の名ピアニストでもあったラフマニノフは、名曲中の名曲『ピアノ協奏曲No.2』をは...

Site Footer

Sliding Sidebar

プロフィール

阿月まり

看護職を経て、旧共産圏に移住。
映画・音楽・本・漫画が大好きなオタク主婦です。
趣味は登山とドライブ。欧州の韋駄天を目指してます。
詳しくは<a href="/profile">プロフィール</a>を参照のこと。
お問い合わせは<a href="/mail">メールフォーム</a>からどうぞ。
<a href="/sitemap">サイト内の記事一覧</a>
Tumblrミニブログ「<a href="/sitemap">Poetry 言葉の倉庫</a>」