darkness

陽が当たりそうで 当たらない
そんな暗闇を生きている

生きることに意味があったのは
言葉も知らぬ 無垢な頃

何が私を変えたかは
もう遠い昔のことなので
語る気にもなれない

せいぜい
渇いた道すがら
蜃気楼のように
夏の陽を思い出すぐらいで

…そうして私は 幾度も闇に落ちる
悲鳴など上げもせず
落ちて行く

闇もまた優しい
すりきれた私には

希みを持つことも
忘れさせてくれる

2000年秋

Site Footer