女の美と老い 映画『血の伯爵夫人』エリザベート・バートリ

年上女性と年下男性の「年の差婚」といえば、私はやはり小柳ルミ子さん(当時36歳)と大澄賢也さん(当時23歳)の「13歳差」が強く記憶に残っています。

あの時、結婚式で「愛のセレブレーション」を二人で踊ったり、マスコミの前でもイチャイチャしたり、世間では「気色悪い」「財産目当て」「すぐに離婚する」等々、散々ないわれようでした。

でも、自分が36歳になって思うけど、そこまで気色悪い? って感じですよね。

今時、36歳でも、普通に恋愛するし、結婚も出産もする。

世間で寄って集って嘲笑するほどの事だったのかな、と、今は思います。

今なら「ルミ子さん、凄い」「美魔女の鏡」とか、言われてたかもしれないですね。

ちょっと時代が早過ぎたのかもしれません。

*

邦題『血の伯爵夫人』(原題・The Countess)は、2009年のドイツ・フランス合作映画です。

若返りを願って数百名の少女を惨殺し、生き血に身を浸した希代の殺人鬼として知られるハンガリー貴族、エリザベート・バートリを主人公に描いた時代劇です。

私は何の予備知識もなく見始めて、最初はフランケンシュタインやドラキュラのようなゴシックホラーだと思っていたのですが、きわめてシリアスな女性向けのドラマに仕上がっていました。

ポイントは、「本当にエリザベート・バートリは数百名の少女を惨殺した罪人なのか」という視点から描かれていることです。

もしかしたら、ハンガリーの王侯貴族に嵌められ、罪をでっちあげられた、あるいは数件の殺人を大袈裟に誇張しただけではないか、という解釈ですね。

当時の裁判なんて現代とは全く異なりますから、拷問による証言の強要、偽の文書、証人の買収、何でもありだったとはずです。

何の後ろ盾もない伯爵夫人を魔女や殺人鬼よばわりして闇に葬るなど、当時の王侯貴族には朝飯前だったでしょう。

そう考えると、私たちの知っている鬼女伝説とは違ったエリザベート像が見えてくる。

この映画は、年下男性との恋に破れて、精神的にも政治的にも追い詰められていく、一人の哀れな伯爵夫人の心象風景を描いています。

『女の美しさは時に抗えない』『老いれば恋を失う』という残酷な現実を、フランスの名優、ジュリー・デルビーが渾身の演技で表現しています。

*

ハンガリーの名門貴族、エリザベート・バートリは、知勇に優れた裕福な伯爵夫人。国王にも大金を貸し出す有力者の一人です。

夫の死後、21歳の若くてハンサムなイシュトヴァンと恋に落ちます。

血の伯爵夫人 

血の伯爵夫人 エリザベート

だけども、エリザベートは39歳。若い時分は美貌でならした伯爵夫人も時間と老いには逆らえません。

21歳のみずみずしい肉体を前に自らの衰えを思い知らされるエリザベート。

そうそう、女の老いは、手に出るんですよね。

顔はメイクでごまかせても、手の皺や浮き上がった血管は隠せません。ついでに首筋も(^_^;

この場面を見るだけでも、自ら監督と脚本を勤めた女優ジュリー・デルビーの洞察の深さが覗えます。

ニキータでも往年の大女優ジャンヌ・モローが若くて美しいニキータに「私の手を見てるの? 私も昔は美しかった」と語るシーンが印象的でした。

血の伯爵夫人 エリザベート・バートリ

この淋しそうな眼差し。わかる、わかる..
血の伯爵夫人 エリザベート・バートリ

伯爵夫人の友人であり、助言役でもある魔術師のアンナ・ダルヴリアは、20歳以上も年の離れた若い男に恋するなど愚かしいと諫めます。
どうせ飽きられ、傷つくのが目に見えているのに……。

血の伯爵夫人 エリザベート・バートリ

そうと分かっても、エリザベートはイシュトヴァンを諦めることができません。
若い恋人の誠実を信じ、彼の便りをひたすら待ち続けます。

血の伯爵夫人 エリザベート・バートリ

だが、この恋は、策略家であるイシュトヴァンの父親によって妨害され、エリザベートの元にはイシュトヴァンの心変わりを示す偽の手紙が届けられます。

絶望と悲痛の中で、自身の容姿がいっそう醜く、衰えていくことに怯えるエリザベート。

血の伯爵夫人 エリザベート・バートリ

血の伯爵夫人 エリザベート・バートリ

失意の中で、エリザベートは徐々にサディスティックな本性を剥き出しにし、若くて美しい侍女を殴りつけます。

自身の顔に飛び散った侍女の返り血を拭いながら、エリザベートは自身の肌が乙女のように輝いているのに気付きます。

それは鏡に映った顔を朝日が光らせただけかもしれないのに……。

血の伯爵夫人 エリザベート・バートリ

血の伯爵夫人 エリザベート・バートリ

『汚れなき処女の血に身を浸せば、美しく若返ることができる』

そう妄信したエリザベートは日ごと侍女の身体を切り刻み、血液パックにいそしみます。

血の伯爵夫人 エリザベート・バートリ

血の伯爵夫人 エリザベート・バートリ

「いつまで続けるのですか」という侍女の問いかけに「あなたが空っぽになるまでよ」とエリザベート。
全身の血を抜き取られた侍女はとうとう絶命してしまいます。

血の伯爵夫人 エリザベート・バートリ

やがて切り刻むだけでは物足りず、機械技師に拷問器具「鉄の処女(トゲ付きの人形)」を作らせ、その中に少女を閉じ込めて、さらなる血を求めます。

血の伯爵夫人 エリザベート・バートリ

血の伯爵夫人 エリザベート・バートリ

やがて城の周囲は惨殺死体で埋め尽くされ、命からがら脱出した少女の証言などにより、エリザベートの捜査が始まります。

裁判の結果、殺害に手を貸した侍女らは処刑され、エリザベートは上級貴族であることから火刑は免れますが、漆喰で塗り固めた寝室に幽閉されます。

血の伯爵夫人 エリザベート・バートリ

血の伯爵夫人 エリザベート・バートリ

血の伯爵夫人(22)

真っ暗な部屋で三年半を過ごし、ついには自身の手首を噛みきって死亡。

けれども、その亡骸は棺桶に入れられることもなく、下賤な者として乱暴に葬られます。

血の伯爵夫人 エリザベート・バートリ

美女と老いとセルフイメージの崩壊

果たして、エリザベートは本当に「処女の生き血に身を浸せば若返る」と妄信した鬼女なのか。

確たる証拠がない以上、後世の人間には審判を下すことができません。

だけども、女性であれば、エリザベートの苦悩や焦り、絶望に共感するのではないでしょうか。

なぜに女は加齢と容色の衰えを恐れるのか。

理由は人それぞれでしょうけど、突き詰めれば、セルフイメージの崩壊が怖いんですよね。

たとえば、学年きっての優等生が一流大学に進学してみれば、周りには自分と同レベル、あるいはそれ以上の秀才、切れ者が当たり前のように存在する。さらに就職すれば、社会のワン・オブ・ゼムに過ぎない。

あの頃、学年のヒーローだった僕はどこへ行ったの? 僕って100人に1人の天才じゃなかったの? というセルフイメージが、がらがらと音を立てて崩れる瞬間です。

女性の美貌もそう。

黙っていても女は老いるし、時間は決して待ってくれない。

10代、20代は学年のプリンセスでも、30代、40代になれば、皺もタルミも当然出てくる(妊娠したら、もっとヒサン)。

いつまでも美人のつもりが、世間の目には、ただのオバサンでしかない。

周りを見回せば、自分より若くて美しい女の子が脚光を浴び、あんたの時代は終わった感が半端ない。

あの頃の私はどこへ行ったの? 

今までの人生は何だったの?

こんなのイヤよ、このまま終わりたくない!

そうしたセルフイメージの危機が、時には過剰に若作りに走らせるのだと思います。

若い女性から見れば、なに、あのオバサン、40代のくせにキモ~。まだモテたいつもりなの、等々、違和感大でしょうが、彼女たちだって「モテたい」「目立ちたい」ためにやってるわけじゃない。

そういう人もあるかもしれないけども、頑張ってる人の多くは『だらしなく老け込んだ自分を見たくない』の一言に尽きると思います。

彼女たちは、物心ついた時から、凜と美しいセルフイメージを持っている。

セルフイメージというのは、自分自身を成り立たせる一番重要なファクターです。

セルフイメージを損なえば、自尊心も損なう。

自尊心を損なえば、意欲も希望もなくしてしまう。

だから、セルフイメージを明るく保つ為に努力する。

それは「いつまでも18歳の乙女みたいに見られたい」とか「もっと男にチヤホヤされたい」という気持ちとは違います。

以前のような若々しさや引き締まった身体、美しい容色は無くても、「清潔で血色のいい肌」「年相応に品のあるファッション」「そこそこに均整の取れた身体」「軽やかに階段を上がってゆく体力」があるだけで、明日からも頑張ろう、って、自分自身を好きでいられるんですね。

そこに「シミ、皺だらけのデブのオバハン」が映れば、セルフイメージも大崩壊。

だんだん卑屈に、投げやりになって、意欲も、希望も、人を気遣う余裕さえも失ってしまう。

そのなれの果てが、いわゆる「厚かましい、やかましい、下品なオバハン」なのだと思います。
(顔は老けても、仕事楽しいわ、家庭円満だわ、で朗らかにしている人をオバハンとは呼ばない)

そうはなりたくないから、自分のセルフイメージをいい感じに保つ。

たとえベルトから肉がはみ出しても、白髪が生えても、できる限り栄養や運動に気を遣って、明るく健やかなコンディションを維持する。(食べ過ぎない、ゴロゴロしない、等々)

その結果として、「年齢より、うんと若く見えますね」「今でも綺麗ですね」と言われることを、若作り云々という言葉で一括りに揶揄されたら『女』が泣きます。

※私の実体験で申せば、40以降も(それなりの)体型と健康を維持するには、10代20代の何倍もの気合いと意志が必要です。子供の食べ残しとか、つい口にしてしまうからな..

*

では、どのような場合に高齢女はエリザベート状態になるのか。

それは、執着、恐れ、劣等感といった、ネガティブな感情に支配された時でしょう。

自分のペースで生きればいいのに、「あの人に負けたくない」「周りにいい人に思われたい」「評価を失いたくない」といった競争心や妄執に駆られると、本来、自分を高く保つはずのセルフイメージが相対的なものになってしまう。

今でも十分きれいなのに、ちょっとした小皺が異常に気になったり、周りにバカにされてるような気がしたり、友達に会っても相手の肌のコンディションや持ち物ばかり気にしたり。

そうなると、人生にも社会にも恐れしか抱かなくなる。

恐れる者にとっては、他人のちょっとした言動や、自分の些細な欠点さえも、自尊心を蝕む害毒です。

エリザベートも「老い=愛の喪失」と思い込み、イシュトヴァンの誠実を最後まで信じ抜くことができなかった。

こうした恐れや卑屈な思い込みこそ、美の最大の敵といえるかもしれません。

これは本当に残酷な現実だけれども、老いは誰の上にも等しくやって来ます。

六十過ぎても、七十過ぎても、ぷりぷりのお肌や少女のような顔の作りを保てる人間などありません。

だからこそ、自分自身を真っ直ぐに見据え、シミやシワが増えても、ぽっちゃりと太っても、今の自分にYESと言えるよう、毎日、ほんの少しでも努力するのが上手に年をとる秘訣ではないでしょうか。(その一口を我慢する、とりあえず放ったらかしの衣類を片付ける、みたいな)

*

最後にエリザベートのこの一言を万人に贈ります。

若さと美を願うのは、間違いですか?

血の伯爵夫人 エリザベート・バートリ

この場面、すごい説得力ありますわ。

鏡に向かう後ろ姿のアングルがね。

さすが女優さん、よく分かってらっしゃる。

アイテム

本作はAmazonでレンタルできます。

こちらは小説仕立ての伝記みたいです。

こちらは外国作家による作品。厳密な伝記ではなく、こちらも小説仕立てみたいですね。

Site Footer