Notes of Life

愛と疑いは一緒にいられない ~エロスとプシュケの寓話より~

1999年7月25日

ある国王と女王に、三人の王女がありました。
皆、それぞれに美しい娘でしたが、わけても末娘プシュケの美しさは、美の女神アフロディーテにも引けをとらぬほどでした。

ところがプシュケの思い上がりに腹を立てたアフロディーテは、恋の矢を射る息子エロスに、プシュケにくだらない男に恋させるよう命じます。
エロスは母の言い付けに従い、眠るプシュケの側に舞い下りますが、その美しさに一目惚れしたエロスは、意地悪するのをためらってしまいます。
そうしてプシュケがふと目を覚ましたとき、慌てて飛び去ろうとしたエロスは、過って、恋の矢で自分自身を傷つけるのでした。

やがてプシュケの身の上に、恐ろしい神託がくだります。
『プシュケは人間の花嫁にはなれない。未来の夫は、山上に住む怪物だ』
王と女王は神託に従い、泣く泣くプシュケを山に置き去りにします。

すると西風ゼピュロスがプシュケを優しく抱き上げて、美しい宮殿へと運んでいきました。

そうして夜になると、プシュケの夫が姿を見せずにやってきて、プシュケを大切に可愛がってくれました。

しかし、プシュケは、一目夫の姿が見たくてたまりません。
「どうかお姿を見せて下さい」と求めると、夫は言います。
「僕の愛に疑いでもあるのかい?僕はただお前が愛してくれさえすればいいのだ。
僕にとっては神と崇めてもらうより、お前と同じものとして愛してもらいたいのだ」

プシュケも一時は気が休まりましたが、その幸福を妬む姉たちに、
「お前の夫は恐ろしい怪物よ。いつかお前を食べてしまうつもりなの。そうなる前に、寝入った夫の姿を明かりで照らし、夫が本当に怪物だったら、その首を切り落としなさい」
と、短剣を手渡されます。
そして、夫との約束を破って、ベッドで眠るその姿を明かりで照らし出すのです。

すると、そこに眠っていたのは恐ろしい怪物などではなく、白い翼の生えた、美しい神様エロスでした。

ところがロウの滴りがその肩に落ちたため、エロスは驚いて目を覚まし、窓の外に飛び出します。

その後を追って、窓の外に飛び出したプシュケが地面に落ちてしまうと、エロスは飛ぶのを止めて、言いました。
「愚かなプシュケ。もう僕はお前と一緒に暮らすことはできない。
愛と疑いは一緒にいられないのだよ」……


エロス(愛)は、何処からともなく舞い下りて、
プシュケ(魂)を優しく抱く。
その姿は見えないけれど、愛はいつでもそこに在る。

ところが姿が見えないだけに、人は不安になる。
ついその存在を疑い、愛の姿を確かめたくなる。
そうして疑いの灯をかざし、その姿を確かめようとすれば、
愛はたちどころに飛び去ってしまうのだ。



疑えば、愛は去り、
愛すれば、疑いは消える。

目には見えない愛を信じることの難しさ……
人はどうしたって目に見える証が欲しい。
目で見て、手で触れて、
いつもその存在を確かめていたい。
目に見えないからこそ、心にしみるのだけど……

そうしてエロスを疑ったプシュケがその後どうなったかというと――

プシュケは、エロスの母親であるアフロディーテを訪ね、「どうか夫を返して下さい」と懇願します。

けれどアフロディーテは、「お前ほど哀れな女はありません。

エロスはお前に受けた痛手で今も臥せっているのだから、もう一度、エロスと一緒になりたければ、
私が課した試験をすべてやってのけるのです」
そうしてプシュケに大変な仕事をいくつも命じます。

けれどプシュケは他の神様たちの力を借りて、その仕事を一つずつ片づけて行きます。

やがてアフロディテの命を受け、冥府の女王であるペルセポネの元へ、その美の秘宝を入れた箱を取りに出掛けたプシュケは、好奇心から言い付けに背き、中身を見ようと箱を開けてしまいます。

けれど箱に入っていたのは、美ではなく、冥府の眠りでした。
プシュケは眠りに憑かれて、道端にばったり倒れてしまいます。

一方、すっかり傷の癒えたエロスは、愛するプシュケを求めて、アフロディーテの宮殿から飛び出し、眠るプシュケを見つけます。

そしてプシュケに憑いた眠りを箱の中に閉じ込め、恋の矢で軽く突つくと、目覚めたプシュケを連れて、大神ゼウスに二人をめあわせるよう懇願します。
ゼウスは不老不死の霊酒をプシュケに授けると、言いました。
「これを飲んで神体となり、エロスと永久に結ばれるがよい」

やがてエロスとプシュケの間にはひとりの娘が生まれ、その名を『悦び』と呼んだそうです。

★ギリシャ語で、Psycheは「蝶」を表します。

→ 英語のPsychic(精神的な)やPsychology(心理学)の語源となっています。(原義は“呼吸”、次に“魂”)

人間の魂も、蝶のように、数々の苦しみや悲しみで清められた後、真の悦びと幸福を授けられるという教えでもあります。
美術作品では、プシュケは蝶の翼がついた乙女で表現されています。

§ エロスとプシュケに関する書籍

ギリシャ神話の本はたくさん出ていますが、絵画と合わせて知りたいなら、こちらの本がオススメ。
学術書のように堅苦しくなく、マンガ感覚ですらすら読めます。
登場する神々のイラストも可愛いし、ピックアップされている絵画も、美術ファンなら是非とも抑えておきたい名画ばかり。
これを一冊読めば、ギリシャ神話はもちろん、美術鑑賞の基礎的な知識も身に付きます。

【Amazonレビューより】
ギリシャ神話を中心に、北欧・ケルト神話の主なエピソードをシンプルなイラストや漫画で表現してあります。
特に西洋のルネサンス周辺の絵画ではこれらの神話をテーマにしているものが多いので、それらもあわせて取り扱っています。
「あの絵のこの人物はこういう人なのか!」
「この絵のこんな虫一匹がこんな意味を持っていたとは……」ということになります。
ルネサンスの絵を見て「??」となっていた人や、「ギリシャ神話って複雑で読む気がしない」と思っていた人に読んでほしい一冊です。

ギリシア神話の本も数ありますが、読むなら岩波文庫のトーマス・ブルフィンチがおすすめ。
永遠の定番です。

ウィリアム・ウォーターハウスをはじめ、ラファエル前派の絵画に興味をもったら、この本がおすすめ。
様々な神話や伝説に基づいた、幻想的で美しい大人の絵本です。

初稿:99/07/25  メールマガジン 【 Clair de Lune 】 より 

You Might Also Like