フリードリヒ・ニーチェの哲学 /「自己超克」と「生の肯定」

『ヤセの断崖』に立ったのは、26歳の時だった。

その翌年、楽劇『トリスタンとイゾルデ』をきっかけに、 ワーグナーに心酔し、彼の世界を探求するうちに、ツァラトゥストラに出会った。

『神は死んだ』という彼の言葉は、私の心の叫びでもあった。

ある出来事を境に、一気に崩れ落ちた価値観と自分自身とを、 『ゼロ』から立ち上げてくれたのが、彼の遺した書物だった。

ツァラトゥストラはかく語りき

生そのものが、柱を立て、階段をつくって、高みを目指して、おのれを打ち建ててゆこうとする。

生は、はるかな遠方に目をそそぎ、至福の美を望み見ようとする。

そのために生は高みを必要とするのだ。

そして、生は高みを必要とするゆえに、階段を必要とし、 またもろもろの階段、そしてそれを登り行く者たちの、 矛盾を必要とする。 生は登ろうとする、登りながら己を乗り超えようとする。

*

おお、人間よ。心して聞け。 深い真夜中は何を語る?

わたしは眠った、わたしは眠った――

深い夢からわたしはめざめた――

世界は深い。 昼が考えたより深い。

世界の痛みは深い―― 悦び――

それは心の悩みよりいっそう深い。

痛みは言う、去れ、と。

しかし、すべての悦びは永遠を欲する――

深い、深い永遠を欲する!

*

地上に生きることは、甲斐あることだ。

『これが生だったのか』

わたしは死に向かって言おう。

『よし、それならもう一度』と。

ニーチェへの想い

他にも、良い言葉がたくさんある。

彼もまた「断崖」を知る人間だった。

心の限界を突破した人間だった。

崩れ落ちた中から、一つの思想を築き上げた人間だった。

ふとした言葉に、行間に、 彼の悲鳴のようなものを聞くこともあるけれど、 いつでもその奥底に感じるのは、 自分の後に続く人間―― 『神無き時代』を生きねばならない次代の人々に向けた、 優しく、力強い語りかけだ。

人によってどうにでも解釈できるだろうが、 (悪用した時の支配者もいる)
彼は究極、『この現実世界での生き方』を教えてくれたのではないか、 と私は思っている。

バブル崩壊に、リストラという名のクビ切り、 学級崩壊に、援助交際という名の売春――日本中、至る所で、“神が死んでいる”。

もはや亡羊ともなれぬ『神は死んだ』状態の人々が、 何処に新しい価値観を見出し、自己を確立しつつ、より良く生きるか、となると、これは「第二の神」を与えるより難しい問題だ。

誰も彼もが、彼の教えのように、 自らの内に“意味”を見出せるものではない。

人間はそれほど強くない。

たとえ新たな指針を見出したとて、 その向き自体が間違っていたら、 それに追随したものたちはどうなる?

誰が肩を叩いて知らしめてくれる?

一人に一つずつ、あるいは集団に一つずつ、 非常に都合の良い神様がいて、 人間を導き始めたら、その時は――?

彼は人間の強さを見つめ、 「この現実」の中で己が生を打ち建ててゆく素晴らしさを説いたけれど、人間のどうしようもない弱さや愚かさ、脆さに対するやさしい処方箋は書かなかった。
( もっとも、それを知り抜いていたからこそ、 あんな自分に鞭打つような文章ばっかり書いてたのかもしれないが )

強く、強く、それをも「乗り越えてゆけ」というのだろうが、 人間はそれほど強くはできてない。

恐れず、迷わず、突き進むにしても、 人間はどこからか「力」を得ねばならないし、 「的」が無くては進みようがない。

元から「より良く生きる」のが人生の目標ではない人だっているだろう。

となると、人間のもっと根源的な部分―― その本質に触れるような『何か』、時代の正義や価値観が変わっても、人間が求めずにいない『何か』、 普遍の基軸となるような『何か』は何処に在るのだろう?

あるいは、この地上には存在し得ないのだろうか?

疑問符を付け出すと、まったくキリがないのだけれど、 人の世に現れる諸問題を瞬く間に解決する、非常にシンプルな答えが一つだけ存在する。

それは何かと答えたら、世界を構成する『第五の要素』、即ち「愛」だ。

それが即、「正答」とは言わないが、 多くの謎や矛盾を解き、 見た目には不可解な事象をたちどころに解きほぐすのは確かだろう。

人間から、知識や先入観、技術や物質、地位や肩書き、ありとあらゆるものを取り去っていくと、究極、何が残る?

そして、その「最後の一つ」は何を求めてる?

何を糧に生きている?

何に救いを求めてる?

実は、この非常にシンプルな答えに、多くの人間が目をつぶっている。

大事、大事、と言いながら、案外おろそかにしているし、 実践しているようで、あまり実践していない。

それについて自身に深く問い掛けることもなければ、 その正体について考えることもなく、時にはその存在に全く気付かぬことさえある。

目に見えないからこそ、 心でしか感じられないからこそ、 真剣に考えなければならないのに、 そこに世界の謎を解く鍵があるなど思ってもないからだろう。

世界や人間を解釈するのは簡単だが、その本質を感じ取るのは難しい。

だから一つの誤った解釈が、本質の求めるものから、 人間や世界を永久に遠ざけてしまうのだ。

本当は美味しい湧き水が飲みたいのに、 その希求に目をつぶって、 がむしゃらに金鉱を掘り続ければどうなる?

掘っても掘っても、求めるものには行き当たらないし、 金塊を得ても喉の渇きは無くならないだろう。

水の在る所に赴いて、 「水を下さい」と素直に求めればそれで済むのに、 喉の渇きを癒してくれるものが何かということさえ分からなくて、いろんな理屈をつけては、見当ちがいの的を掘り返しているのが、多くの苦痛の元凶ではないかという気がする。

私が今、敵対している人間も、欲に憑かれた頃からオカシクなった。

地位も財産も一流でなければ、 自分の属する社会から相手にされないのだろう。
またそれらで身を飾らねば、 「自分」というものが成り立たないのかもしれない。

だから過ちを犯しても、他人を踏みつけても、自分を保とうとする。 エラそうにしてるけど、心中、穏やかではないはずだ。

そうして自分の心の糧が、別の目的の為に消費されるから、他人に分け与える分も無くなってしまうのだろう。

大事な“誰かさん”にしたってそうだ。

周囲の信頼と尊敬が欲しければ、自分から周囲に心を配ればいい。 “周囲が自分を無視している”事実を、 “周囲が自分を理解していない”と置き換える前に、 その理由を自分自身に徹底的に問い掛けてみればいいのだ。

そんなシンプルな問い掛けからも目を反らすから、 自分に“良い顔”してくれる人間しか側に寄せつけられなくなる。

その人間に、真心が「有る、無い」に関わらず……。

希求の履き違えは、様々な“理屈”を生み出し、 もっともらしい論法で己の義を正当化していく。

だが、結局のところ、根源的な問題を解決してはくれないのだ。

それでもなお突き進んでいくところに、 人間の弱さがあり、愚かさがあり、 あらゆる過ちの源があるような気がするのである。

初稿:99/07/04

ニーチェ おすすめ本

この本はイラストだけでも十分面白い。
60年代のサイケデリックなスタイルで、今風のイラストしか知らない人には興味深く読めるのではなかろうか。
解説も分かりやすく、悩める青年向き。
きっと納得できる、ニーチェ入門編です。
参照記事→『『超訳 ニーチェの言葉』と FOR BEGINNERS『ニーチェ』 ルサンチ野郎の心の出口

【Amazonレビューより】
1967年初版で、当時は大学生・高校生を対象としていたはず だからさぞかし古めかしいニーチェ論かと思いきや、ニーチェを 深く読んで理解し、初心者にも偏りの無い入門書である。
入門書とは言え、参考になる写真も豊富である。
自己流ニーチェ理解を読者に披瀝するものでも、あたりさわりない 知識を羅列するものでもなく、ニーチェをいとおしみながら冷静に書く筆者の姿勢を高く評価したい。
ニーチェを齧って「ニーチェは いい」あるいは「こいつは何なんだろう?」と感じている方にも すすめられる。

ニーチェの名言と現代人の生き方を照らし合わせながら、一つの生きる方向を示唆する人生読本。
といっても、お説教くさい内容ではなく、人間や社会の真実を真っ向から見据え、いかに戦い抜くか、といった、地に足のついたお話がメイン。
入門編としてもおすすめです。

ビジュアル系ならこちらもおすすめ。
永遠回帰、神の死、超人、権力への意志、ニヒリズム…既成の価値を攻撃し、学問の範囲を越えて多大な影響を及ぼしたニーチェの哲学を分かりやすく解説。
マンガ伝記を読むような感覚で楽しんで欲しい。

平成になってからにわかにベストセラーとなったニーチェの名言集。
読みやすい1節=1ページ形式で、気に入った箇所から手軽に読めるのが特徴。
初めての方に特におすすめです。

Site Footer