ココ・シャネルと『女の自立』 ー男に振り回されない人生ー

ココ・シャネルの伝記を読んでいると、『女性の自立』を体現した先進的な人物として描かれていることが多いが、一方で、心の奥深くでどろどろとくすぶるような女の怨念を感じることもあり、果たしてこれが女性の目指すべき真の自立なのか、とつくづく考えさせられる。

これが10年前なら──独身時代の、一番生き生きと輝いていた頃に読んでいたら──「ココ・シャネルって、なんて素敵な女性なの。私もこんな風になりたいわ」と強く憧れたに違いない。

でも、今、彼女の言葉や生き方は、かなりの部分で強がりも入っているし、それを「自立」と言うなら、こんな自立は要らないな、というのが正直な気持ち。

シャネルがつまらない女だからではなく、立ち位置の違いでそう思うだけの話。

そんな私の彼女に対するイメージは、『世界一、コケにされた女』。そのひと言に尽きる。

こんなこと言ったら、世界にごまんといるシャネルの信奉者、あの世にいるシャネル自身からも跳び蹴りを食らいそうだけども、実際にそうなんだから仕方がない。

誤解のないように言っておくけども、この言葉には、シャネルをコケにした男に対する怒りの気持ちが99%だ。

だって、そうだろう?

「最愛の男」と呼ばれ、シャネルを世に送り出す原動力となった「ボーイ」ことアーサー・カペル。

シャネルとあれほど愛し合いながらギリギリのところで己の名声と天秤にかけ、同じ貴族の娘と結婚してしまった男。

私がシャネルならこんな仕打ちは絶対に許さないし、その日を限りに愛も信頼もすべて消え失せるだろう。

いやもう、女である我が身さえも呪わしく、腹の底に怨念をたぎらせ、この世に復讐に打って出るにちがいない。

「あんたより絶対に偉くなってやる。そして、もう二度と、誰にも、私を踏みにじらせはしない」と。

その後の凄まじいまでのシャネルの仕事の打ち込み方──あれが高尚な意志や才能の賜だと思うなら、その人は「女」というものを相当に誤解しているか、シャネルその人を美しく描きすぎ、と私は思う。

世界で最高に自分をコケにした男への復讐心──見方を変えれば、人を人とも思わず、階級だけで平然と差別し、切って捨てる上流社会、そしてその階級に生まれたと言うだけで、シャネルよりもはるかに多くの富と特権を誇る女たちへの闘争心──それらが渾然一体となって、モードの頂点へと駆け抜けて行く、いわば美しき怨念の火の玉となって持てる力を燃やし尽くしたのがシャネルではなかろうか。

そう考えると、シャネルの作り出したモードには、戦闘的な鋭さがある。

女性の両手を自由に解放するため考案されたショルダーバッグも、片手で楽に取り扱えるリップスティックも、もう誰の手も必要とはしない、あたしはあたしの力で生きていくんだ、という意気込みにあふれている。

まさに「自由」の象徴。

でも、何からの自由? と問われたら、多くの場合、そこに『男』が当てはまる。

女たちがうんざりしているのは、男社会や男性そのものではなく、いつも心のどこかで男の支えや愛を期待し、その度に裏切られ、もう待つまいと思いながらもどこか強くなりきれない自分自身だから。

シャネルの体現した自立、そして彼女に賛同する女性たちが思い描く「自立」というのは、突き詰めれば、「男に振り回されない人生」である。

いわば、「男」という煩悩を突き抜けたところにある、平和で安らかな心の状態なのだ。

そして、そういう強い心を手に入れるためなら、仕事もバリバリこなすし、対等に意見だってする。教養も身につけるし、男がひざまずくほどの美貌だって手に入れてみせる。

男より優位に立てば、もう裏切られることもないし、待つ必要もない。

あてにならない言葉にすがって生きて行くのは、もうたくさん。

あたしはもう二度と、男に振り回されはしない。

──と、信じ込むわけだ。

しかし、男女という性において、この立場が根本的に逆転することは絶対にない。

たとえ法的に同等、社会的に対等となろうと、「愛」という場面において、女性が男性より優位に立つことは生物学的にも不可能。

下品な言い方になるが、「その気のない男を呼び覚ませることはできない」、それが真実だからだ。

女性性というのはとことん受け身に出来ていて、それゆえに、我が身を守ることができる。

もし女性の卵子が精子なみに製造されて、異性を求めて激しく活動したら、年がら年中、妊娠・出産しなきゃなんない、そんなことになったら死んじゃいますよ、まじで。

だから一ヶ月に1個、活動期は期間限定、男性がその気になってくれた時だけ受精のチャンスがある、そういう仕組みになっている。

それは有利とか不利とかの問題ではなく、生命が生き延びるためのシステムであって、その凹凸関係をひっくり返しても男性の優位に立ち、自分の思う通りにコントロールして女性性を満たそうとしたら、いろんな面で軋轢が生じるのは当然のことで、それを不公平と言い出したら、この世の生命システムはまったく機能しなくなってしまう。

それぐらい、人間の体内に強く、深く、刻み込まれた本能の仕業なのだ。

ゆえに、昔の女はそれを『業』と呼び、我が身を呪って井戸に身を投げたり、大蛇になって男を焼き殺したりする一方で、諦念を身につけ、とことん堪えて尽くすことに美徳を見出しもしてきた。

「この業から逃れる術はないのだ」と腹を括れば、思いがけない強さを身につけることもできる。

なまじ自由になれる、男より優位に立てると幻想をもったばかりに、余計なことで力をすり減らし、かえって男の愛を遠ざける結果になった女も多いのではないだろうか。

そう考えると、女性にとっての本当の自立、男に左右されない、豊かで安らかな心持ちというのは、自由に使えるお金や時間、男と対等に立てる仕事や権利だけでは決して手に入れられないものだと分かってくる。

たとえ、目に見えるすべてのものを手に入れたとしても、あなたが「女」である限り、そして男を求める限り、あなたが男から自由になって、彼を思うがままにコントロールし、理想の愛で常に自分を満たすことなど決して出来ないし、たとえ男を求めないにしても、自分の中の「女」をまったく感じることなく命を終えることなど出来ないであろう、だから「強くなれ」ではなく、「受け入れろ」なのだ。

昔の女の言葉を借りれば、自分の中のどうしようもない『業』──ウンと言わない男の愛が返ってくるのを待ち続け、なんともいえない孤独の淋しさを必死に埋めようとする哀れさを、自分で認めて、許せば、自分が女性であることも好きになるし、他の女性に対する眼差しも優しくなる。無駄な努力で己を消耗することもないし、誰かを恨んで生きて行くこともない。

「突き抜ける」というのは一段高い所に昇ることではなく、「許せない」と思う自分を許すこと。
「こうあるべき」という頑なな殻を破って、自分の中に新しい価値観を見出すことなのだ。

自由になる、自立する、というのは、自分自身に対して、である。

男から、社会から、家族から、一人旅立てば自立するというわけではない。

ゆえに、ココ・シャネル──というよりは、「シャネル本」に書かれている自立には、私は憧れないし、これを自立というなら私は要らないな、と思う。

男に依存する人生も、男に振り回される人生も、結局、軸にあるのは「男」であって、自分ではないもの。

本当にそこから脱却しようと思ったら、また別の知恵が必要で、それは女性雑誌や職場のマニュアルには書いてないのです。

そんな訳で、ココ・シャネルというよりは、「シャネル本」へのプラスアルファ感想みたいになったけど。

現代の女性なら一度は目を通す価値があると思う。

本当のシャネルを知りたければ、シャネルのバッグを片手にセレブを気取ったり、男漁りなどしないことだ。

§ シャネルの名語録

男が本当に愛していたら、結婚するものだ

「同棲も結婚も一緒よネ」「愛があれば、永遠に結婚できなくても幸せだよネ」と気楽に考えている部屋女もしくは不倫相手のお嬢さん方は、一度、真剣に、『結婚』というものの社会的意味について考えてみたらいいと思います。

精神的・肉体的結びつきに結婚が関係ないのは、本当の話です。

でも、社会的意味において『結婚の重み』というのは、この世のどんな関係よりはるかに勝ります。

「紙切れ一枚」というけれど、その紙一枚がどれほどの効力をもっているか──男がどれほど調子の良い事を言っても、法や社会の前には、愛人や恋人には何の権利も立場もないのです。

そして、それほど重いものを女に与えようという。

この男の決意、覚悟、諦め、etc。

単に「交際3年目」だけでは男が首を縦に振らない理由は、「好き」とか何とか以上に、そして女性以上に、この重さを本能で理解しているからです。

言い換えれば、男にとって、結婚は、相手の女性に対する最大の誠実でもある。

「こんなに愛し合ってるんだからさぁ、結婚なんかしなくていいじゃん、一緒に暮らすだけで楽しいじゃん」などとヌケヌケと口にするような男を信用すればバカを見るよ、というのはそういう理由です。

だからギリギリのところでアーサー・カペルに秤にかけられ、結婚という最大の誠実から背を向けられたシャネルの痛みと屈辱は計り知れないものだったでしょう。
あれほど信じた大胆不敵な男が、結局は、自らの保身のために貴族の娘を選んだのですから。
著書では、そんなアーサーもやがて自らを悔い、離婚して、シャネルと一緒になるために動き始めた矢先に交通事故で亡くなった……というような話が伝えられていますが、それはもう当人にしか分からないことです。

何にせよ、女性の自立のシンボルとされたシャネルが、こういう言葉を残しているのは非常に興味深いです。

家で待つだけの女になってはいけない。

これは専業主婦否定の言葉ではなく、ぼーっと男の愛を期待して、振り回されるだけの女になるな、という事です。

だからといってがむしゃらに予定を増やしたり、明るくはしゃいで見せる必要はないし、デキる女を気取る必要もない。

ただ、自分の幸せの決定権を男に依存するな、ということですね。

男というのは、苦労させられた女のことは、忘れられないものね。

私も昔、ある女性に言われました。「億を積まれる女になれ」と。

男は自分が金をかけた女のことは絶対に忘れないし、たとえ飽きても粗末にもできない。逆に、どれほど夢中になっても、一銭もかけなかった女のことはすぐに切り捨てることができる。

だから、億を積まれる女になれ。男には金を使わせろ、と。

それは「男が奢るべき」という意味ではありません。

たとえばレストランに行って、「ここはボクが……」と男が財布を出してくる。
それは女性に対する礼儀云々よりも、自分の男としての力の誇示なわけです。

「ボクには君をご馳走して、満足させられるだけの器も経済力もあるよ。男としての力をいっぱい持ってるんだよ」

それを理解して、男を立てれば、同じだけのものをお返しされなくても、男はプライドが満ち足りる。
自分の力で女を幸せにしたという自信がみなぎって、ますますその女のことが愛しくなる。

幾ら払ったか、ではなく、どれだけ男の力を認めてもらえたか、ここが重要なポイントなわけです。

そこで「平等にしましょう」とか「同じだけのものを買ってお返ししましょう」とか、女がしゃしゃり出ると、途端に興ざめる。女は、礼儀正しいつもりでも、男は面目丸つぶれ、こんな女、いらん、となってくるわけです。

もちろん、相手の男性に、男としての矜持があれば……の話ですが。

だから、言い方乱暴ですが、男には、彼が望む限り、せっせと働いてもらえばいいのです。

そしてどんな小さなことでも満足して、喜んで見せる。

あなたが先に満足してはいけない。男のプライドを満たすのが一番です。

そうして、あなたの為に、手間暇掛け、お金をかけ、さんざん苦労させられた男は、あなたのことを絶対に粗末にできない。

たとえ他に若くて可愛い女の子に目移りし、「やっぱ若い娘はええなぁ」と思ったとしても、別の部分であなたのことも思い続ける。

それだけのものをあなたに懸けてきた、その重さが惜しいからです。

男の気持ちって、「あの子に会うために、深夜の高速を5時間かけて走ったなぁ」とか「会議を抜け出して、トイレに行く振りして公衆電話に駆け込んで、風邪引きのカノジョに『大丈夫か?!』と電話したなぁ」とか、そういう部分にあるものだから。

「自分を安売りする」というと、「全然イケてない男と妥協して付き合うことだ」と思い込んでいる女性も多いけど、まったく意味が違う。

「安い女」というのは、男が一銭(労力)も使わなくても気ままに遊べる女、そしてそれを愛と思い込み、自分の方から精神的にも肉体的にも投資する都合のいい女のことを言う。

男に大事にされたければ、いい意味で、どんどん男を働かせて、男のプライドを満たすことだと思います。

§ 関連アイテム

シャネルに関する本を読んでいると、そこに浮かび上がってくるのは、燃え立つような野心と癒されがたい傷をあわせもつ少女の姿です。

確かに当代随一のエレガントな女性には違いないけれど、悲鳴を上げているのは「少女」の方だな、と。

だからこそ、無垢な少女のように既成の概念と闘えるし、人の過ちにも寛容になれる。

保身のために貴族の娘とアーサー・カペルに、階級という現実、そして男の利己心をイヤというほど見せつけられたシャネルは、一方で、そんな彼の弱さをも愛したのかもしれません。

また、夫の地位や権力に守られて、ぬくぬくとしている上流夫人たちへの反発もさることながら、男に依存するがために、自分を失い、淋しくすがり、やがてぼろぼろに傷ついて、飽きられ捨てられる女たちの哀しみも目の当たりにしたことでしょう。

「男から自由になりなさい、自立しなさい」と叫ぶシャネルは、「復讐の女神」であると同時に「ジャンヌ・ダルク」という印象があります。

シャネル・スーツでなくても、高級なウールで仕立てられたリクルート・スーツに身を包み、ルージュを引き、お気に入りのショルダーバッグを肩に提げて、ヒールの音高く通勤電車に乗り込む時、皆さんはどんな気持ちになりますか?

あの不思議な高揚感は、全部、シャネルからの贈り物だと知っていましたか?

あのCCのマークの付いたシャネルグッズを身につけなくても、シャネルの夢と励ましは、いつも女性の傍らにある。

そんな気持ちで読んで欲しい本です。

数あるシャネル本の中でも一番手軽で読みやすい文庫本。
筆者の思い入れを前面に出さず、史実に忠実に描かているところも好感が持てる。
とりあえずシャネルの生い立ちや恋の遍歴、仕事に対する思いなどを伝記風に理解したい人におすすめ。

ファッションのみならず、その一言一句が世界中の女性の心を動かしたシャネル。
そんな彼女のスピリットの真髄がぎゅっと詰まった一冊です。
60の名言に対し、作者の解説が1~2ページの長さでまとめられています。これも読みやすいです。

こちらも伝記仕立てのシャネル本。翻訳本だけあって、山口本よりさらに切り込んだ表現が多い。
従業員から「他人に厳しく、攻撃的で、威圧的で、移り気で、扱いにくい人物」と言われたシャネルの実像が伝わってきます。

実際にCHANELのモデルとして活躍するオドレイ・トトゥが敬意を込めて熱演した爽やかな伝記映画。
「シャネル・ブランド」として立つ以前の、ココの生き方や恋が描かれる。
19世紀のゴテゴテした貴婦人ファッションの中にあって、恋人の紳士服を上手くアレンジしてスマートに着こなすココのスタイルが見物。これがいわゆる「女性用スーツ」の前身なんだなぁ、と。ファッション史としても楽しめます。
ラスト、白いシャネル・スーツを身を包んだココの姿は女神のように気高く美しい。

これもまた世界的シャネラーとして名高いシャーリー・マクレーンが、老境にさしかかったココを知的に演じ、自らの生い立ちを振り返るという伝記映画。
シャネル・ブランドの歴史を知る上でも非常に興味深い。

Photo : http://pcwallart.com/coco-chanel-perfume-wallpaper-1.html

Site Footer