ヤクザは人間ではない 角川映画『キャバレー』とサックスの名曲「レフトアローン」

角川映画もちょっと鼻についてきたかな~・・という頃に、突如、JAZZ+オトナ路線で意表をついたのが『キャバレー』。

野村宏伸クンの、なんともいわれん素人っぽい演技がアレですけど、TVCMのあの場面は強烈でした。

http://www.kadokawa-pictures.jp/official/cabaret/

角川映画『キャバレー』
↑ いつの間にかAmazonビデオで配信されてました。ん~、でも、お金払ってもう一回観る気にはならないな~。「里見八犬伝」や「魔界転生」は好きだけどね(^^;)

ヤクザが言う事を聞かないバンドマンの指を切り落とし・・

俊一(野村宏伸)「ひどい……あんた人間じゃない」

ヤクザの親分(鹿賀丈史) 「オレはヤクザなんだよ」

このCMも繰り返し流れてました。マリーンの唄う『Left Alone レフトアローン』と共に。

メロディも歌詞も大人のムード満点で、一度聞いたら忘れられません。

このCMには「オレはヤクザなんだよ」が入ってませんが、「そうそう、こういう作品があったなー」と懐かしく思い出されるのではないでしょうか。


映画『キャバレー』は「ひどい、あんた人間じゃない」→ 「オレはヤクザなんだよ」→ 「ヤクザは人間ではない」という弁証法(?)が深く心に刻まれた作品でもあります。

というのも、私、ほんとに解らないんですよね。

どうして、人を脅したり、騙したり、傷つけたり、利用したり、ひどい時にはマグロ漁船に乗せたり、泡風呂に沈めたり。

普通の人間がやらない事を平然とやるじゃないですか。

普通は目の前で人が泣いて謝ったら、あ、こちらも非はあったかも……と思い直して、「ごめんね、私も言い過ぎたかも・・」って、自分を省みるじゃないですか。

でも、ヤクザって、何の良心の痛みも感じないから、人を殴ったり、傷つけたり、できるわけじゃないですか。

反省もしないんだろうし。

それが同じ人間として不思議なんですね。

心の中はどうなってるんだろう、と。

*

私も、看護職を通じて、三人の親分さんと接したことがあります。

知る人ぞ知る、有名な組長さんです。

でもね、組長クラスになると、ほんっとに礼儀正しい、腰が低い、看護婦にも親切、ドクターの言うことも子供のように素直に聞く、治療にも協力的。受付でガーガーネジ込むモンスター・ペイシェントなんかと比べものにならないほど紳士で、真面目なんですよ。

そりゃもう、組長クラスの健康問題って、大会社の社長なみの企業機密ですよ。

ある日突然組長が倒れたら、必ず跡目問題で揺れるでしょう。

私の勤め先も、幹部が入院する病室に、向かいのビルから弾丸が撃ち込まれたという、まことしやかな言い伝えがありまして、そんなことニュースにされたら病院の評判にかかわると、院長の政治力で抑えたらしいですわ。

まあ、それぐらい、みな神経質になってる。

で、ヤクザの世界にも、「どの先生が信頼できる」という情報網があるらしくてね。そら、そうですわな。情報がダダもれになるような所で治療できんですよ。

そんでもって、親分クラスになると自己管理能力も非常に高い。

血圧でも、血糖値でも、きちーっとノートにつけて(若頭の仕事)、服薬もちゃんとされるし、お酒や美食を控えたり、すごく努力もされてる。

ついでに、看護婦の言う事にも真摯に耳を傾け、「ありがとうございます」「よろしゅうお願いします」、きちーっと頭を下げて、そのへんのオッサンより上等なのね。

なまじ成長企業の社長の方が、「わしはどんだけ飲んでも、ビクともせんのやー」で暴飲暴食して、看護婦にもめっちゃ横柄で、ある日、突然、発作起こして救急車で運ばれたりする。

それだけに、本職とのギャップが信じられん。

でも、包帯交換で寝間着を開いて見ると、彫り物は入ってるし、指はないし、姐さんみたいな女性と幹部みたいな男性が病室の応接セットで札束勘定してるし(私も思わず、あの~、患者さんの療養に差し支えますから、ここでのお仕事は控えて頂けますか~とか言いそうになったぐらい)、見舞いに来る人は妙に姿勢がいいし(そこらのオッチャンとは着ている物も身のこなしも違う)。

ああ、やっぱり、私ら庶民とは違う世界に住んではるのやな~、と。

しみじみ思うわけですよ。

まあ、そんなんですから、陰で泣いてる人もあるかもしれない。

いろいろバレたら、即逮捕みたいな裏もあるかもしれない。

病棟のドクターが「それでもヤクザはヤクザねんで」と、世間知らずの私を諭してくれたこともありましたよ。

それでもね。決して格好つけてるわけじゃなくて、そんな人でも、病気して苦しんでたら、やっぱり助けたいと思う。

「あんた、ヤクザやから、注射も痛いようにしときました」とはならない。

それは治療に当たるドクターもそう。

命ある限り、痛くて苦しんでる限り、悪人だろうが、罪人だろうが、医師として治療する。

「なんで、そんな奴、助けるねん」と思う人もあるかもしれない。

でも、そんな人でも、現場に立ち会えば分かります。

人の命って、そんな簡単に無下にできるものじゃない、って。

それは暴飲暴食で発作起こして運ばれてくるオッサンに対してもそうです。あれだけ言うたのに!! って、マジで腹立ちますけどね。

*

それだけに、心の奥底に触れてみたいな・・とも思うわけね。

なんでヤクザになったんですか? って。

みんな、オギャアと生まれた時から、殺人犯になろう、恐喝犯になろう、と、志して生まれてくるわけじゃないでしょ。

誰だって、幼い子供の頃は、「幸せになりたい」「楽しい毎日を過ごしたい」、そういう事を求めると思うんですね。

でも、やはり何かしら、それの叶わぬ環境や、生い立ちや、いろんな事が重なって、普通のサラリーマンではなく、ヤクザの方に走って行くわけでしょう。

なんでかな、って。

なんで、そういう生き方しかなかったんかな、って。

聞いてみたい気がするんですね。

私も一度だけ、喉元まで出かかったことがあるんですよ。

「なんでですか?」って。

でも、さすがにそれはね、口にできないですよね。

こんな怖い人にも心の傷はあるだろうし。

人間として、完全に良心や理性を失ってるとも思えない。

「病気してしんどい時は、社長も、乞食もないですよ」と言って差し上げたいけども、組長さんクラスになると誇り高いとでもいうのでしょうか。

どんな人でも弱気になって、ふと真情を吐露するようなところがあるのですけど、ああいう人たちは、すっごく礼儀正しいんだけど、やはり人を寄せ付けない、鉄壁のような防護壁があって(心理的に)、そのあたりの手触りがやはり普通とは違う・・ということを、つくづく思い知らされるわけです。

*

今、あそこも分裂したり、暴力団自体が資金難で存続が難しくて、これでいよいよ行き場をなくした人がどうなるのかな・・という懸念はあります。

変な言い方だけど、ああいう強烈な親分さんで歯止めがきいてた部分もあると思うんですよ。

個人的には、組織が瓦解して、チンピラが幅を利かせるようになる方がよっぽど怖いです。

まあ、そこまで中の事情は分かりませんけども。

でも、私に親切にして下さった親分さん方。

とりわけ、「看護婦さんにクッキーやってくれぃ」の思い出ね。

年齢的に、今もご存命とは思わないけども、退院された後もお元気にされてたかしら、と、時々、思い出します。

*

これは私のTipsですけど、

どんな気難しい患者さんでも、「ほろり」となる言葉がある。

それは「子供時代は、どんなでしたの?」。

最初は「なんで、そんな事、聞くねん!!」って怒られますけども。

「私なんかTVっ子で、豊かな時代に育ってますでしょ。戦後の焼け野原の頃って、どんなやったのかなーって。祖父母や親にも時々、聞くけど、○○さんの頃は、安心して学校に通ったり、三度の食事に白いご飯が出たりしたんですか? 私なんか苦労知らずやからね。全然想像つかなくてねー。お年を召した方にもどのように接すればいいのか、自分でも未熟だなーって、つくづく思うんですよー」とかいう風に持って行くんですね。

そしたら、たいがい親切丁寧に教えて下さいます。

「今の若い奴らは情けない」「あんたらなんか、こんな暮らし、想像もつかんやろ」とかりながらでも、話が弾む。

それで子供時代を回想されて、少し表情が緩んできたら、後のコミュニケーションは楽になります。

多くの人は、自分の事を語りたいし、聞いて欲しいものですからね。

その心の扉に一番近いのが、案外、「子供時代の思い出」だったりするんですよ。

よかったら、試してみて下さい。

ただし、タイミングには気を付けてね。

*

ちなみに私が好きなのが、吉田戦車の「伝染るんです」に出てくるエピソード。

コケシ「源さんのにぎる寿司は いつもうまいね」

源さん「おそれいりやす」

コケシ「でも、本当は、小さい頃、何になりたかったんですか……?」

源さん「歌手に……か、歌手に……(号泣)」

伝染するんです

これって、けっこう、臓腑をえぐる言葉だと思いません?

子供時代の願い通りに生きてる大人の方が少数だろうしね。

子供時代の自分を裏切っていいのか。

子供時代の自分に、今の生き様を胸張って言えるか。

そこを突っ込まれると、源さんみたいに声を詰まらせる人も少なくないかもしれませんね。

アイテム

これ、数年前に、思い出したようにiTuneストアでレンタルして、、、、複雑な気分だったわ。

でも、音楽と脇はいいんですよねー。

これも私の家宝です。特に「しいたけ」が。