Bottom of the Sea

なぜ 人間だけが

「自分は無意味だ」などと思うのだろう。

深い海の底を覗けば

何のために生きているのか分からないような

生物がごまんといる。

誰に知られることなく

息づいているような

生き物が。

その一つ一つが

何のために生きているのかと疑いだせば

「生命(いのち)」なんて

この世からすべて死に絶えてしまうだろう。

噴き上げる熱水の側で

硫化水素の中で

彼らは生きるために

生き続ける。

人間だけが、生を疑い

自らを無意味と思う。

あんな海の底にも

生きている命があるのだけれど──。

初稿:1999年

Site Footer