音楽

生きていても仕方ないような夜でさえ ~ビル・エバンスを聞きながら

2011年9月21日

壊れそうでもいいじゃない。

その人が周りを傷つけるのでなければ、壊れかけの心でもいいと思う。

今にも折れそうな心を星の糸で繋ぎとめて、夜を友に生きて行く。

強いだけが全てじゃないし、善いことだけが世界を輝かせるわけでもない。

もろいもの、はかないものにも、命を生きる価値がある。

たとえ生きていても仕方ないような夜でさえ、心を感じる権利はあるというもの。

*

ビル・エバンスを聞いていると、世の中で「正しい」と言われていること──

幸せとか、希望とか、積極性とか、それがどうした? という気分にさえなってくる。

みながみな、昼の日中に大口あけて生きているわけでもなし、

夜には夜の美しさがあるというもの。

たとえその人生が悲しみと絶望の只中で破滅にひた走るものであっても、

彼が「人間」を生きていることに変わりはないし、

幸せな魂には見えないものが見えるということも、一つの能力であり、一つの恵みであると思わずにいない。

*

音楽だけ──

ただピアノだけが魂に呼応する。

誰の声も聞こえない、理解も及ばない世界に一人閉ざされたとしても、

真の美しさは、それを感じる人を決して見捨てない。

天上でそれを奏でる人もまた──。

*

天国に愛される人は、より多くの悲しみを与えられ、

人より早く力尽きるように、最初から壊れやすく作られているのかもしれないね。

*

こちらは私の大好きなアルバム『Moon Beams』に収録されているナンバーです。

壊れそうに美しい『Love Theme from Spartacus(スパルタカス 愛のテーマ)』 Jazz Pianoの傑作も名演ですよ。ぜひ聞いてみて下さいね。

you tube にたくさんUPされているので、リンクを辿って下さい。



関連アイテム

リリカルなタッチと優れたハーモニー・センスで耽美的なバラッドの世界を描き出すビル・エヴァンス。ピアノ・トリオでエヴァンス独特のスタイルを確立した彼の屈指の名作。

ピアノ・ベース・ドラムだけで構成されたシンプルな音楽ながら、内的な深みは詩的に美しい。
夜に静かに聞きたい珠玉の一枚。

円熟の境地に達したビル・エバンスの深い感性がきらめく名盤。

人生の後半、死の間際に制作されたアルバム。これもまた全編、美しいバラッドばかりで、名盤の一つにあげられています。

You are here

レビュー > 音楽 > 生きていても仕方ないような夜でさえ ~ビル・エバンスを聞きながら