心のホームレス Monde Grossoの1974-Way Home




帰る場所のある人は幸せだ。

帰る場所があるから、何所までも遠くに行くことができる。

帰る場所がなければ、何所にも行かれない。

それが家の中であれ、生まれ育った町であれ、何所にも行けないのは、帰る場所がないからだ。

*

現代人の不幸の多くは心のホームレスに起因する。

『家』と名の付く場所はあっても、それは私の帰る場所ではない。

安らぎもなく、理解もなく、ただ雨露をしのぐ屋根があるだけ。

屋根があるだけ幸運だという人もあるだろう。

だけども、人として生きて行かれない場所で、どうして幸福を感じ得るだろう。

本当の意味で帰る場所があれば、人はそこまで追い詰められることはない。

何かあっても、そこに帰りさえすれば、またやり直せるからだ。

だけども、帰る場所もなく、安らげる場所もなく、ただがむしゃらに動き続けるしかないとすれば、どんな人もいずれ疲弊し、人生は絶望に変わる。

誰もが父母から生まれ、社会に育まれ、本来、一人に一つずつ、帰る場所はあるはずなのに、それを持てない人の方が多分圧倒的に多い。

では、その人たちに雨露をしのぐ屋根を与えれば解決するかといえば、決してそうではなく、人はみな心の円居を求めているのだ。

Homeという、安心して帰って行ける場所を。

*

人はみな、いずれ巣立ち、人生という旅を始める。

だけども、ふと振り返った時、そこに帰る場所があるのと無いのでは、まったく違ってくる。

帰る場所のない人生は、まるで呪われた幽霊船の如くだ。

人が無力に感じるのも、破れかぶれになるのも、疲れきって自信をなくすのも、生きるためには、ただひたすら歩き続けるしかないからだろう。

ほんの一時でも、帰れる場所に帰って、心の羽根を休めることができたら、どんな荒海も越えて行けるのに。

*

1974-way-home。

果てしない道の先に、懐かしい我が家の明かりが見えたなら、こんな夜でも温もりを感じるだろうに、帰る場所のない人生は、まるで闇に閉ざされたように感じる。

いつか何所かに帰れたら、こんな私でも、生きててよかったと思えるはずなのに。

1974-way-home。

私は何所に帰ろうか。

星の下を歩きながら、遠い昔に捨ててきた小さな円居を思い出す。

1974-way-home。

あなたは何所に帰って行くの。

たとえ帰る場所はなくとも、ひたすら歩き続ける。

この道の先にあるかもしれない、小さな明かりを探して。

*************************

というようなエントリーが一本書けてしまう、素敵な曲ですね☆

私はMondo Grossoというより、「MONDAY満ちる」さんというシンガーの芸名(とお呼びしていいのでしょうか)が好きで、「じゃあ、私の芸名は満月みちる(まんげつみちる)にしよう」と、かなり本気で考えたこともありました。

上記の『1974-way-home』はこちらのアルバムに収録されています。
一番最後に締めで収録されているのが粋ですね。

チャンネルはこちら。「show me your love」「life」などもいい曲です。

Site Footer